妊娠・出産・育児の情報サイト


「離乳食はなるべく手作りで」何気ない栄養士さんの言葉がプレッシャーに by はなわめぐみ

こんにちは!はなわめぐみです。

現在5歳の娘が0歳の頃を振り返ってお話ししています。

 

娘が生後4ヶ月になった頃、いよいよアレに向けて準備をしなければならなくなってきました。

そう、

f:id:akasuguedi:20211230171518j:plain

皆さん離乳食ってどうでしたか?楽しみでしたか?

私は

f:id:akasuguedi:20211230171552j:plain

f:id:akasuguedi:20211230171627p:plain

元々料理が苦手……というより嫌いな私。

大人の食べるものは適当に作れても、娘に対して適当というわけにはいきません。

本を買って読んでみてもわからないことだらけ…

そこで、市の開催する離乳食教室に参加しました。

そこでは栄養や離乳食の進め方など基本的なことをわかりやすく教えてもらえ、わからないことはその場で栄養士さんに聞くこともできました。

f:id:akasuguedi:20211230171659j:plain

f:id:akasuguedi:20211230171715j:plain

f:id:akasuguedi:20211230171753j:plain

離乳食教室であるからには理想的な離乳食の進め方を教えなければならない…

それはわかる…

そして、この時の栄養士さんは決してベビーフードを否定していたわけではない。

頭ではわかるんですが、この一言は「ベビーフードは使ってはいけない」と変換されて、この後私に突き刺さったまま長い間プレッシャーとなっていくのでした。

※今振り返れば、子どもが食べるならベビーフードでも全然いいじゃん!と思えるんですが、この時の私はだいぶ追い詰められていました…

つづく 

 

f:id:xybaby_ope_01:20190513055447p:plain

著者:はなわめぐみ
年齢:30代
子どもの年齢:5歳、1歳

5歳の娘かっちゃん、1歳の息子まーくん 2人の育児に奮闘中。かわいい子どもたちに振り回されながら、毎日ドタバタ暮らしています。
instagram:@mgmhnw

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。