妊娠・出産・育児の情報サイト


ママ

急に届いた差出人不明のうさぎのぬいぐるみ。大騒動の末の結末は… by ハナウタ

ある日ハナウタさんのもとに、うさぎのぬいぐるみが届きます。差出人は不明。注文した覚えもないので、いろいろな憶測が頭をよぎります。とりあえず配送会社に問い合わせしたところ、「差出人については教えられません」と言われます。でも…。

しんどいし、大変なことはたくさんあるけど…。やっぱりアレにはかなわない by おみき

ご飯を食べようと思ったら、泣き声で呼び出され…。しかもこういうときに限って赤ちゃんがぐずぐずでなかなか機嫌が直らない。子育てってしんどい、と感じることも多いのですが、おみきさんの心を軽くしてくれるものは、やっぱりアレなのでした。

30分も経たない間におっぱいを欲しがる赤ちゃん。もしかして母乳が足りてない? by jajako

jajakoさんの息子くんが生後4カ月の頃、あまりにも頻繁におっぱいを欲しがるので、もしかして母乳が足りてないのでは、と心配になります。ですが、完全母乳なので飲んでいる量がよくわかりません。健診の時にそのことを相談してみると…。

ガチガチに腫れたおっぱいを前に途方に暮れていたときに現れたのは…、神! by まきこんぶ

産後、退院してすぐにおっぱいがガチガチに腫れてしまったまきこんぶさん。産院に連絡すると翌朝一番で母乳外来の予約はとれたのですが、今夜一晩乗り切れる気がしません。藁をもすがる気持ちで大親友の先輩ママに連絡をすると、まさかの展開に!

子どもがいる生活は、自分の健康にとっていいことだらけ?! by チカ母

子どもがいる生活ももう7年になったというチカ母(@Chika_mother)さん。良かったことと言えば何かなと、自分が独身だった一人暮らし時代と比べて良い方向に変わったことを考えてみたそうです。確かに!とおもうことばかり!

まるで手負いの獣!産後のガルガルが想像以上にすごかった… by はなわめぐみ

産後、まるで手負いの獣さながらにガルガルが爆発したというはなわめぐみさん。その相手は父と祖母。タバコを吸う父は悪者にしか見えず、ひ孫かわいさの祖母の発言にも声を荒げてしまい…。想像以上に激しかったというガルガル期、どんなものだった?

赤ちゃんをかわいいと思っただけで子宮がギュゥゥー!3人目の後陣痛がヤバかった by ナコ

長女と次女の産後、後陣痛を経験しなかったナコ(@nfsn66)さん。そんなわけで三女出産前は後陣痛について何も考えていなかったのですが…。いざ出産してみると「後陣痛ヤバイ!」可愛いと思うだけで子宮が握りつぶされてるみたいな痛みが!!

乳腺炎への恐怖で追い詰められて発狂!ここまで心が乱れてしまった理由は… by まきこんぶ

産後入院からの退院日、自宅でシャワーをあびようとすると、おっぱいがガチガチに腫れあがっていることに気づきます。早く搾らなきゃ!!と思うものの母乳は一滴もでません。乳腺炎になる、もう逃げられない…と、どんどん追い詰められついに…!

「子どもの数が3人以上になると、お菓子に名前を書く理論」確立!と思いきや、あれ?我が家だけ!? by モチコ

モチコ(@mochicodiary)さんが子どもの頃、5人家族の間で“ええお菓子”をいただいたときに行われたのは、勝った人から欲しいものが選べる、じゃんけん大会!そして、どれが誰のかわかるように、しっかり記名。ところが…

すぐにしまうのがもったいない気が…つい遅れがちな季節イベントの飾りの片付け  by ユキミ

イベント近くになってから飾りつけをはじめることが多いユキミ(@yukita_1110)さん。そのせいか、イベントが終わっても「え…全然飾ってないやん…」という思いがあり、「終わったね!かたそっか!」とすぐにはなれず…

