妊娠・出産・育児の情報サイト


子宮口のサイズってどう測るの?健診での先生の一言でその謎が明らかに! by はなゆい

妊娠してから出産まで、
合計で10回以上通うことになる妊婦健診。

その妊婦健診で一番驚いたことがあります。

それが・・
子宮口の測り方。

子宮口とは子宮の一番下のところで
赤ちゃんがでてくるところ。

出産前に自然に柔らかくなり、
子宮口の開き具合で出産が近いかどうか分かるそうです。

出産になったらだんだん開いてきて、
10センチ開いたら、いきんで産む、

そういう情報は知っていたのですが、
その子宮口をどうやって測るのかは知りませんでした。

 

 

これは、マタニティの本にも書いてありませんでしたし、
誰もそのことを話題にしていませんでした。

だから出産が近くなり、
妊婦健診で子宮口のことを言われるのは分かっていましたが、
どうやって測るのかには特に気にもとめていないままでした。

それを・・
妊婦健診のとき衝撃の方法で知ることになりました。

 

f:id:xybaby_ope_01:20210420100019j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20210420100027j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20210420100039j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20210420100047j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20210420100054j:plain

「10センチはどうやって測るんですか?」
…とは聞けず。

出産するときに聞いてみようと思いつつ、
出産を迎えました。

 

そして出産当日。

さぁ、陣痛がきて、
子宮口が1センチ、2センチ・・
4センチ、5センチ・・
8センチ、9センチ・・

と開いてきたのですが、

結果だけ言うと・・

陣痛が痛すぎてそれどころではなく、
聞けませんでした。(笑)

指の感覚で測るというは分かりましたが、
10センチを実際にどうやって測るのかは謎のままになりました。

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20210112132328j:plain
著者:はなゆい
子どもの年齢:娘3歳、息子1歳

『一緒に笑おう!』をテーマに、笑える育児漫画描いています。2歳差育児、育児あるある、ワンオペ奮闘記…などなど。

ブログ:笑う母には福来る
インスタグラム:@yuihanada7

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。