妊娠・出産・育児の情報サイト


卵がパカッ!これが私のリアルな陣痛の痛みの例え! by 笹吉

f:id:akasuguedi:20180409234804p:plain

出産祝いを持ってきてくれた友人に聞かれた、「陣痛の痛みの例え」話です。

正直「鼻からスイカ」は、「痛みのありえなさ」の表現としてはアリだな〜と思いますが、実際の痛みがそんな感じかと聞かれると、なんか違うな…。
鼻からスイカが出るという事は頭部にスイカがあるわけで、その時点でもうすごい痛みだろうしな…などと余計なことまで考えてしまうタイプです。

さて私の陣痛ですが、とにかく腰が痛かったです。
骨盤が動いちゃいけない動き方をしている!!と脂汗をかいていました。
実際骨盤も開いてるのでその通りですですけども笑。
本当に卵を割るような感覚で骨盤をパカッと…いやバカッ!とされたような痛みでした。
友人を怖がらせるつもりはなかったのですが、他にしっくりくる例えが浮かびませんでした…。

 

そういえば、産後の友人に、陣痛どんな痛みだった?と聞いてみたのですが、「激しい下痢の時みたいな…腸?のあたりがすごく痛かった」と言っていました。
他には「お腹も腰も痛かったと思うんだけど、あまり覚えてない」という友人もいました。

気になってネットで調べてみると、腰が痛い派とお腹が痛い派がいるみたいですね〜。
上の子と下の子で痛みが違った!なんて意見もあったので、産まれてくる子によって痛む場所が違うのかもしれない、と思うと、すごく不思議な気持ちになります!

 

f:id:akasuguedi:20170629061733p:plain

著者:笹吉
年齢:29歳
子どもの年齢:1歳

お絵かきが趣味の主婦です。食欲旺盛な息子と最近読み聞かせが板についてきた夫と暮らしています。痩せたい。

ブログ:笹吉育児絵日記

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。