妊娠・出産・育児の情報サイト


「胎盤が見たい!」バースプランに書いたきっかけは助産師さんからの素敵な言葉 by わさび

こんにちは、わさびです。

4歳の娘いとちゃんと、3歳の息子うりくんの年子育児をしています。

 

 

 

 

 

今回は、2人目出産の時に、どうしても見たかった胎盤のお話です。

2人目を妊娠し、妊娠初期の頃に産婦人科の助産師外来でふと言われた言葉でした。

私は1人目のときに予定帝王切開だったのですが、帝王切開だと胎盤は見れないと勝手に思い込んでいて、そのため、胎盤を見たいと思ったこともありませんでした。

だけど2人目のときには助産師さんが、帝王切開でも胎盤は見れるよと教えてくださり

「人生で胎盤を見るチャンスはもうないのでは…?」

と思い、徐々に胎盤に興味を持つように…。

 

そして

バースプランには、なんと胎盤が見たいというひと言だけを書いて提出しました(笑)。

 

それから臨月まで胎盤のことをずっと楽しみにしていた私。しかし…

帝王切開の予定日になり手術を受けるも、その手術中はあまり麻酔が効かず痛すぎて悶絶していたので、胎盤を見逃してしまいました。

ただ、手術後落ち着いた頃に、看護師さんが部屋まできてくださって

なんと!胎盤を部屋でじっくり見せてもらえたのです…!!

…でも

なんか赤黒くて、私が思っていた感じと違う!!!グロい!!

 

青くて地球のような神秘的な胎盤が見たかった…と少しガッカリしていたのですが、念の為看護師さんに聞いてみることに。

どうやら私の子宮の内側に張り付いていた側の部分は赤黒く、反対の赤ちゃんがいる側(臍帯がついている)のほうは深い青色になっていました。

 

地球と言われれば確かに地球っぽいかもしれません。

 

ただ、色よりも驚いたことは胎盤の大きさで、こんな大きなものが子宮に張り付いていたのかと目を疑うほど…!出産ってすごいんだなあと思った瞬間でした。

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20200706114445j:plain
著者:わさび
年齢:29歳
子どもの年齢:娘4歳、息子3歳

食いしん坊で気が強い娘と、甘えん坊で仔犬みたいな息子の1歳半差姉弟を育てています。イヤイヤ期&好奇心旺盛で目が離せない子どもたちの、ほのぼのとした平和な日常を描いています。

インスタグラム:@wasabi_2910
ブログ:いとちゃんとうりくん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。