妊娠・出産・育児の情報サイト


産後・育児

ゼクシィBaby WEB MAGAZINEの記事

【NPOファザーリング・ジャパン監修】男性の育休「短期でできること」「長期でやりたいこと」【NPOファザーリング・ジャパン監修】男性の育休「短期でできること」「長期でやりたいこと」男性が育休を取るのは難しい・・・本当にそうでしょうか? 育児のために仕事を早めに切り上げたり半日休みを取るだけでも、それは間違いなく「パパの育休」。1年しっかり休んで子どもに向き合えるのは理想だけど、そうはいかない男性も…
【NPOファザーリング・ジャパン監修】男性の育休が家族を幸せにする「4つの理由」【NPOファザーリング・ジャパン監修】男性の育休が家族を幸せにする「4つの理由」妻のおなかがだんだん大きくなって「俺も父親になるのか~」とワクワク! 父親になるの、待ち遠しいですよね。そう、父親になるなら「育休」取らなきゃもったいない! 「育休なんてハードルが高い」と思っている男性に、「パパの育休」…
【NPOファザーリング・ジャパン監修】男性の育休「俺、休み取って大丈夫?」不安Q&A【NPOファザーリング・ジャパン監修】男性の育休「俺、休み取って大丈夫?」不安Q&A育児のためにまとまった休みを取るのは理想だけど、収入減や職場の反応が不安……という父親の悩みにQ&Aでアドバイス。男性の育休を支援する制度や法律も紹介します。今こそ、父親という新しい役割にチャレンジ!…
【1500人にアンケート】赤ちゃんの名付け、生まれる前から決めていた?最後の決め手は?【1500人にアンケート】赤ちゃんの名付け、生まれる前から決めていた?最後の決め手は?大切な我が子のために、願いを込めた名前を付けてあげたいですよね。みんなは生まれる前から名前を決定していた?それとも生まれた後に決めた?名前の一番の決め手は?1500人以上のママに、「名付け」について大調査しました。…

みんなどうだった?「産後・育児」にまつわる体験談

妊娠中に足がパンパン!痛いと感じる時もあった”むくみ”対策とは…。 by ぬぴ

今回は妊娠中のむくみについてのお話です。第一子、第二子ともに足がパンパンになり、足が重だるいを超えて、痛いと感じる時もあり・・・。

すべてのママに贈る、肌と心をいやすご自愛タイム♪ ポーラのパーソナルプログラムで夢心地に!<PR>

赤ちゃんが産まれると、慣れない育児に毎日バタバタ! 忙しさのあまり自分のことはついつい後回しにしてしまいがちですよね。 産後はホルモンバランスの変化によって肌荒れしやすいけれど、なかなか自分のケアまで行き届かず、ふと鏡を覗いた瞬間に「あれ?…

エンドレス抱っこからの解放!育児にゆとりが持てる『電動ベビースウィング』が新生児期から大活躍! by ゆゆ<PR>

5カ月になる次男みーは抱っこしてないと泣く子で、泣いては抱っこの繰り返し… 家事がスムーズに進むことがほぼなくて、諦めてることも…。 使います!!←即答 自動で抱っこしているみたいに揺らしてくれるから 母の腕知らず! ずっと抱っこで体力も削られるか…

哺乳瓶でミルクを拒否!母乳で育てようと決めたけど、混合にしないといけない問題が! by へいへい・へー子

哺乳瓶でミルクを飲まなくなってしまったへー子さんの赤ちゃん。母乳で育てようと決めたのですが、保育園探しの時、園長先生から「哺乳瓶でミルクを飲めるように」と言われてしまったのです…。ここから哺乳瓶チャレンジスタートです!!

