妊娠・出産・育児の情報サイト


娘と親子ゲンカ。気まずいまま翌日を迎えると…。 by 金星

f:id:xybaby_ope_07:20220124203337j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203347j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203355j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203407p:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203422j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203433j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203443j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203455j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203505j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203515j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203527j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203539j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203552j:plain

f:id:xybaby_ope_07:20220124203608j:plain

「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えるように。日頃から子どもに教えていることの一つです。

 

 

この日、仕事でストレスを感じて帰った私は娘の些細な一言が癇に障り、八つ当たりとも言える言葉をぶつけてしまいました。 
言葉に出した瞬間、「良くないことを言ってしまった」とすぐに後悔したのですが、一度吐いた言葉は元には戻りません。
 
しかし、いざ自分が謝らなければならない立場になると、私は「ごめん」の一言が言えなかったのです。 
きっと親子の関係に甘えてしまったのでしょう。「ごめんなさい」を口にすることは自分を小さく弱く見せてしまうような気がして、子どもに見せられないと思ってしまったのです。
 
悪いのは私、でも…。
 
そんな中、素直にごめんなさいを伝えてきた娘。そんな娘の姿は大きく強く見え、同時に自分の器の小ささと弱さが露呈し、とても恥ずかしくなってしまいました。
私は結局のことろ、自分のことしか考えておらず、相手を思いやれず、なんと愚かだったのだろうと猛省。本当の強さや思いやりを娘から教わったのでした。
娘よ、改めてごめんなさい。そしてありがとう。

f:id:akasuguedi:20181128105841p:plain

著者:金星
年齢:30代
子どもの年齢:長女(8歳)、 次女(5歳)

二人の娘と妻の四人家族。お仕事しながら漫画ブログ・イラスト描いてます。ラーメン大好き。

インスタグラム:@kinboshi1981
ブログ:おやじいじり
ツイッター:@i_kinboshi

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。