妊娠・出産・育児の情報サイト


どうしよう、私のアマゾン。乙女の恥じらいは妊婦健診で捨ててきました by ヤマダモモコ

妊娠検査薬の結果が陽性だったため、
産婦人科に行くことに。

f:id:akasuguedi:20170401231339j:plain

幸せ全開!妊娠おめでとう!

というイメージを持っていた産婦人科での検査。

f:id:akasuguedi:20170401231436j:plain

のっけから内診台に載せられ、検査することに。

(え、何これ、ガンダムにでもなるの?)

(というか、こういう検査だとは知らず心の準備ができてない。)

(心どころか身体というか毛も準備ができていない。)

(どうしよう、私のアマゾン。)

(・・・・モモコ、いっきまーす!!)

 

その後淡々と妊娠していることが告げられ、
出産希望であることを伝え、エコー写真をもらいました。

f:id:akasuguedi:20170401231638j:plain

(思っていたより、ポツっとしている・・・どこがどこだかわからない・・・)

(でも、今、お腹の中にいるんだ・・・)

うわーうわー、とうわずる心と、
どこか実感がわかない不思議な感覚でした。

渡されたエコー写真を食い入るように見ていると、
お医者さんが私に言いました。

「少量の出血が見られ 切迫流産しかかっています。」

f:id:akasuguedi:20170401231748j:plain

急に心臓がバクバクし、
自然とポロポロ涙が出ました。

実感が湧いていなくても、
身体はすでに母親になって子供を守ろうとしているのかな、
と思った瞬間でした。

「流産止めの薬と注射がありますが、どうしますか。」

と聞かれ、赤ちゃんに影響はほとんど無いということだったので
その場で注射を打ってもらうことにしました。

f:id:akasuguedi:20170401231812j:plain

(えぇぇぇ、アマゾンの次は、ケツーーーーーーッ!?)

(ノーマーク!ケツは完全にノーマークーーー!)

f:id:akasuguedi:20170401232050j:plain

ハッピーで明るく幸せな妊娠判明とは
驚くほど遠かった初めての産婦人科での妊娠検査。

帰りには自分のHP(恥じらいポイント)がごっそり削られていました。

それでも、「お腹に赤ちゃんがいる」という事実だけで十分に幸せでした。

「今度は、きちんと身も心も準備してから来よう。」

そう心に決めて、私は帰路についたのでした。

f:id:akasuguedi:20170228010732j:plain

著者:ヤマダモモコ

子どもの年齢:0歳

夫のヒデ、猫のチコ、息子のリュウ(2016.4.28生)と暮らしてる、育休中の自虐特化型アラサーです。
instagram@yamadachiko

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。