二人目妊娠中、上の子に抱っこをせがまれて・・・。 by PUKUTY(プクティ)

今回は第二子妊娠中の、上の子の抱っこ問題について…!まだまだ甘えん坊な息子は常にママにくっついて抱っこをせがまれる事も多く…。

妊娠中から産後・育児までのおっぱい事情~後編:乳腺炎~ by へいへい・へー子

母乳で育てていたへいへい・へー子さん。産後・育児中、体調を崩したときはご主人にミルクをあげるようお願いしたけど、赤ちゃんがミルク哺乳瓶を拒否!体調不良でも母乳をあげなきゃいけないけど、おっぱいが乳腺炎で大変なことに…

産後の過ごし方に要注意!産後ハイも辛いけど元に戻った時の疲労感も辛かった by ゆゆ

3回の出産を経験したゆゆさん。はじめての出産では2ヶ月程産後ハイが続き、高熱が出てしまい体力の限界を感じて辛い思いをしたとか。産後ハイの一番辛いところは…?

妊娠中も産後もむくみがひどかった!! 入院中にやっていたむくみ対策は? by つぶみ

妊娠中からむくみに悩んでいたつぶみさん、産後はさらに酷くなりました。帝王切開で出産したので産後すぐには歩いたりできず、ベッドの上でできるむくみ対策をしていました。退院の時にはどうなったのでしょう…?

産後は夫婦一緒に育児をしたい!男性の育休について夫と溝を感じる… by もちみかん

もちみかんさんは出産する産婦人科に分娩の仮予約をするため、里帰り出産?無痛分娩?と迷っていました。ご主人にも育休を取ってもらいという希望もあったので、相談してみると、なんだか溝を感じる返事が…

妊娠中でも使いやすい抱っこ紐は? スリングやおんぶ紐も試してみた! by みたん

今回は年子や二歳差で出産される多くのママが直面する大問題… 「妊娠中の抱っこ、どうする?」 ということに関して、私が二人目を妊娠中どうしていたかご紹介していこうと思います。私は一人目の長男が1歳0か月のときに二人目を妊娠しました。この時、まだ彼…

双子の二人乗りベビーカー。横型と縦型、メリットとデメリットを比較して検討した結果 byいよかん

かぼすちゃんとすだちちゃん、3歳双子の女の子を育てるいよかんさん。双子を妊娠していたとき、横型か縦型、どちらの二人乗りベビーカーを購入しようか迷っていました…

出産後にした里帰り。土日は育児に参加すると言った旦那が隣で大いびき?! by ぴまるママ

「自分の家の方が居心地が良い!」という理由から、元々は里帰りをするつもりはなかったというぴまるママさん。しかし乳腺炎に頻繁になってしまい、里帰りをすることに。

出産準備品の必須アイテム!産まれてすぐから毎日安心して使える「ベビーカメラ」 by ゆ

みなさんこんにちは!ゆゆです。 今年1月に3人目はるちゃんを出産しまして、さらに賑やかになったゆゆ家ですが、 まぁ……正直めちゃくちゃ大変です!笑 特に1歳の次男みーごは、はるにちょっかいをかけまくり、 少し目を離すとはるの髪や手を引っ張ったり顔を…

離乳食を食べずに遊び食べ。ふき出し対策を万全にして離乳食時期を乗り越えた話 by ぺぷり

離乳食をはじめる前からごはんに興味がありそうだったぺぷりさんの娘さん。6ヶ月からスタートしてみたら比較的スムーズに食べていました。大丈夫そうと安心していたら、ある時から遊び食べをするように。心に余裕がないと、ついイライラしてしまいがち・・・…

母乳育児にこだわり過ぎていた経験を活かして、3人目は楽しく混合育児で! by ゆゆ

1月に3人目を出産したゆゆさん。長男、次男くんのときも母乳とミルクの混合、3人目の娘さんも同じように母乳とミルクで育てています。「母乳だけで」と思ったこともあるそうですが、ミルクを取り入れることで子どもたちとの時間が楽しいものになりました!

