妊娠・出産・育児の情報サイト


「女の子いいな〜」の一言に怯える私に、夫がくれたアドバイス by もね

この春から保育園に通い始めた娘。
入園まではよく、地域の児童センターに遊びに行っていました。

娘が楽しそうなのはもちろん、私もいろいろな方と交流できるのが楽しくて
毎日のようにお世話になっていました。

ある時、男の子ママ2人と話していた時のこと。

紅一点の娘を見て、男の子ママが...

ひ、ひえ〜〜〜!
また出会ってしまった...「女の子欲しかった」!!

 

 

 

実はこの言葉を言われたのは今回が初めてではありませんでした。

以前、男の子を授かった学生時代の友人からも
「女の子いいなあ〜、うちも女の子欲しかった〜」と言われた時
うまく言葉を返せず話題を濁してしまった事があったのです。

あの時もっと、こんな時なんて返したらいいか考えておくべきだった...
どんな返しをしたらいいか、頭の中では大会議が行われましたが

悩んでいるうちに話は別の話題へ。
ああ、今回もやってしまった....。

肩を落としながら帰ったその日の夜、夫にこの事を相談しました。

すると夫は.....

「『それぞれの良さがありますよね』はどう?」
え.....!その言葉とってもいい。

どちらの性別も、やわらかく肯定してくれる。
そんな一言が欲しかったのです。

その言葉、いただきます!!!

その後、「女の子いいな〜」と言われる機会はまだありませんが
友人のお悩みを聞いている時や、仕事の打ち合わせなどでも
この言葉が寄り添ってくれる場面が多くありました。

ありがとう、夫。

 

 

 

著者:もね
子どもの年齢:0歳

宮城県在住。2021年5月に生まれた娘のことを中心にSNSで発信しています。

Instagram:@monet.625
Twitter:@monet_625

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。