産後5日目の夜、ナースコールで呼ばれているのに体が全く動かない!?  by 白目みさえ

産後入院中、なぜか体がめちゃくちゃしんどかったという白目みさえさん。産後5日目の夜、いつものように授乳のためにナースコールで呼び出されます。行かなきゃと頭ではわかっているのですが、気絶したように体が全く動かなくなり‥。

「ランドセルは絶対に自分で選ばせる!」好きな色を選んで後悔はないと思っていたのに… by イシゲスズコ

ランドセル選びにトラウマのあるイシゲスズコ(@suminotiger)さん。「子どもたち4人のランドセルは絶対に自分で選ばせる!」と強く思い、それぞれの子たちに自分の好きな色やデザインを選ばせてきたのですが…

完母だけど、もう色々限界!ミルクを飲んで欲しい! by ツマ子

母乳が出るようになってからは完母だったツマ子さん。寝不足でも赤ちゃん命!赤ちゃん可愛い!とテンション高めにお世話していたらしいのですが、それも退院後3週間もすれば体の不調も浮き彫りになってきて、ミルク飲んでほしいと思うようになり…。

2人目出産後は赤ちゃん中心の生活になるけど、「お姉ちゃん業を忘れる時間」が必要だった! by たんこ

たんこさんは2人目出産後半年ほど経った頃に、子どもたちを旦那さんに預けて友人と出かける予定をしていました。そのことをお出かけ当日に上の子に伝えると、「一緒に行く!」と…。もっと早く報告しておけばよかったと思いながら上の子を見ると…

え!? 赤ちゃんてこんなだっけ…!? 産後のいろいろ思ってたんと違う!! by ナコ

ナコ(@nfsn66)さんが出産する前の赤ちゃんのイメージは…まあるいお顔、ふわふわの薄い髪の毛、キラキラの目、ぷっくりした体つき、きれいなお肌…。でも実際に赤ちゃんを産んでみるとなんだかもういろいろと「思ってたんと違う!!」

産後、恐れていたことは…退院前の母体検査。実母の言葉に恐怖はMAX!! by ぺぷり

ぺぷりさんは娘さんを出産後、入院中に沐浴指導やミルクの説明などを終え、あと少しで退院となるのですが、一つ恐れていることがありました。それは母体検査…実母から体験談を聞いていると、もう恐怖で眠れなくなるほどでした。そして迎えた当日…

インドア派の私の産後は、ほぼ半径100メートル生活。1歳を過ぎて行動範囲を広げてみたら… byユーラシア

妊娠前から筋金入りのインドア派だったユーラシア(@yuh_rasia)さん。息子くんが0歳の頃、外出と言えば自宅周辺の散歩とたまにスーパー、という半径100メートル以内の生活でしたが、テレビでアクティブなお母さんたちの姿を見て…

下の子はいつまでも赤ちゃんの気分でいるのですが…。 by 笹吉

下の子なので、ついついいつも赤ちゃんだしなあと思ってしまうのですが、いつの間にやらお姉さんの雰囲気に!空気を読んでひとを慰めるなんて、もう出来るの!?と驚きました。 関連記事: 小さな頃に思いを馳せ、成長を噛みしめる…センチメンタルの理由 by …

もう取り返せないあの瞬間やあの光景…お願いしてでも写真に残しておけばよかったな by イシゲスズコ

スマホのカメラロールを遡っていたとき、自分が写っている写真がほとんどないことに気付いたイシゲスズコ(@suminotiger)さん。夫が一緒に写ってる写真を見ながら「なんで私は写ってないんだろう、あ、撮ってるからだ…」

「お手伝いって、何だろう?」母の考えを息子に伝えてみたら… by ユキミ

息子くんに「お手伝いをしたい」と言われたユキミ(@yukita_1110)さん。それは、幼稚園で先生から「お手伝いをしましょう」と言われたから。そこで気になったことは「お手伝いって何だろう?」。ユキミさんの考えを話してみると…

