妊娠・出産・育児の情報サイト


家族

『立って抱っこ』は子どもにとって特別な抱っこ。 by まいこ

座って抱っこしていても、「立って抱っこしてほしい!」と子どもに言われることがよくあったというまいこ(@uchinokoto)さん。同じ抱っこで何が違うのか疑問に思っていたけど、その理由が少し理解できた出来事があったそうで…。

いつかそんな日が来たらいいなぁ。妊娠中に思い描いていた光景が今、目の前に by いくたはな

まだ子どもが生まれる前、よく夫と将来のことについて話をしていたいくたはなさん。「いつか息子と一緒にキャッチボールがしたいなぁ…」そんなことは遠い遠い未来の話だと思っていたのに、ふと気づけばあの頃話していた光景が今、目の前に。

3人の子を育てて思う、きょうだいがいて良かったところ by tomekko

同じ両親から生まれて同じ育て方をしてるはずなのに「兄弟ってこんなにも違うものか!」と驚かされることばかり。3兄弟を子育て中のtomekkoさん(@purpletomeko)が思う「きょうだいがいて良かったところ」をご紹介します!

可愛い言動にやられる叔父さんの存在。 by チッチママ

5歳年下の弟がいるチッチママ(@chicchi__mama)さん。娘たちもその叔父さんがとっても大好きなよう。そんな叔父は、たまに出る長女の可愛い言動にズキュウウウン!!!としていて・・・。ほっこりするエピソードです。

赤ちゃんは楽しみだけど、もっとママに甘えたい。2歳の娘の葛藤が見えた本音に涙 by 野原のん

野原のんさん(@non4nohara)がお産のため入院することになった時、笑顔で送り出してくれた娘。入院中も元気にしているという報告に安心していたそう。でも面会の終わり時間が近づいたとき、突然ママに抱きついてきて・・・。

『ママ、今来て』『ママ、今見て』の対処法 by まいこ

『ママ、今みて!』『今来て!』という子供の要望が多くイライラしてしまうこともあったというまいこ(@uchinokoto)さん。仕方ないと思いつつも、ある時ふとそんな子どものいう”今”の要望に付き合ってみたら・・・。

2人目出産、私が「里帰りなし」と決めた理由は…。里帰り出産で感じたメリット&デメリット by たんこ

2人目の出産は、「里帰りなし」を選択した、たんこ(@mio_tanko)さん。それには1人目の時の「里帰り出産」が影響しているとか。もちろん、母親のサポートはありがたい、でも、産後の疲労やストレス、夫の意識にも大きな変化が…

3人も育ててくれてありがとう…子どもができて思い知った母の偉大さ by まる美

家事と育児を両立させるため家電や便利グッズを使うことにしたまる美(@babymoni_marumi)さん。すると母が「お母さんが子育てしていた時代は洗濯機なんて二層式よ。便利な時代になったわね」と一言。3人も子育てした母って偉大!

うどん屋さんで泣き出した長女。ずっと欲しかったこの時間 by とけいまわり

子ども達3人と夫と私で買い物に出かけた。 長女が「うどんが食べたい」と言うので、いつものうどん屋に向かったが、途中で次女と末っ子が「やっぱり、まだお腹減ってない~」と気が変わったため、夫が「じゃあ、僕が下2人を連れてその辺回ってくるから、あな…

親子のつながりの強さを感じた、実母の一言。 by チッチママ

皆さんこんにちは!長女チッチが6月で2歳となり、イヤイヤ期も最高潮に達しております。(まだ登り調子だったらどうしましょう)そんな絶賛イヤイヤ期の娘の相手をしながらも、いつか「反抗期」というものも待ち受けているんだよな…とビクビクしているチッチマ…

「私も私のお母さんに感謝を伝える!」母の日の娘の姿に、背中を押され… by モチコ 

先月にあった母の日。 幼稚園年中組になった娘から、「お弁当いつも作ってくれてありがとう♡」の言葉とともに、幼稚園で作ったプレゼントをもらいました! 母の日に2日フライングの金曜日に。笑 幼稚園で先生のお膳立てがかなりあったことが簡単に想像できま…

産褥期に最強の助っ人、実母をプラスしての共同生活。お互い気疲れするかと思いきや… byきたあかり

こんにちは、きたあかりです。 通いで面会してた頃 GCUにいるムスメより一足先に退院して数日。搾乳をフリーザーパックに入れて冷凍し、病院へ届ける日々が続いていました。 面会へ行く以外は基本的に 搾っては寝て、 寝ては食べ、 食べては搾り、 搾っては…

産後、実父にだけ沸き起こるものすごい嫌悪感。里帰り先で冷戦状態に… by モチコ

1人目の妊娠中、出産中やその前後の体験談をよくネットで見ていました。陣痛中に旦那さんに罵声を浴びせたり、産後自分と自分の母親以外に赤ちゃんを触らせたくなかったり…。 自分はどうなるんだろう、なりたくないけどこうなってしまうんだろうか…と、少し…

