妊娠・出産・育児の情報サイト


みたん

f:id:xybaby_ope_01:20211026105157p:plain
著者:みたん
年齢:30代
子どもの年齢:4歳、2歳

インスタグラム・ブログにて日々のいろいろをイラストで描いています。元看護師・助産師、今は専業主婦。子どもは2歳差の兄妹(KPくん、ツーちゃん)。夫は天然です。

ブログ:みたんぶろぐ
インスタグラム:@mitandays

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

破水早々いきなり陣痛促進剤!? 強引な院長に押し切られて… by みたん

内診で破水して、すぐに「じゃ、促進剤始めようか」と言われたみたんさん。ええ?いきなり陣痛促進剤を使うの?思い切って先生に尋ねて見ると…

入院した途端になぜか遠のくお腹の痛み…お〜い陣痛!どこいった!? by みたん

夜中、あれほど本気を出していた陣痛が、完全に遠のいてしまいました。子宮口は2センチ、陣痛は消失。お産が進む要素ゼロです。これはもう….今日は産めないな….そう思っていたのですが…。

どんどん強くなる陣痛!鮮血のおしるしが出っ…出たーー!!by みたん

週数は39週6日。予定日の前日です。夜22時、ベッドに入る頃には15〜20分間隔で下腹をギューーっとされるような強い痛みがくるようになりました。このとき私が待ちに待っていたのが、そう「おしるし」です。

これが陣痛の始まり!?散歩しまくってお風呂に入ったその夜に… by みたん

みたんさんに「そのとき」がやってきたのは、予定日の前日でした。昼寝から起きたら下痢のような痛み。しかし、お通じが出てからしばらく経っても、下腹部の違和感が治りません。これってもしかして陣痛なのか?経産婦の友達に聞いてみると…

散歩による陣痛促進の効果は?臨月に毎日1時間歩きまくった結果… by みたん

安産のためにはよく散歩するといいと聞いて、妊娠中期に近所の河原を1時間歩き続けたみたんさん。しかしその夜、お腹が痛くなってしまい、先生から無理しないように注意を受ける羽目に。その経験を踏まえて臨月に入ってから散歩を再開してみると…

妊娠初期におならが止まらない!夫の前で放った初めての一発の反応は… by みたん

妊娠7週目でつわりが始まってすぐの頃からゲップがよく出るようになったというみたんさん。とにかくエンドレスに胃の中から空気が湧き上がってくるのです。そして次第におならも頻発するように!夫の前でおならをしたことがなかったみたんさんは…

つわり地獄中の妊婦健診。空腹感をごまかすためのオリジナル飲み物 by みたん

みたんさんがつわり中に辛かったことのひとつが、妊婦健診中の長い待ち時間。空腹感があると気持ち悪くなる食べづわりタイプだったため、時間が読めない待ち時間は地獄のよう。そんなつらさを和らげるために作った、みたんさん特製のある飲み物とは…

これはもしかして、妊娠してる?と感じた、3つの“いつもと違うこと” by みたん

妊娠をのぞんでいた時、婦人科の先生に「もうすぐ排卵しそう」と言われたチャンスを活かしたみたんさん。結果を考えないようにしようと思っていても、気になるものは気になる!そんなときいつもと違うと感じた体の変化がいくつかあったそう。

か、髪の毛の塊!? 卵巣嚢腫の手術後に摘出した腫瘍をみてビックリ by みたん

いよいよ始まったみたんさんの卵巣嚢腫の摘出手術。緊張する…と思っているうちに麻酔がきいて、秒で終了!麻酔から覚め、夫に頼んでおいた摘出した腫瘍の写真を見せてもらうと…。みたんさんが思わず叫びだしてしまった、腫瘍の正体とは…!

いよいよ始まる卵巣嚢腫の腹腔鏡手術。術前に妊娠への影響を聞いてみると…  by みたん

ある日突然見つかった卵巣嚢腫。希望の腹腔鏡手術を受けられることになり、術前の説明を夫と聞きにいったみたんさん。そこで医師から言われた言葉にみたんさんはヒヤリとします。一番気になっていた、妊娠への影響も聞いてみると…。

一刻も早く処置が必要な卵巣嚢腫。すぐできる開腹手術か、ダメージが少ない腹腔鏡手術か by みたん

右側の卵巣に大きな卵巣嚢腫があることがわかったみたんさん。なるべく早めに手術をした方がいい状況ではあるものの、手術や術後のダメージが少ない腹腔鏡手術は4カ月待ち。すぐに予約がとれる開腹手術にすべきか、大いに悩みます。

右わき腹に走った激痛。CTで見つかったのは、大きく育った卵巣嚢腫でした by みたん

妊娠前のある朝、右わき腹に突然激痛が走ります。みたんさんが病院に駆け込みCTをとってもらうと、右の卵巣に大きく育った卵巣嚢腫が!しかも、なるべく早く手術して取らないと、卵巣が壊死するかもしれないと言われてしまいます。

これはやっべぇぞ…。妊活前の不安要素が多すぎる! by みたん

みたんさんが妊活を始める前に不安だったのは、基礎体温がガタガタだったこと。さらに過去に「多嚢胞性卵巣症候群」と診断を受けた経験もあり…。「これは、やっべえぞ…!!」不安要素を解決すべく、婦人科を受診したところ、予想外の展開に!

破水だったら、どうしよう!!妊娠中の旅行先での異変に大慌て  by みたん

妊娠6カ月の頃、夫とふたりで隣県へ旅行したみたんさん。負担のない行程だったのですが、二日目の朝、おりものの量が多いことに気づきます。「破水だったらどうしよう…」助産師の資格をもつみたんさんでも判断がつかず、不安にかられ…。