2分の1成人式を迎えた娘に、10年後の未来の娘に手紙を書いてと言われて… by 金星

金星(@i_kinboshi)さんの娘さんはもう10歳に。学校では1/2成人式が行われ、10年後の未来の自分に向けた手紙を書く課題が出されたようで、金星さんも親の立場から未来の娘へ手紙を書くことになったのだけど…。

褒め言葉は、反対のタイプの子の親にはネガティブに感じることも。 by チカ母

何気なく発される褒め言葉や励ましの言葉って、その反対のタイプの子を持つ親には、ネガティブな考えに取れてしまうこともあるというチカ母(@Chika_mother)さん。皆さんは、そういうもので悩んだことありませんか?

毎日次々にわいて出る正解がわかならい育児の悩み。10年間で得たわたしの対処法 by うだひろえ

マタニティ期から10年。正解がわからない悩みに立ち止まり、うまくいかず大噴火し、自己嫌悪に陥り…。ぐるぐると悩みながらも、育児ロードを進んできたうだひろえさん(@hiroeuda)が、10年の育児で得たことを教えてくれました。

体型が崩れた理由は三男の入園!? 子ども中心のハードな生活の見返りはスッキリ体型だった by マルサイ

三男くんの入園を境に自分の体型が全体的に丸くなっていることに気づいたマルサイさん。入園前は毎日散歩して、帰ったら家事に追われ…とハードな生活!当時はそんな生活に疲れ ていたのですが、実はマルサイさんの体型もきーうしてくれていたのです。

ボロボロの毎日に「早く大きくなって!」と思っていたあの頃。成長した現在は… by イシゲスズコ

現在、4人の子どもたちを育てるイシゲスズコ(@suminotiger)さん。長男が生まれてから6年の間に4児の母になり、怒涛の毎日を送りながら「早く自分でなんでもできるようになってくれたらいいのに」と祈るように思っていました…

ナチュラルでオシャレなこどもの写真を撮るのって…なんてハードル高いんや!!!  by モチコ

いい笑顔をしていたり、真剣な顔をしていたり、泣いていたり…。カメラ目線ではなくとも、その時々の自然な表情を、写真に収めたい!と思っていたモチコ(@mochicodiary)さん。しかし撮影の際には、なぜか不思議現象がおこり…

生後5ヶ月の息子と一緒にヨガレッスン。リラックスしながら教わった、たくさんのこと byかめかあさん

妊娠前にお世話になっていた小さなヨガスタジオで、生後5ヶ月頃の息子くんと一緒にレッスンを受けた、かめかあさん。赤ちゃんと遊びながらできるポーズをたくさん教えてもらい、息子くんも楽しそうに反応。そしてそれだけでなく…

まるで時限爆弾を抱えているみたい…。ガチガチに腫れあがってきたおっぱいを前に呆然 by まきこんぶ

お産入院からの退院日、ガチガチにはれ上がった自分のおっぱいを目にしたまきこんぶさん。絞ってみても一滴もでない母乳、頭をよぎる乳腺炎の深刻なエピソード…。落ち着け、落ち着け…。まるで胸に時限爆弾を抱えてるような不安な時間が続きます。

容赦なくやってくる3時間ごとのナースコール。心の励みは「〇〇〇の大行進」 by 白目みさえ

ナースコールから始まる産後入院中の授乳スケジュール。オムツ替えや体重測定など授乳以外の工程もいろいろあり、しかも最初のナースコールから3時間後にはまた次の授乳が始まり…。って、私、まだ帝王切開の傷、癒えてないんですけど‥?

