妊娠・出産・育児の情報サイト


無痛分娩のメリット、デメリットは? 助産師さんに相談して決断したのは… by えん

いつもの方もはじめましての方も、こんにちは。

“えん”と申します。現在2歳の娘を育児中。

今回は出産方法を決めた時のお話です。

 

最近はよく耳にするようになった「無痛分娩」。

賛否もあるようですが、私は「痛みが軽減できるなら絶対にそっちの方がいい!!」と、妊娠初期から迷わず無痛分娩を選択していました。

私が通っていた産院では無痛分娩が人気があり予約がすぐに埋まってしまうので、希望者は妊娠10〜13週くらいでの予約を勧められました。

院長先生から無痛分娩は「幸せへの近道」との説明も受け、やはりとても魅力に感じ早々に予約。

その後は聞いていた通りすぐに予約は満員になっているようでした。

 

何の躊躇いもなく決めた無痛分娩。

だったのですが…。

妊娠30週頃に、産院から出産後の入院や費用についての詳しい説明を受けました。

その中で「無痛分娩/10万円〜」の項目を見て、もともと承知していた金額ですが「10万円かぁ〜…10万円あったら、あれもできるしこれも買えるなぁ…」となんとなくその金額について考えるようになり、ここへきて私のケチ根性が顔を出しはじめたのです!!

 

それから無痛分娩のことを自分なりにいろいろ調べ始めると、「まったく痛くないわけではない」「副反応やリスクを伴う可能性」などデメリットも目につき始めました。

「私、けっこう安易に無痛分娩を選択してしまったのかな…?」と思い始めました。

「うーん、本当に無痛分娩で良かったのかな??」と悩み、産院で先生にその気持ちを相談すると、助産師さんとお話する時間を設けてくださることに。

そこで助産師さんから、無痛分娩は確かにそのようなデメリットもあること、でも無痛分娩を選択して良い出産を終えた方もたくさんいる事などを教えていただきました。

また「無痛分娩でないと出産できない方もいるんです。パニック障害や持病があり、陣痛に対して不安が強い方など…」という話も聞き、「妊娠初期ですぐに無痛分娩の予約を取ったけど、もしかしたら本当に必要としている方の枠を取ってしまったのでは?」という気持ちもよぎりました。

でも、私も未知の事だから痛いのはもちろん怖い…。

モヤモヤと悩んでいる様子の私に助産師さんは…

と言ってくださり、「もう少しゆっくり考えてみてくださいね」と声をかけてくれました。

「痛くない方が絶対に良い!」と当たり前のように思っていましたが、まだまだ無痛分娩が普及していない日本ではお金もかかるし受けられる人数も限られデメリットもある。

その中で私は本当に無痛分娩がいいのか…!?そもそも初めての出産だからどれくらいの痛みなのかも分からないし…と思うようになり、その結果…

キャンセルした後は「後でめちゃくちゃ後悔するかも〜!!」とは思いましたが不思議とモヤモヤと感じていた不安はなくなり、「自然分娩で産むんだ…覚悟を決めよ!!」とスッキリした気持ちに。

 

そして、死ぬほど痛いんだろうなと思っていた陣痛・出産は思っていたよりは大丈夫で(驚!)、スピード安産で娘スルッと誕生!

私はたまたまそこまで強い痛みを感じる事なく安産でしたが(おそらく稀なタイプ…)、「本当に無痛分娩でよかった!」という体験談もたくさん聞くので、一か八かの選択だったのだと思います。

本当に出産は十人十色ですね。

ただ、どんな選択であれ助産師さんの「分娩に不安は持ち込まない!」という言葉は名言だな〜と今でも思います。

ゼクシィBaby WEB MAGAZINEの記事

【助産師監修】自然分娩・無痛分娩・帝王切開 何が違うの?出産方法まるわかり辞典【助産師監修】自然分娩・無痛分娩・帝王切開 何が違うの?出産方法まるわかり辞典出産にはいろいろなスタイルがあります。「出産方法」の選択肢があることを知り、自分に合う方法を選べるといいですね。どんな方法があるのか、それぞれの特徴などを助産師の柳村直子さんに伺いました。…
【3000人にアンケート】無痛分娩を選ぶ人は増えている?「費用」「産院の少なさ」「麻酔への不安」…1番のネックは何?【3000人にアンケート】無痛分娩を選ぶ人は増えている?「費用」「産院の少なさ」「麻酔への不安」…1番のネックは何?3000人以上のママパパに妊娠・出産・育児の意識を大調査!今回のテーマは「無痛分娩」です。妊娠中に「本当に痛くないの?」「お産が楽になる?」と一度は気になりますよね。そこで、どのくらいのママが選んでいる?無痛分娩を選ぶ理…

妊娠時期別記事

【医師監修】妊娠後期(妊娠8ヶ月・9ヶ月・10ヶ月)【医師監修】妊娠後期(妊娠8ヶ月・9ヶ月・10ヶ月)赤ちゃんに会える日が迫ってくる妊娠後期。胎動がピークを迎えやがて落ち着き、赤ちゃんは外の世界に出る準備を始めています。この頃のママの体はどうなっているか、ご説明していきます。…
【医師監修】妊娠8ヶ月(妊娠28週・29週・30週・31週)【医師監修】妊娠8ヶ月(妊娠28週・29週・30週・31週)羊水の量がピークを迎えさらにおなかが大きく重たくなってきます。この影響でさまざまなマイナートラブルが増えがちですので、無理をせず十分休息を取りましょう。赤ちゃんはほとんどの体の器官ができ上がり、ママのおなかの中で肺呼吸を…
【医師監修】妊娠30週(妊娠8ヶ月:妊娠後期)【医師監修】妊娠30週(妊娠8ヶ月:妊娠後期)羊水量がピークとなる時期で、約800mlにもなります。これから少しずつ減少していき、生まれる頃には500mlほどになります。血液のもととなる赤血球の細胞は、受精した頃には卵黄嚢、次に肝臓や脾臓でつくられていましたが、今で…

 

著者:えん
年齢:30代
子どもの年齢:娘1歳

30代凡人。過去の話や現在の日常をイラストで描いています。夫・ハト氏と、娘・ぽっぽちゃん(2022年2月誕生)の3人暮らし。

Instagram:@tamago_en

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。