妊娠・出産・育児の情報サイト


おっぱいは出るけど…授乳がうまくいかず鬱に。新生児期を楽しめなかった私が思うこと

f:id:akasuguedi:20170301131020j:plain

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私は、産後すぐから、母乳がいっぱい出ました。

母乳の悩みは、母乳が出るか出ないかしかないと思っていたので、安心していました。

 

ですが、そこからが地獄の始まりでした。

私の子供は、小さく産まれた事もあるし、さらに、口が小さい、そして、緊急帝王切開での出産で産後の回復が遅く、初めての授乳が遅くなった事など、いろんな理由が重なり、哺乳瓶に慣れてしまっていました。

哺乳瓶を覚えてしまったので、母乳をやろうとすると、乳頭混乱を起こして泣き暴れる。入院中から産後1ヶ月の私は、おっぱいをうまく飲めない我が子の育児で、うつ状態でした。

 

入院中は、もうずっと、授乳室にいました。

助産師さんに指導してもらい、なんとか飲ませられるようになりたくて必死でした。

母乳は出てるけどうまく吸えないので、搾乳してあげたりしました。

結局、うまく授乳できないまま退院。不安で不安で仕方なかった。

搾乳して哺乳瓶で飲ませるスタイルで、直接飲む練習はしようと決めて、退院。

 

退院後も毎日頑張りました。おっぱいをあげようとすると、泣き叫ぶ我が子。私も泣き叫びながら授乳してました。

精神状態がおかしくてずっと泣いてました。死にたい殺してと母に訴えてました。

 

1ヶ月たってもうまく吸えないし、私の精神状態も治らない、このままじゃダメだと思い、ミルク育児に切り替える事にして、薬で母乳を止めました。

これでスッキリできる、はずでした。

 

おっぱいの痛みがなくなってくると、今度は寂しくなりました。

そして、罪悪感に襲われて、またうつ状態に。

出ていた母乳をむりやり止めた事。泣き叫びながらでも頑張って吸おうとしていたのに、諦めてしまった事。

もう一回吸わせたい。母乳育児したい!

絶対に母乳にしたいとは思ってなかった私ですが、この時から、母乳育児への想いが強くなりました。

 

栄養面では問題なくても、我が子に自分の体から出てるものを飲ませる幸せ、おっぱいに吸い付く我が子の愛しさ、たまりません。母乳復活、頑張りました。

薬で止めても止まりきってはなかったので、2〜3時間おきに、吸う練習、搾乳、おっぱいを温める、母乳にいい食べ物、飲み物を摂る、など、必死でやりました。

 

うまく吸えない赤ちゃんでも、大きくなったら吸えるようになるから練習頑張って!とよく言われました。

我が子は、5ヶ月になっても、体重5,000を超えても、6,000を超えても、吸えませんでした。

母乳は、復活させようと頑張って、20ミリ搾れるくらいまで復活、だけどそれ以上増えませんでした。

もうすぐ離乳食だなという時期に、桶谷マッサージの先生に相談に行き、おっぱいをみてもらい、もう無理よ、よく頑張ったね、と言われて、母乳育児を諦めました。

 

5ヶ月頑張りました。桶谷マッサージにもっと早く行けば良かった。今でも母乳育児の人を見ると悲しくなったりします。

でもほんとにやっと、気持ちが落ち着いて、育児にも余裕が出てきて、やっと今7ヵ月で、我が子がかわいくてかわいくて、たまらなくなりました。

新生児の産まれたての時期に、精神状態が不安定で、ちゃんと可愛がれませんでした。

もちろん、かわいくてかわいくてたまらなかったけど、可愛がる余裕がありませんでした。

 

これから出産の人には、新生児の産まれたての時期を、しっかり楽しんでほしいです!

私は、おっぱいが吸えない子がいるなんて知らなくて、吸ってくれない事にすごく悩んだし、吸えるようになる!と言われた時期になっても、体重になっても、吸えない我が子にイライラしてしまってました。

 

私の経験から伝えたい事は、我が子のために悩み苦しむのも、我が子の事を愛しているからです。でも、悩んで苦しんでると、それが赤ちゃんにも伝わります。

私の子供は、私の精神状態が落ち着いて、よく笑うようになると、よく笑うようになりました!

母乳が出て、うまく授乳ができたなら、ラッキー。うまく授乳できないなら、保護機をしてみたり、搾乳して飲ませたりしてみる。ミルクも使う!

母乳とミルクの違い、栄養面ではなんにもないです!完全ミルク育ちの人もいっぱいいる!だから悩まない。なるようになるし、なるようにしかならないんです。

 

悩んでて、我が子の成長見逃したらもったいない。

子供の成長はほんまに早いから、一瞬一瞬がもったいないです!

ちゃんと考えるのは必要だけど、考えすぎなくても、子供は育つ!

ちょっとテキトーさも大事です。

かわいい我が子との生活、楽しみましょう!

著者:ぴょんきち

7ヵ月男の子ママです。産後はうつで苦しみました。

今は育児楽しんでますっ。

私みたいになるママが1人でも減ることを願い、書きました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。