妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛中に夫が〇〇〇〇マスターに急成長!タイミング、場所、強さ…すべて完璧! by ちい

今回は、私が陣痛でもだえ苦しんでいる間に、夫が急成長し、〇〇〇〇マスターになったお話です。

陣痛中私が辛かったのは、痛みはもちろんだが、
『イキみたいのにイキんではいけない!!!』
ということでした。

f:id:xybaby_ope_01:20210908094616j:plain

イキみたいのを我慢する時、肛門付近がめっちゃ痛い!泣
気を抜いたら、肛門から全ての内臓が出てきそうな感じ…(どんな感じや)

 

陣痛が始まった昼頃、助産師さんに機材の説明(数値が高くなると私が痛いということ)と、どこをどんな風に押すと、私が楽になるかなどを教えてもらった夫。

f:id:xybaby_ope_01:20210908094628j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20210908094636j:plain

夫も初めての事なので、最初は押す場所や力加減が分かりませんでした。
(あまり強く押すと痛いだろうと、すごく力が弱かった)

私が「今!押して―!!!」「もっと下!もっと強くー!!!」など、指図していました。

ですが、夕方頃になると…

 

f:id:xybaby_ope_01:20210908094650j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20210908094658j:plain

機械の数値を見て、私が指図する前に私の尻の前に移動。
押すタイミングも場所も強さも、押すのをやめるタイミングまで完璧に…

夫は『肛門押しマスター』になったのである……!!!

f:id:xybaby_ope_01:20210908094714j:plain

何度か助産師さんにも押してもらいましたが、夫に男性の力で押してもらう方が私は楽でした。
精神的にはもちろんだが、肛門的にも、夫にやってもらって良かったと本当に思っています。

この時は二人とも必死でしたが、『肛門を押してと懇願する女』と『必死で肛門を押す男』というこの状況、思い出すとシュールすぎて、我が家では伝説のネタと化しております。

 

 

ゼクシィBaby WEB MAGAZINEの記事

【助産師監修】対策を知れば怖くない!出産を乗り切るコツ【助産師監修】対策を知れば怖くない!出産を乗り切るコツ出産の進み方は段階的で、陣痛は徐々に強くなっていきます。お産の進み具合に合わせた痛みの乗り切り方を知っていれば、やみくもに恐れることはありません。状況に応じた乗り切り方を知って、スムーズな出産につなげましょう。…

f:id:xybaby_ope_01:20200210104347j:plain
著者:ちい
年齢:35歳
子どもの年齢:5歳

体力オバケの息子(5歳)と強面天然の夫(同じ歳)と3人暮らし。インスタグラム(@chii_manga)で育児絵日記とかくだらない事とかを発信しています。趣味は家族で行く登山やキャンプ。でも一人でひきこもるのも大好き。仕事はお菓子を作ったりブログを書いたりしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。