妊娠・出産・育児の情報サイト


お酒が飲めない!日に日に弱っていく妻、ノンアルコールビールに救われる by うめ

f:id:akasuguope02:20151003202019p:plain

市販の妊娠検査薬で、陽性反応が出た日、妻は二日酔いだった。
いや、厳密いうと、この時点では入籍はしてないから、法的に妻じゃない。というか、だいたい妻という表記をしたことは、公的な書類以外では一度もない。二人で漫画を描いて暮らすようになって十数年。日常では旧姓を使うので、このコラムでも、やはり「妹尾」と呼称することする。まったく夫婦別姓くらいさっさと導入すればいいのに…。
話を戻す。
結局、妹尾は、翌日も体調は戻らず、いわゆる三日酔いとなった。産婦人科に行ったのは、さらにその数日後。結果は、もちろん妊娠。予定日だの、今後の検診日だのを淡々と告げる医師に、妹尾が聞いた。
「あの吐き気って、もしかして…つわりだったんですかねー?」
「時期的にありえませんね」
「……」

妹尾は大酒飲みである。
とはいえ、妊婦の飲酒がよろしくないことくらいは、知っている。陽性反応以降は飲んでいない。三日酔いの記憶が新しいころは「妊娠して、しばらく飲めないくらいが、ちょうどいいって」と強がっていた妹尾だったが、寝だめ、飲みだめはできないのが世の常。「お腹に赤ちゃんがいるとちっとも飲みたくならないの♡」なんて妊娠ファンタジーは微塵もなく、だんだんとビールが美味しい季節になるにつれ、グラスを持つ僕を恨みがましい目で見るようになってきた。だがいっしょに禁酒をするような偽善は、あいにくこちらも持ち合わせていない。よく「人に分かつと苦しみは半分になる」なんていうけれど、二人で禁酒したら、家庭内の苦しみがただ倍になるだけだ。

しかし同じ酒飲みとして、飲めない状況に同情はできる。何か代わりのものをさがしてやることにした。最初に買ってきたのは、ウィルキンソンのジンジャエールのドライ。
甘さ控えめで、ジンジャーの風味がスパイシーだ。
「まあおいしいけどさ、ビールの代わりにはならんね…」
その後もコントレックスやら、ペリエやらいろいろ試すが、やはり案の定、代わりにはならない。まったくと言っていいほど、つわりもないのに、日に日に弱っていく妹尾。よく年老いた親を「小さく見えた」と評することがあるが、このころの妹尾はまさにそんな感じだった。

そんなある日、ノンアルコールビールなるものがスーパーに売っていた。
「…悪くない、うん、これ悪くないよ!」
と満足げな表情。そうか、それは良かった!
一口もらう。ごくりごくり。
「…………?」
いやいやいやいや、これビールじゃないって。ぜんぜん違うって。今まで試してきたものに比べれば、たしかにビール的ではある。だが、香りもなければコクもない。日々、ビールを飲んでる舌には、これがビールとは思えなかった。しかし目の前には、幸せそうに飲んでいる妹尾。こんなん違う、とは言えない。不憫という言葉がこれほど似合う妹尾を見たことはない。そして誓った。
「もっともっとうまいノンアルコールビールを探そう」

今でこそ、ファミレスでも居酒屋でも、メニューに載っているノンアルコールビール。近所のコンビニにもいくつもの銘柄が並んでて、事実、第二子妊娠のときは、たいへん助かった。だけど第一子のときは、まだまだ種類が少なく、いまほど完成度も高くなかった。見かけるたびに買ってきては、あれこれ試す日々。ノンアルコールとは言いつつ、1%近い度数のものも多くあり、そのへんはいちおう気をつかった。
そんなある日、デパ地下の酒売り場でとあるノンアルコールビールを見つけた。輸入ビールコーナの片隅にあった緑のラベル。名前を『ホルステン』という。
たぶん長いこと誰も手に取らなかったのだろう。心なしか、缶がほこりっぽいような気がした。ドイツのビールで、アルコール度数は0.03%。念のため、医師に確認すると、それくらいなら料理にも普通に入っている量なので、一度に何十本も飲むのでなければ、まったく問題ない、とのことだった。

グラスに注ぐ。ノンアルコールビールの特徴として、泡が消えやすいというのがあったのだけれど、これは泡もビールっぽい。口にした妹尾がいった。
「…あ、ビールだ。これビールだよ!」
もらって飲んでみる。
なるほど、すごい。ノンアルコールビールにある水っぽさがない。ビールでいうと、バドワイザーみたいな軽快なタイプ。炭酸がちょっと強めで、喉越しもいい。けっして100%好みのビールというわけじゃないけれど、これタヒチの地ビールだよ、と言われたら、ふーん、といって気にせず飲んでいそうなくらいにはビールだった。
さっそく数ダース購入。結局、授乳期でも飲んで、ダイエットでも飲んでと、我が家では、数年間にわたり、活躍した。

f:id:akasuguope02:20151003203200j:plain

著者:うめ(小沢高広・妹尾朝子)
代表作は『大東京トイボックス』、『南国トムソーヤ』など。現在、小学館「ビックコミックスペリオール」で『スティーブズ』を連載中。絵本『ねこにこねこ』もAmazon kindleストアにて好評発売中。 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。