妊娠・出産・育児の情報サイト


ベビーカー拒否だった娘と、ベビーカー大好きな息子。両方を育てた今、思うことは… by ヤマモト

気持ちいい風が吹く初夏の日。

息子のベビーカーを押してると、ふと思い出しました。

ベビーカー拒否の娘(当時1歳)を抱えながら歩いた道を……。

 

娘さんと息子さん、ほぼ同じように対応してたのに、なにゆえ違いが……?

振り返ってみたら、娘さんのときは低月齢の頃にあまり外出せず、息子さんのときは大きくなった娘さんと一緒にベビーカーで外出していました。

しかし、その違いがベビーカーに対しての好き嫌いを生むほどとは考えられなくて、

やっぱりここは「個人差」に尽きると思います。個人差、デカイヨネ……

ベビーカー拒否だけを知ってると「ベビーカーは乗らないもの」と思い続けてただろうし、

逆にすんなり乗ってくれる経験だけだったら「赤ちゃんはベビーカー大好きッショ!」という認識になってたかもしれないなぁ……

 

「うちの場合」や「自分事」の外に、人それぞれの数えきれない事情、個人差がある。当たり前のことですが、ベビーカーに乗る息子の後頭部を眺めながら改めて感じたのでした。

 

 

f:id:xybaby_ope_04:20200907211113p:plain

著者:ヤマモト
年齢:アラサー
子どもの年齢:6歳・2歳

 

北斗の拳に憧れる母です。著書に『ヒゲ母ちゃんと娘さん』(集英社)『ゴメスが見てる!?』(KADOKAWA)があります。
twitter:@ymmtkid

ブログ:わっしょい!ヒゲ母ちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。