妊娠・出産・育児の情報サイト


私が気弱そうだから狙われてる?知らん人に触わられることが多い娘のために始めたこと by うだひろえ

f:id:xybaby_ope_01:20200301072929p:plain

うちの子は現在、息子が8歳、娘が6歳です。
4年ほど前から「あれ?」と思うようになり、最近になって確信したことがあります。
それは、息子にはなく、娘にはよくあること。

知らない人が寄ってきて、気軽に触ってくる。

 

大体、私が子ども2人を連れていて、娘が私の少し前を歩いている時。

向こうからやってくる年配の人、大抵は男性。娘を見て、ニコニコとしています。
私もそこでニコニコと返します。まあ、子ども、可愛いですしね。なおかつ、親バカも若干、いやかなり入ってますが、うちの娘は小柄(クラスでも背の順1番前)だし、服装や髪型も本人が「かわいいもの」が好きなこともあり、まあ、見た目「かわいい」んだと思ってはいます。

すると、「おお~、よ~、お~」など、よく聞き取れないことを言いながら近づいてきて、娘の頭をポンポンと軽くたたいたり、髪を撫でたり、ほっぺを触ってきたり。
私、最初はびっくりしつつも、娘の手を握って「どうも~」なんて笑顔で言いながら、フワッと引き離していたのですが。

相手も、急な出来事にフリーズしてる娘の反応が面白くないのか、そのままフワッと通り過ぎてしまうのですが。
ずっとモヤモヤしていました。

 

それが、回数を重ねるたびに、確信になったのです。

一緒にいる息子はスルーなこと。
息子4歳、娘2歳の頃なら、娘がまだ「小さい子」だからかな、と思ったりしました。
でも、娘が6歳になってからも、ありました。

そして、夫も一緒の時には、全くないこと。
夫に話した時には、「考えすぎではないか」と言われてしまったほど。
けど、私には思い当たることがあります。「女」として40年以上生きてきて、これが考えすぎだとは思えないような、経験。小さな子どもが巻き込まれたという残酷なニュースも。

小さくて弱い、子ども。後ろにいる母親も、気が弱そうで。(私は普段ボーッとしていると「やさしそう」とか言われがち)
だから、選ばれてしまっている、狙われてしまっている。と思い至ったのでした。

 

「かわいいから」なら、夫がいてもするはず。
たまたまで、たとえ100%善意なのだとしても、急に知らない人に触られて、娘は一点を凝視して固まっている。
後で聞くと「怖かった」と、その人が歩いていった方には行きたくないとまで言う。

勝手に触っていい道理は、ない。

 

なので、NO!の意思表示として。
私、「クワっ!」と睨みつけて追い払うようにしました。

「触らないで!」とはっきり言ったほうがいいのかとも思いましたが、逆ギレされて子どもが余計に怖い思いをするのも嫌で。
なので、「クワっ!」と、喉に絡んだ痰を吐き捨てるかのような声を出します。
まだまだうかつで、触ってしまってからしか「クワっ!」ができませんが、近づいてきた時点で「クワっ!」ができるくらいになりたいです。

 

幸い、うちの息子は「今の人、知ってる人?え?知らないの?こわっ!」と言っていたので。
子どもが怖い目に遭うことは残念ながら多いこと、男児であるあなたも人ごとではないこと、極力外で一人きりにならないよう、自分より小さな妹や周りの子にも気を配ってくれると助かること、などを伝えました。

 

子を守る親として、心配は尽きず、どこまでやったらいいのかと悩むことも多いですが、できること……息子が男子トイレに1人で入った時は外から「大丈夫~?」などと声をかける、娘とは極力手を繋いで歩く、など。やっていこうと思います。

ゼクシィBaby WEB MAGAZINEの記事

【NPOファザーリング・ジャパン監修】男性の育休が家族を幸せにする「4つの理由」【NPOファザーリング・ジャパン監修】男性の育休が家族を幸せにする「4つの理由」妻のおなかがだんだん大きくなって「俺も父親になるのか~」とワクワク! 父親になるの、待ち遠しいですよね。そう、父親になるなら「育休」取らなきゃもったいない! 「育休なんてハードルが高い」と思っている男性に、「パパの育休」…

 

 

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ
年齢:40代
子どもの年齢:小2と年長

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。一男一女の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ流し中。

website:http://umeyon.net
最新刊:「大学4年間の経営学がマンガでざっと学べる」(マンガ担当)(KADOKAWA)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。