妊娠・出産・育児の情報サイト


問題は「気持ちのズレ」だった。セックスレスでもスキンシップは欠かすべからず! 男のセックスレスぶっちゃけ座談会《後編》

f:id:akasuguope02:20151120002524j:plain

度々話題になる夫婦間のセックスレス問題。お酒の勢いからか「セックスレスなんて問題ない!」なんていう、大胆な発言まで飛びだした前半戦。後半では読者のみなさまからのご相談を紹介しながら、男性側の率直な意見も聞いていますので、ぜひご参考に!

 

-Profile-

Aさん 29歳 1歳10ヶ月の男の子のパパ。自分は奥さんとしたいけど、奥さんがそれを拒むため、セックスレス状態に。

Bさん 33歳 4歳と1歳の男の子のパパ。奥さんに対する愛情はあるものの、半年ほどセックスレス。 

Cさん 44歳 9歳と3歳の男の子のパパ。不妊治療における義務的なセックスの経験を経てセックスレスとなる。

 

気持ちのズレから来るセックスレスはかなり問題あり!?

――――みなさんの周りでセックスレスが大きな原因で離婚した、なんて話は聞いたりしないですか? 

Bさん:パパ友同士でセックスレスかどうかなんて、そんな話はしないからなあ。

Cさん:僕は全然しますよ。でも自分からは話すけど、でも周りの人たちは恥ずかしそうにしてるから、あんまり話したくないのかもなあ。みんな家庭のセックスの話って触れられたくないのかもしれないね。

Aさん:セックスレスが原因で離婚したというのは流石にないですけど、僕の周りの20代のパパ友は、結構深刻に考えてる人たちが多いんですよ。みんな子供が生まれて1年位なんですけど、付き合いたてとか子供が生まれる前と比べると、セックスの頻度が断然少なくなってるから、男として欲求が満たされないって言って困ってるみたいです。僕もそうですけど、一番好きな妻とやりたいという人が多い。セックスレスが離婚に直結するから問題を解決したい、っていう悩みよりは、自分が好きな人とやりたいけど、環境的にできないことに問題意識を持ってる人が多い。若い20代のパパだから、そう思うのかもしれないですけどね。

――――やっぱり一番問題なのは、Cさんみたいにお互いにセックスがなくてもよしとするカップルじゃなくて、Aさんのパパ友みたいに、こっちはしたいのに相手がしたくないという状況のために発生するセックスレスじゃないんでしょうか? セックスレスの定義が、1ヶ月セックスがないカップルって言いましたけど、期間じゃなくて、どちらかが「もうしたくない」って思ってしまってるカップルが本当のセックスレスかもしれないですね。

Bさん:そう、期間じゃなくて気持ちのズレが問題なんでしょうね。

Aさん:お互いにやらなくていいと思ってるのはセックスレスじゃなくて、片方がやりたいけど片方がやりたくないのがセックスレス? 

Bさん:いや、どっちもセックスレスだけど、後々問題がこじれてきそうなのは、片方がやりたいけど、片方はやりたくないっていうパターンですよね。

Cさん:だけどさあ、夫がしたくて妻が拒むっていうのはわかるけど、逆のケースって、あるのかな?

――――いやいや、女性が求めるのに男性が拒むというケースは意外とあるんです。赤すぐ.netにも、読者からセックスレスに関する相談がたくさん届いています。奥さんが誘っても、旦那が乗ってこないことを悩んでいる女性も結構多いんですよ。

Cさん:そうなんだ。そういうケースもあるんだね。まあ確かにどちらかが我慢し続けるっていう状況は問題だよね。産後は性欲がわかないというケースが多いんだと思うんですよ。旦那からしても、奥さんが恋人じゃなくて“母親”になっちゃったって感じると、性的に興奮しなくなるってこともあるのかもしれない。 

Aさん:奥さんに「何でできないの?」って問い詰めたこともありますよ。そのときは「悪いとは思うけど、体的に受け付けない」って言われました。奥さんも申し訳なさそうでしたけどね。

 

