妊娠・出産・育児の情報サイト


「とうさん」「かあさん」の前に言えるようになったのは…「つよちゃん」!? byかめかあさん

わが家は、3人+リクガメ1匹で暮らしています。
息子が生まれる10年ちかく前から一緒で、メスだけど名前はつよし。
みんなつよちゃんと呼んでいます。

 

息子は生まれた時から、リクガメがそばにいる生活。
けれどリクガメはサルモネラ菌の心配があるので、「一緒に遊んだら手を洗う」「遊んでいるときは自分の手をなめたり何か食べたりしない」などの約束を守れるようになるまで、一緒に遊ぶのはおあずけでした。
庭で一緒に遊べるようになったのは2歳前くらいからです。

それでも1歳を過ぎた頃から、つよしのことをいつも気にかけるようになりました。
まだ「とうさん」「かあさん」と言えるようになる前に、私たちのまねをして「とぅおた(つよちゃん)」と名前を呼んだときには驚きました。

 

1歳半頃、息子の成長を感じるできごとがありました。

わたしがつよしにごはんをあげている時、うっかりお皿を寝床に落としてしまいました。
つよしには当たらなかったけれど、とっさに「ごめん!つよちゃん!」と大きな声を出してしまうと、そばにいた息子が「うわーーーん!」と号泣。

大きな声に驚いたのだと思って抱きあげても、息子はなかなか泣きやみません。
普段とは違うなんだか悲痛な泣き声で、こんなに泣きやまないことも珍しいことでした。

するといきなり「とぅおた!えーーん!」とつよしのところに駆け寄ったのです。
どうやら、つよしに何かあったと思って泣いていたみたいです。
いつの間にか共感とか心配の気持ちが芽生えたこと、自分以外のもののために泣いたことに、しみじみと成長を感じました。
これからもつよしには、息子にとって特別な存在でいてほしいなあと思っています。

 

 

 

 

f:id:xybaby_ope_02:20210309133849j:plain
著者:かめかあさん
年齢:30代
子どもの年齢:2歳

北海道から上京したのんびり夫婦+リクガメ+息子で暮らしています。結婚10年目の2019年8月に、息子ごんさんを出産しました。妊娠中からインスタグラムで絵日記を描いています。

インスタグラム:@kamekaasan

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。