妊娠・出産・育児の情報サイト


子宮口チェックは大切なバロメーター。1cm開くごとに「よし!ゴールが近付いてる!」by こたき

出産の話の続きです。

私の産院は総合病院だったので、受付で陣痛が来ていることを告げると受付の方が車イスを用意してくれました。
人生初の車イスで産科病棟へ移動です。
やや混雑するエレベーターの中で陣痛が来たときは、周りが少しざわつきました。

f:id:akasuguedi:20170401220752j:plain

産前に病棟見学もしていたのですが、私の産院は総合病院にしては珍しく(?)フリースタイルのお産が可能だったため、病室もホテルの一室のような感じでした。個室代がかかりますが、夫やきょうだいも泊まることが出来ます。希望者はこの部屋で陣痛からお産、産後の入院生活を過ごします。

f:id:akasuguedi:20170401220852j:plain

着替えをし、内診をしてもらうと子宮口の開きは5cmほどでした。
実は私、病院に着きさえすれば助産師さんに付きっきりでいてもらえると思っていたんですが、いざ産むぞとなるまではあまり構ってもらえないんですね。時折子宮口の開きチェックをしに来てくれるのがとても嬉しかったです。

f:id:akasuguedi:20170401220949j:plain

f:id:akasuguedi:20170401220959j:plain

数時間かけてではありますが、着実に子宮口が開いていきました。
1cm開くごとに「よし!ゴールが近付いてる!」と達成感があり嬉しかったです。
7cm開いた頃にはもういきみも出ていたように思います。
自分の状態もよく分からず、痛みも永遠に続くかのようだったので、子宮口の開きは私にとって大切なバロメーターでした。

ちなみに夫も私から遅れること一時間ほどで病院に着きました。一ヶ月ぶりの再会だったにも関わらず、顔を会わせて早々に私が言ったのがこちら。

f:id:akasuguedi:20170401221203j:plain

陣痛に耐えることに必死だったんですね。
痛みについては改めて詳しく書けたらと思います。

f:id:akasuguedi:20170216111911j:plain

著者:こたき
年齢:27歳
子どもの年齢:1歳11ヶ月

2015年3月に娘を出産。かわいい我が子の成長をtwitterで綴っています。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。