セックスしなくてもスキンシップはし続けないとダメですよ 

――――ここからは、読者からの相談をいくつか紹介するので、みなさんの意見をいただきたいと思います。まずは産後半年のママからです。「そろそろセックスを再開したいけれど、夫を誘っても『疲れているから』とかわされてしまいます。どうやら、産後に何度か夫の誘い断ったことを根に持っているみたいなんです。本当は夫もしたい気持ちはあるみたいです。どうやって切り出せばいいですか?」

Bさん:旦那が子供だね。

Cさん:一回拒否されてプライドを傷つけられたんだろうね。それでスネちゃってる。

Aさん:具体的な解決策があるとすれば、もっとスキンシップをはかるべきだと思いますよ。手を繋ぐとかキスをするとか。いきなりセックスしようとすると、「気分が乗らない」ってこともあると思いますから、お互いに燃え上がるように、スキンシップで少しずつ積み上げる。奥さんがエッチをしたいんだったら、いくらでも旦那の気持ちを盛り上げる方法はあると思いますよ。でもセックスを求めてることは感じさせちゃダメですよ。

 

――――それでは次の相談にいきます。「毎日育児に追われ、肉体的にも精神的にもクタクタで、セックスなんかする気になりません。なのに、夫はお構いなしに求めてきます。最近では夫がイライラしていて、夫婦喧嘩も増えてしまいました。無理矢理でも応じるべきでしょうか?」

Bさん:応じるべきです! でないと外でお金を払って処理してしまうかも…

Aさん:うん。僕ももちろん応じるべきだと思うんです。どうせなら自分も楽しむという気持ちで応じてあげてほしい。だって、してみれば奥さんだって気持ちいいはずですから! 食べず嫌いみたいなもん。食べてみたらめっちゃ美味しいんですって!

Cさん:でもさあ、相談者は「疲れてる」って言ってるけど、本当にそれが原因なのかな。

Aさん:そうですよね。言い訳かもしれない。

Cさん:旦那が育児を率先してやってくれて、ゆとりができたらセックスしたいと思うかといったら、思わない気がするな。一方で旦那も、相手を肉体的に求めるんじゃなくて、手を繋いだりキスをしたり、普段そういう細かい努力をしているかどうかが重要だと思うんです。この相談内容だけでは読み切れないですけどね。

Aさん:奥さんも解決策を提示してあげないとダメだと思うんです。例えば「次はいつだったらいいよ」とかね。最初はマッサージをしてもらって、段々気分を高めていくとか。

Bさん:半分同感だけど、提案とか日程とか、本能と反することをするのは、僕はちょっと違うと思うんですけどね。

Cさん:奥さんっていうより、やっぱり旦那じゃないかな。女性がどうやったら盛り上がるかっていうのを、男も考えないといけないよね。男って欲望に任せてガッと行きたくなるからね。相手もそういうところに気づくと「結局射精したいだけなんでしょ」って思うんじゃないかな。

 

――――最後にもうひとつ紹介します。「結婚当初からセックスの回数が少なくて、淡白な夫婦だと思います。今はセックスレス状態です。このままでいくと、夫婦の愛情も薄れてしまうのでしょうか?」

Aさん:それは多分ないと思いますね。Cさんの話を聞いて、セックスレスでも仲良く続いている夫婦もいることがわかりましたし。

Cさん:夫婦の愛情イコール、セックスって短絡的に考える必要ないんじゃないですかね。

Aさん:でも、なんのスキンシップもないとよくないと思う。スキンシップさえあれば、セックスがなくても夫婦を続けることは、そんなに難しいことじゃないかもしれない。今日みなさんの話を聞くまで、セックスレスは重要な問題だと思ってましけど、なんだか気が楽になりました。

Bさん:お互いがそれでよければ大丈夫だと思う。

Cさん:まあね。でも、どちらかが「やりたい」と思っていて、どちらかが「やりたくない」っていう気持ちのズレは注意しないとダメ。不満が爆発しちゃう前に、話し合うことも大事かもしれないね。

 

前編はこちら 

akasugu.fcart.jp