長女がいない時に次女を愛でているのがバレた時は、もはや二股気分?! by きのかんち

下の子が生まれると、上の子は色々な感情を味わうと思います。私自身長女だったので、妹が生まれた時は嬉しさ可愛さと同時にヤキモチや寂しさも味わいました。そんな実体験もあってか、下の子とイチャイチャするときは特に気を使っていました。基本、上の子…

「なんで大変だったねの一言が言えないの?」夫に聞くと意外な答えが。男脳と女脳の差を埋めるもの by ナナハル

これは前回かいた児童館での出来事を夫に話した時のことです。 前回エピソード:同じ“子をもつ親”でも考え方は人それぞれ。投げ癖で気づかされた児童館でのある出来事 by ナナハル 夫に育児のことを相談するとたいてい「じゃあこうしたらいい」、「それはこ…

無自覚のうちに「実家依存症」になっていた私。夫から離婚届を突きつけられて…

初めて「緑の紙」とご対面させて頂いたのはある年の秋のことでした。 長男をその2年前に出産後、私の仕事や育児を優先するため、夫は自分の職場から近かったアパートを引き払い、私の実家に程近い場所にアパートを借りると決めてくれました。 結婚して一緒に…

満身創痍の母子同室。産後の処置を受ける間、生まれたての新生児と過ごした夫の告白 by こたき

出血が多かったものの無事にお産が終わり、ようやく落ち着いたのは日付が変わった深夜でした。 前回のエピソード:あえて痛みに集中していたい!私が陣痛中に守っていた3つのマイルール by こたき 元々はお産をした、ホテルの一室のような病室で入院生活を過…

うまく言えなかった母の日の「ありがとう」。我が子を見て思う、私も、伝えなきゃ by うだひろえ

前回のエピソード:最悪の状態で逃げ出さないために…。心の余裕を取り戻す「逃げアラーム&カード」 by うだひろえ 去年のもの、一昨年のもの。 私の机の周りには、うちの子たちがくれた、母の日のプレゼントが飾ってあります。 園で作ってきた創作物。これ…

子の悲しみに近づけない日がやって来る。4歳娘の運動会を見て思ったこと by はなこ

少し前の話になるけれど、秋に娘(4歳)の保育園の運動会が開催されたので、今回は、そのときにわたしが親として感じたことについて書いてみようと思う。 前回のエピソード:いつになったら楽になる?育児の「100日戦争」を戦い抜いたわたしを待っていたもの…

虫歯菌が移らないようにずっと努力してきたのに…。義母の使った箸が息子の口に!

息子に虫歯菌が感染しないよう、箸を別々にしたりなどかなり気を付けていました。それが義母の何気ない行動で無意味に終わってしまうとは!

「お姉ちゃん/お兄ちゃんなんだからしっかりしなさい!」「我慢しなさい!」に思うこと by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。 前回のエピソード:ポイントは、納得・やる気・簡単・習慣化!夫婦の家事育児の分担ルールの作り方、我が家の場合 先日実家に帰省したところ、タイトルのようなことを父が私の子どもに言っている場面に出くわしました。 父「上…

3人目にして念願の女児が誕生!男の子と女の子ってこんなに違うものなのね

子どもの性別についての話題はデリケートなもの。だから、あまり大っぴらに人には話せませんが…。 昔から私の妄想に出てくる我が子は、いつも女の子。可愛い洋服を着せて髪を結んでおしゃれを楽しんだり、いくつになっても母親と仲良くお出かけをしたり、大…

わたしはいつも、いつでも、あなたに守られてきた ~父の日に思うこと~ by はなこ

もうすぐ『父の日』ということで、今回はわたしの父についての話をしようと思う。 はなこさんの前回の記事:40℃近い発熱でぺろんぺろんになった姿にパニック!私と娘の長い長い1日。 by はなこ わたしには4歳の娘がいて、彼女のことを一番甘やかしてくれる存…

いつかは来る、離れて暮らす日。息子の素朴な疑問をきっかけに気づいた大切なこと

実家に遊びに行った帰り道、ひょんなことから元々みんなは家族だったのに、いずれは結婚をして離れて暮らすことになる、という話になりました。道の端っこで涙ながらに話をした親子の会話です。

「枕詞」で"察してちゃん"を止める!我が家の愚痴・雑談コミュニケーション術 by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。 先日は、育児体験をどうやって夫婦間で共有し、夫婦の育児レベルを上げていくかについて、福岡県のパパ手帳を紹介しつつ書いてみました。 夫婦で揉めるシーンといえば、夫婦間の能力ギャップや意識ギャップがある以外に、愚痴…

トイレに立った隙にやられた!姑の食べかけシュークリームが1歳半の息子の口に…

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在せず、他人の唾液から移るというのは今や常識の話。でも親世代の人にとっては、なかなか理解してもらえないみたい!?これは実際に私が体験した、お姑さんとのトラブルのお話です。

孫よりも自分の子どもが一番大切で可愛い。母の日に思い切って食事に誘って知った、母の想い

出産前、百貨店で販売職の仕事に就いていた頃。 私にとって母の日はひとつのイベント商戦だったため、自分の母へ感謝の贈り物など、ろくにせずに仕事ばかりしていました。 唯一覚えているのは、仕事帰りに百貨店を退店前にもらったイベント販促物余りのカー…