妊娠・出産・育児の情報サイト


お腹の赤ちゃんが常に左側にいる…?2人目妊娠で分かった意外な事実

f:id:akasuguedi:20160418104148p:plain

妊娠中、常にお腹の左側だけがふっくら。

臨月に自分が見下ろすと、その歪な形は明らか。

毎回先生が異なる病院だったので検診のたびに聞いたが、どの先生も

「左側にいる赤ちゃんもいれば、右側にいる赤ちゃんもいるからね~」

で一蹴。

 

38週の生期産にも関わらず、2,200gの低体重で誕生した息子。

小柄ながらに順調に1歳、2歳と成長し…さて、第二子を検討。

 

しかしなかなか授からず、10周期目で不妊外来を受診。

最新の設備でのエコーとじっくり時間をかけた内診や問診。

そこで全ての謎が解けた。私は「双角子宮」という「子宮奇形」で、生まれつき子宮がくびれの深いハート型であると判明。

正常の子宮と比べ、左右いずれかの半分の面積で胎児を育てることしかできない。

第一子はその左側だけに留まり狭い思いをしていた模様。

後期検診で子宮筋腫と診断されたのは、そのハート型の右側部分だった模様。

 

帰宅し検索すると、子宮奇形は、

「妊娠しにくい(着床すべき場所が限られる)」

「流産しやすい」

「お腹が張りやすく、いわゆる安定期はない」

「ほとんどの人が早産」

「帝王切開になりやすい」

「ほとんどの胎児が小さめ」

とのこと(これらは先生に直接言われたわけではなく、ネットで得た情報)。

 

もし第一子不妊の際にこれを知ったら絶望したかもしれない。

でも既に一人生んでいる。

息子の出産は奇跡だったのかな、と息子の存在により感謝し、より愛おしく感じた。

 

その後妊娠し、現在4ヶ月。

ハイリスク妊婦である自覚をし、大事にお腹の子を育て、無事出産することを願っている。

著者:すんこ

3歳児を持つ初期妊婦

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。