妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠中なのにベビーカーを抱えなきゃならない場面。追い詰められてとった行動は… by はなゆい

初めまして、『はなゆい』と申します。
3歳と1歳に育てられている2児の母です。

 

 

これは二人目妊娠が分かったばかりの頃(7,8週)の話です。
この出来事を境に世間を見る目が少し変わりました。
また母としてちょっとだけ強くなれた気もします。

そんな出来事は上の子(当時1歳)を連れて
バスに乗ろうとしたとき起こりました。

f:id:xybaby_ope_01:20201225102020j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20201225102037j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20201225102056j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20201225102107j:plain

そこは初めて行く場所で、
階段があるタイプのバスしかないことを知りませんでした。
(家の周辺はノンステップタイプのバスがほとんど)

私はバスを待たせたまま思考停止状態。

今考えれば、『タクシーに乗る』という選択肢もあったのですが、
当時はなぜか『このバスに乗らなくてはいけない』と思い込んでいました。

 

そして、バスの運転士さんにどうするか問われ、
完全に追い詰められた私。

そのときとった行動が、
普段の私(内気でシャイ)では考えられないものでした。

f:id:xybaby_ope_01:20201225102140j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20201225102151j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20201225102203j:plain

運転士さんはバスを止めたり、
ベルトを外したりしていたのですが、
そんなことにも気づけないほど緊張していた私。

ものすごい大きな声で2回も言ってしまいました。
(ホント恥ずかしい・・)

 

その後、運転士さんのお陰でバスには乗れたのですが、
バスにいた乗客の人たちが白い目で私を見ているのを感じました。

『みんなに迷惑をかけてしまった。』

そのときの私はそんな申し訳ない気持ちでいっぱいで
顔もあげられない状態でした。

そしてバスは目的地に到着。
バスを降りようとしたのですが・・

f:id:xybaby_ope_01:20201225102229j:plain

当たり前ですが、また階段です。

『でも、これ以上迷惑はかけられない。
もう出血覚悟で降ろすしかない!』

 

そう思ってベビーカーに手をかけたそのとき・・

f:id:xybaby_ope_01:20201225102249j:plain

バスに乗っていた数人の方々が声をかけてくれました。

「お手伝いましょうか?」
「僕も手伝います。」
「妊娠中なのに大変ですよね。」

その言葉がどれだけ嬉しくて、
そしてどれだけホッとしたことか。

『白い目で私を見ている』と思ったのは、
私の勝手な思い込みでした。

本当は助けてくれようと思ってこっちを見ていたのでした。

f:id:xybaby_ope_01:20201225102311j:plain

その後、運転士さんまで走ってきてくれました。

大声を出して恥ずかしい思いもしました。
でも、そのお陰で私はちょっとだけ強くなれました。

そして、世界は私が頭の中で描いたものより、
優しいところだと気づけました。

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20210112132328j:plain
著者:はなゆい
子どもの年齢:娘3歳、息子1歳

『一緒に笑おう!』をテーマに、笑える育児漫画描いています。2歳差育児、育児あるある、ママの失敗談などリアルな体験記です。笑う門には福来る!

ブログ:はなゆいラビリンス
インスタグラム:@yuihanada7

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。