初めての参観日に息子号泣…気まずさを感じたけれど、ママ友のおかげであったか空間に! by ユキミ

ユキミ(@yukita_1110)さんの息子きったんは母子分離が大変苦手。生まれた頃からずっと後追いが激しく、どこへ行くにも絶対に一緒。児童館では、そのおかげで場の空気を壊してしまったことも。幼稚園の初めての参観は…

ママ友づくりの極意は…子ども同士の仲が良いこと+「鉄の掟」を守ること! by まぼ

ママ友という存在に恐怖を抱いていたまぼさん。でも友人の話を聞いて「子ども同士で仲がいいママと友達になってみるのはいいかも」と感じるようになります。さっそく勇気を振り絞って声をかけてみると、楽しい世界が広がっていたのです。

お風呂で見つけた、背中のひっかき傷。「覚えていない」という年長の息子に… byグラハム子

お風呂に入ったとき、幼稚園に通う息子くんの背中にひっかき傷を見つけたグラハム子(@gura_hamuco)さん。朝、着替えをしていたときにはなかったことから、幼稚園で何かあったのかと思い聞いてみても、「わからない」としか言わず…

子連れで好きな時に行きたい!その願いを叶えてくれた接骨院が最高だった! by PUKUTY(プクティ)

こんにちはPUKUTY(プクティ)です! 今回は子連れOKの接骨院へ行った時のお話です。 妊娠中から腰痛に悩まされていた私。産後は腰痛がもっと酷くなり、子どもを旦那に預けて整体へ通っていました。 関連記事: 抱っこのしすぎで腰がピンチ…。ぎっくり腰を回避…

結局、一番リラックスできる”ひとり時間”はコレ! by チカ母

たまには一人でゆっくりしたいな。 育児中、そう思うことありません?ゆっくりコーヒーを飲んだり、本を読んだり、映画を観たりそんな一人時間が欲しくなりません?なりますよね!!! 関連記事: はじめてのひとり時間は、そわそわしっぱなし! by チッチマ…

母乳育児が軌道に乗らず辛い!搾乳器も痛すぎて「二度と使うものか」と思っていたけど… by わさび

わさびさんは出産後、母乳育児のためにせっせと搾乳していたのですが、辛かったのは真夜中。おっぱいが痛くて触ることすら嫌なのに搾っておかなければならない…不安定な精神状態で泣けてきてしまいます。そんな時助産師さんからすすめられたのは…

出産後の母子同室はしんどい!身も心もボロボロだけど…「みんな一緒なんだ」 by ぺぷり

ぺぷりさんは、はじめての出産でお世話になった産院でのようすを紹介してくれました。母子同室が結構辛かったり、母乳育児に苦戦したり、予定がぎっしりでゆっくりできなかったり…ボロボロ状態で誰にも会いたくないと思っていたけど…

わたしの乳首が短いばっかりに…!オロオロ悩んでいた私を救ったアイテムは… by 白目みさえ

「お母さんの乳首が短い!」うまく授乳できず困っていた白目みさえさんは助産師さんからそう言われます。えー、そんなこと言われても…。乳首ってどうやって伸ばせばいいの?オロオロしていた白目さんを救ってくれたのは、あるお助けアイテムでした。

こんなおっぱい見たことない!! 新生児期母乳の需要と供給バランスが崩れたら… by まきこんぶ

お産入院からの退院日、赤ちゃんがあまりおっぱいを飲まないまま寝てしまいます。このまま寝かせて大丈夫かな?と不安を感じつつも、今のうちに!とまきこんぶさんはシャワーを浴びることにします。すると衝撃の光景を目にすることに!

幼稚園の係活動で、地元の人と思いがけず交流。私も将来は…? by ゆむい

2年前、幼稚園の保護者の係で「アルバム係」になったゆむい(@yumuihpa )さん。個人作業が終盤に差し掛かり、係のペアであるママさんとショッピングモールのフードコートに集まっておしゃべりをしていると、3人組の見知らぬご婦人が通りかかり…

「お互い様だから」ママ友が言ってくれた言葉が今も支えに by イシゲスズコ

長男くんが入園した頃からいまに至るまで、ママ友に助けられることがたくさんあったというイシゲスズコ(@suminotiger)さん。次男くんの子育てに奮闘する中で、足を向けては寝られないママ友たちとのおつきあいがありました。