授乳中にゾワゾワした不快感…? 風邪とも思っていた、不快性射乳反射という症状 by たんこ

生まれたばかりの赤ちゃんをこんなにも愛おしいと思っているのに、授乳すると何故か悪寒を感じるようになっていたたんこさん。助産師さんに、不快性射乳反射ではないかと指摘されて…。

2人目妊娠中の抱っこには、ワンショルダータイプの抱っこ紐がオススメ! by やぁさん

妊娠中は重いものを持ったり、走ったりしない。でも第二子以降の妊娠で育児中だと、そんなことも言ってられません。やぁさんが第二子妊娠中に助けてもらった育児グッズを紹介してくれました。

人体の不思議!お産を終えてほっとしたのも束の間…両脇の膨らみに驚き!副乳の存在。 by まいぽー

産後3日目くらいから急に脇が痛くなりだしました。右腕を上げてみると、脇が大きく膨れ上がっているではないですか。そして左の脇も同様に!!!

新生児期からたくさんの我が子の写真。でもカメラマンばかりで子どもとの写真がない… by ぺぷり

ぺぷりさんは産後ハイもあったのか新生児時期から我が子の写真をたくさん撮りました。どんどんカメラにハマっていきレンズを買い足したり…、でもふと気づいたことが!自分の姿だけがない…もっと子どもとの日常を残したい!

産後のプレゼントで嬉しかったものを発表!映えても映えなくてもありがたい…! by ユキミ

「思い起こせば一生で一番プレゼントをいただいたかもしれない」と産後のプレゼントを振り返るユキミさん。いただいたプレゼントで嬉しかったものをご紹介!

楽すぎて無敵!と思っていたのに…。復職前に後悔した「授乳のやり方」 by 白目みさえ

助産師さんに添い乳の方法を教えてもらって、あまりの楽さに感動した白目みさえさん。夜の寝かしつけはいつも添い乳で乗り切っていたのですが、職場復帰のために夜間断乳をはじめたときに後悔することになり…。

母子手帳ケースはやっぱり使いやすい!買わなくてもいける!と思っていたけど・・・。 by 笹吉

様々な種類がある母子手帳ケース。いざ母子手帳を受け取った時には完全にケースの事を失念しており…、そのまま産院で全ての書類を一つの大きなファイルに入れていてよかったのだが・・・。

【運命学研究家監修】画数は大事?幸運な漢字はある? 赤ちゃんの名付け・命名のヒント

赤ちゃんの名前を考える時間は、パパとママにとって、特別で幸せな時間ですね。赤ちゃんへの願いを込めた最初のプレゼントとなる名前はどう考えたらよいのでしょう。名づけの基礎知識を運命学研究家の宮沢みちさんに伺いました。 目次 イメージから考える 響…

地元は超車社会!自分で運転するため、産後三ヶ月で自動車教習所へ! by たんこ

たんこさんが里帰り出産をした地元は、車がなければ買い物も難しい町。今後のことを考え、限られた期間の中で、車の教習所に通うことに。

妊娠中にぐんぐん成長したおっぱい。走るたびに揺れるのが邪魔すぎる! by すずか

娘を妊娠して3ヶ月頃、ふと鏡を見て気づきました。「おっぱいが大きい!」それから段々、妊婦さんの体型になるにつれて胸もどんどん大きくなっていきます。ブラジャーも合わないので、ブラトップを着用。重いお腹と重い胸を二つ抱えて生活していました。

出産退院数日後、謎の高熱と寒気とおっぱい痛…それは乳腺炎の症状だった! by ぴまるママ

退院時に「乳腺炎にならないように頑張ります!」とほかのママさんが看護師さんに話しているのを耳にしたぴまるさん。その時は「乳腺炎てなんじゃ??」と思っていたのですが、その数日後…。

よく食べる!容赦なく食べる!離乳食完了期の量が分からず満足いくまで与えていたら… by ゆゆ

ゆゆさんの長男くんは少食で偏食、食より遊びが好きなようです。野菜を細かく切ったりなるべく食べてもらうようごはんづくりに苦労しているとか。かたや次男くんというと、ミルクも母乳もよく飲み、離乳食も完食!おかわりを要求してくるほど。好き嫌いなく…

