妊娠・出産・育児の情報サイト


「食えるときに食っとけ」の教えを守り、食べまくった出産前夜祭。初乳の味にも興奮! by栗生ゑゐこ

こんにちは、イラストレーターの栗生です。

今回は第一子出産前日の話です。

 

予定日から10日前の朝6時。布団の中で破水を迎えた私は、運良く出勤前だった夫の車に乗せられて産院に到着しました。

破水して1時間後に入院。産院着に着替え、オムツのように立派なナプキンを装着してひと安心。

さあ、長い1日のスタートです。

入院日に陣痛を待ちながらやったことを、時系列でご紹介していきましょう。

f:id:akasuguedi:20160805075326j:plain

初乳の味。それは、鉄臭さを帯びた、血の味に似ていました。

ミルキーはママの味なのに、初乳はミルキー味じゃない!という発見に1人興奮し、ツイッターに投稿。陣痛が来ないので随分暇なことをしています。

 

気の緩んだ私はその後「出産の時は食える時に食っとけ」という先人の教えを守り、15時におやつ(アップルパイ)、18時に夕飯(味噌カツ)を完食。

先人も「もうやめとけ」と突っ込むところです。

 

入院初日は、もちろん食べるだけではなく、NST検査や内診、院内の散歩などもしていました。

結局陣痛が来たのは夜中になってから。眠れないほどの痛みでしたがそれでも微弱だということで、翌朝陣痛促進剤を導入。それからようやく本格始動となったのでした。

 

f:id:akasuguedi:20160706101511p:plain

著者:栗生ゑゐこ
子どもの年齢:4歳・1歳

書籍編集→IT関連企業を経て、2009年よりフリーランスのイラストレーターとして活動中。書籍・雑誌・WEBなどを中心にイラストを制作。2015年1月に第二子が生まれたのを機に「赤子イラスト」をTwitterで公開中。

 

Twitterアカウント @quriwoo2

ウェブサイト http://kuriude.gozaru.jp

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。