「遊ばせてくれてありがとう♡」下の子の集まりに行くようになって思ったことは… by モチコ

お姉ちゃんのイチコちゃんが幼稚園のとき、幼稚園行事や幼稚園時間中のママの集まりの際には、未就園児の二太郎君を連れていっていたモチコ(@mochicodiary)さん。チョロチョロするので大変だったのですが、そんな時、先輩ママ友が…

家事・育児の強い味方!食洗機はどんなものを使っていますか?【後編】 by 肉子

2人のお子さんを育てる肉子さんの「育児に役立つ家電」は、食器洗い乾燥機!新居引っ越しを機に食洗機を導入しようと思っていたら、旦那さんがまさかの反対!!猛抗議をして設置することに。買ってよかったおすすめポイントとは?

退院翌日におっぱいガチガチで万事休す!でも実母のアドバイスが尽く違ってた… by Taro 

お産入院からの退院後、おっぱいがガチガチに硬くなり、体を動かすことすら辛くなります。そんなTaroさんを心配してお母さんがあれこれアドバイスをくれるのですが、なんだか不安…。その後、そのアドバイスが尽く違っていたことを知った母は…。

赤ちゃんが血だらけになるまで気づかなかった…!生後6日目の乳首ぱっくり事件 by ちり

こんにちは、ちりです!今回のお話は入院中に起きた事件です…。 わたしは母乳の出が良い方だったので、助産師さんは、「上手に飲ませてると思っていたよ。浅吸いになってたの、気づいてあげられなくてごめんね。」と言っていました。 わたしも母乳あげるたび…

想像以上の発熱・病児対応ラッシュに悲鳴!一人で乗り越えるのはムリでした by まぼ

順調に保育園での慣らし保育を終え、育休復帰を果たしたまぼさん。でも復帰初日から発熱のため早退することに…。さらに翌日もまた呼び出しが…。想像以上の早退・欠勤の嵐に音を上げ、まぼ家の「病児保育チーム」を発足させることにします。

嘘でもいいから先生を褒める!園を好きになってもらうためにやったこと by チーコ

入園した幼稚園があわなくて療育園に転園したチーコさんの息子くん。新しい園でうまくやっていけるように、チーコさんが試したのは「嘘でもいいから先生を褒めること」。園を信頼して、とにかく毎日先生の事を褒めちぎっていたら…。

いよいよ授乳スタート!え…イメージとちがうけど、そういうことなん!? by 白目みさえ

帝王切開の傷の痛みが続くなか始まった、赤ちゃんへの授乳。なかなかうまくいかない状況に戸惑っていたら、「ちょっと失礼しま~す」と横から助産師さんがガッと赤ちゃんの頭をつかみ、ガッと乳房にかぶりつかせ…。え?授乳ってそういうことなん?

飲み過ぎて盛大に吐き戻すことも…母乳過多から時間や量の制限をして悩む私を、救ったひと言 byかめかあさん

産後1ヶ月のころ、母乳過多のため、胸の張りや痛みに悩まされていた、かめかあさん。母乳の勢いが良すぎてうまく飲めなかったり、飲み過ぎて盛大に吐き戻したり…苦しそうな息子くんの姿を見るたびにさらに辛く感じていました…

憑き物が落ちたように心が落ち着く…。子どもにイライラしたときの怒りの鎮め方 by マルサイ

片づけをしてるのに次々におもちゃを出す、夕飯の支度をしたいのに公園から帰りたがらない…。こういった「するべきことができない」状況に、イライラしてつい子どもを怒ってしまっていたマルサイさん。でも、イライラの原因を根本から手放してみたら…

【医師監修】出産直後に悪寒、考えられる原因と対処法をお教えします!

【医師解説記事】出産直後、急な悪寒に襲われ震えが止まらなかったというはちこさん。産後、悪寒を感じるのはどんな時か、感じた時にはどうしたらいいのか。考えられる原因や対処法について、産婦人科医の小野先生に解説していただきました。