新生児期を過ぎても大活躍中!もう手放せない、我が家の救世主「ベビーカメラ」 by まぼ

昨年夏に第二子となる娘しおさんがやってきた我が家。 3歳差育児はいつもてんやわんや。 0歳児のおむつを替えながら、3歳児に「トイレ行かなくて平気!?」とトイレを促し、0歳児にミルクをあげながら、3歳児に「お野菜も食べな」と声かけ。 そして…0歳児を…

初育児の不安と焦りで鬱々としていた私を救った、産後ドゥーラさんの一言  by 三輪夏生

産後、母体が回復してきたので、これからは赤ちゃんをいっぱい抱っこするぞー!とはりきっていた三輪夏生さん。でもいざ抱っこするとなんかしっくりこない…。抱っこが下手なことに悩み、焦り、鬱々としていたとき、産後ドゥーラさんが三輪さんを救ってくれた…

幼稚園で慣れているから、トイトレもスムーズに! by 笹吉

この夏、娘がオムツを卒業したという笹吉さんのエピソードです。息子も娘も同じ時期にオムツ卒業しましたが、決定的に違うのは、娘が幼稚園の3歳児クラスに入園しているという事で・・・。

1歳3ヶ月まで続いた、泣いたらとにかく抱っこ生活。今となっては敏感過ぎたとも思うけれど by りんりんまま

産後すぐ別の病院に入院してしまった赤ちゃんがいよいよ退院となり、楽しみでありつつも、入院中の機械が使えなくなることに不安を感じていたりんりんままさん。退院後の様子は…

朝5時に始まる襲撃…強制的に早寝早起きはできるけど、もっと寝たいよー! by ゆゆ

ゆゆさんは毎朝5時に起床しています。本当はもう少し寝たいのですが・・・息子さんたちからの攻撃で起きざるを得ない…のそのそ近寄ってきて顔をべしべし叩かれたり、乗っかってきたり、これじゃあ、寝たくても寝られませーん!!

大変だったことも、嬉しかったことも、忘れたくない! by おみき

妊娠、出産、育児の体験を描いてきて約2年。全てが初めてだったので、想像以上に大変で、でも娘は世界で一番尊い存在で。そんな娘もいつの間にかできるようになったことが増えて・・・。

休日子どもと出かけるおすすめスポットはココ! by 金星

今回は休日子どもと出かけるおすすめスポットについて。子どもが小さい頃はよく住宅展示場に出かけていたという金星さんファミリー。目的はマイホームの検討…ではなく、住宅展示場で行われる子ども向けのイベント!

「まだ飲んでるの?」と言われても、3歳半の卒乳までおっぱいは頑張った! by さやかわさやこ

おっぱいが出ないことに悩んだり、乳腺炎に悩んだり、卒乳について悩んだり、、ほんとに授乳にまつわる悩みはたくさんたくさんありました。でも子供達が大きくなった今、振り返ると・・・。

母の健康もやっぱり大事!今の私ならこうしたい…秋冬のワンオペ入浴法 by ユキミ

子育てにおいて、頼れる人が周りにいなかったユキミさん。何をするにでも1人だった中、特に憂鬱だったのが毎日のお風呂でした…

「借りたもの」と「買ったもの」、ベビーグッズ選びにレンタルという選択 by ヤマモト

妊娠後期になり、そろそろベビーグッズを揃えようと考えていたヤマモトさん。高価な物は気軽に買えない、失敗したくないと思っていた時、手ごろな値段でのレンタルという選択があることを知りました。検討した結果、購入したものとレンタルしたもの、商品ご…

悩みは尽きない子育て道中。何人産んでも育児は初体験のことばかり! by tomekko

3人子どもがいるというとすごいベテランみたいな反応をされることが多いけど、実際には、年齢のそれぞれ違う子どもをいっぺんに3人育てるという状態は初めての体験なわけで。まぁいっか、のハードルはどんどん下がってくるんですけどね(笑)

