妊娠・出産・育児の情報サイト


2歳の頃は叱ると大泣きの息子、4歳になった今は…。成長に合わせた伝わる伝え方を! by つぶみ

みなさんこんにちは、つぶみです。

 

健康、道徳、安全

 

これに反することがあった時、きちんと叱ることをしようと思っています。

(自分の感情で怒ってしまうことも多くありますが涙)

 

 

当時2歳ごろの息子は、私に叱られた時、毎回逆ギレ泣きでした。

伝えることも難しかったし、まだきっと理解することも難しかっただろうな、と思います。

でも、叱った後はしっかり抱きしめて、落ち着くまでトントン。

大体これで仲直りもしてきたし、私も心を落ち着けるのにハグは最適でした。

 

そして4歳になった今。

以前より、叱っている内容は理解してくれていると思います。

もちろん反省する時もあるし、反省したくない時もあるようです。

 

同じように、抱きしめながら心を落ち着けようとすると…

やだーーーーって!

お母さんやだ!って!!!!!!!あらら…。

 

自分が悪くないと思って、怒った母を悪者にしているのか、

それとも自分の非は理解していて、だけれども叱られた事実が嫌なのか。

私は息子ではないので、完全に理解するのが難しいですが

 

以前のように、

理由はなんだとしても、悲しくなればくっついてくる、というのは無くなったようです。

 

怒りの矛先が母ならば、くっついてくることはありません。

そうかぁ…

と少し切なくもなりつつ、

 

あぁ、成長したんだな、

と思いました。

 

産まれた時からずっと一緒で、

もはや一心同体でしたのに、

もう別の人間なんだなぁとしみじみ思いました。

一人で生きていく力を身につけているところなんだな、と。

なんて立派なんだーーーと感動しました。

 

息子の成長に合わせて、サポートしていけたらと思います。

子どもは急いで成長してしまいますねー。

 

わたしも、子どもに対して

『伝わる伝え方』を研究していかねばな、と再認識しました。

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20191114114823j:plain
著者:つぶみ
年齢:30代
子どもの年齢:4歳、1歳

自己表現が激しい第一子、ほにゅ(H30.02.♂)、泣き声が優しい第二子、ねむ(R2.07.♀)の母。パンとお菓子と歌うことが大好き。日記がわりに育児漫画を始めた。2人育児に泣かされながらも奮闘中!

インスタグラム:@tbys141122

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。