育児に悩んだときにいつも立ち返る瞬間~分娩台で初めて顔を見た時に願ったこと~ by マルサイ

マルサイさんの連載最終話。連載開始から6年。3兄弟の育児は大変でしんどかったけど、育児に悩んだときいつも立ち返るのは、分娩台で初めて子どもの顔をみたときに願ったことだったそう。

「ロングマザーリングしてみましょう」生後31日目の娘と、初めてできた添い寝 by りんりんまま

毎日娘さんの入院する病院に通って1〜3時間ほどお世話していたりんりんままさん。そんな生活が1ヶ月ほど過ぎた頃、看護師さんに「ロングマザーリング」の提案が。

0歳からのベビークモンって知ってる?子どもの発達に合わせて楽しめる絵本など気になる教材をチェック!

「KUMON」は60年以上の歴史の中で、自ら学び、伸びていく子どもには、乳幼児期の〝ことばの働きかけ〟がとても大切だということを学んできました。その「KUMON」から生まれた0~2歳の親子のための「ベビークモン」で、親子のきずなをはぐくみ、赤…

遊びながら楽しくトレーニング!体幹を鍛えて噛み合わせを改善しよう! by まる美

1才の時に歯医者さんに将来的に矯正する事になるかも知れないと言われました。噛む力が弱いので、固いものを積極的に食べたり、お口周りをマッサージしたり、お口の体操をしてみたり…。そして5才になり、歯医者さんで口腔機能訓練をすることに。

えっ!?こんなパターンもありなの!? 「三者三様」な三姉妹の寝返り by ナコ

ひとくちに寝返りといっても いろんなパターンがあります。全然寝返りする様子がなかった長女、うつ伏せを拒否するようになった次女、そして三女は…

7年続けて感じた、「残しておいてよかった」育児の記録ポイント3選 by ハナウタ

カメラで撮り損ねたかわいい我が子の姿を絵で残したい、という気持ちで始めた育児絵日記。7年続けたハナウタさんが、残しておいてよかったと感じる育児のひとコマや子どもの姿を教えてくれました!

はじめての”ひとり時間”に心おどった2時間。 by PUKUTY(プクティ)

今回は長男が1歳の時に旦那から1人時間をプレゼントしてもらった時のお話です。 息子が1歳の時のクリスマス。何して家族で過ごそうか考えていたのですが…まさkの旦那さんからの提案が!

妊婦の虫歯が怖くてしっかりケアをやっていたのに、出産後の歯科健診で… by もつ

もつさんは、妊娠中虫歯には気をつけていたのでケアも頑張ってやっていました。親知らずも抜いて治療済み。だんだんお腹が大きくなると仰向けがしんどくなり歯医者から遠のいていたのですが、出産後、歯科健診へいってみると…

「すごいね」「上手だね」という褒め方が通用しなくなってきた?! by 金星

今回は子どもの褒め方について。最近我が家では子どもを褒めるのに「すごいね」「上手だね」と安易な褒め方が通用しなくなってきて・・・。

赤ちゃんグッズの断捨離を経てもなお、現役活躍中のグッズはこれ! by 笹吉

娘が成長するにつれ、徐々に行なっていた赤ちゃんグッズの断捨離…。でも、まさかの離乳食グッズがまだまだ現役です!

子連れでの長距離移動。手段で悩むことが増えて・・・。 by チッチママ

子連れでの長距離移動、大変ですよね。公共機関も車も、それぞれの大変さがありました。現在は娘達も6歳4歳になり、停車したら泣く年齢でも無くなったのでかなり気が楽になりました(笑)。

むちむち赤ちゃんの頃の呼び名は、おもしろ可愛い名前がつけやすい! by ゆゆ

ゆゆさんは次男みーくんにいろいろな呼び名をつけているそうです。例えば、むちむち太郎や餅太郎、ぷよぷよなど、聞いていて楽しくなるような呼び方をしています。やっぱり赤ちゃん特有のむちむちっとした身体が、可愛い名前をつけやすい…!?