妊娠・出産・育児の情報サイト


「おにいちゃんほしいな」息子の願いを叶えられず申し訳なく思っていたのに、その理由が⁉ by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。
息子が年少の頃、当時はまだ新型コロナが流行る前だったので近所のお友達と家を行き来して遊ぶことがありました。

ある日お友達の家にお邪魔して遊んでいると、小学生のお兄ちゃんがお友達を数人連れてにぎやかに帰ってきました。

 


手土産を片手にぞろぞろと部屋に入ってくるお兄ちゃん達。
年少の息子から見ると小学生はとにかくかっこいいようで、憧れるようにうっとりとその姿を見つめていました。

f:id:xybaby_ope_02:20211028113707p:plain

そしてお暇して自宅に帰る途中、息子がぽつりと言いました。

f:id:xybaby_ope_02:20211028113721p:plain

「ぼくもお兄ちゃんほしいなあ……」。

息子は年上の子に遊んでもらうのが大好きなので、お兄ちゃんがいるお友達が羨ましくなったようで……。
子供が何気なく漏らしたこの一言に、私は思わずショックを受けたというか、かなり動揺してしまいました。

お兄ちゃん・お姉ちゃんを後から産むことは誰にもできないので気に病む必要はないとは思いますが、うちには弟妹もいないし、健気な息子の願いを叶えてあげられないことがなんだか無性に申し訳なく……。
悩んでもどうしようもないことだとは理解しながらも、しばらくは息子の言葉を思い出してはため息が出ました。

f:id:xybaby_ope_02:20211028113742p:plain

 

後ろめたさを抱えつつ、少しでも息子に楽しく過ごしてもらうためできる限りのことをするしかありません。
習い事やイベントなど異年齢の子と接する場所に積極的に参加したり、近所の年上のお友達からのお誘いは断らないようにしたり、
年上の子と遊ぶ機会を大事にするよう努めました。

あるとき近所で年上の子と組んで遊ぶイベントがあったので、息子を誘ってみることに。
すると、

f:id:xybaby_ope_02:20211028113810p:plain

「お菓子持ってきてくれるかな?」と息子。

お菓子って?と聞くと、
「前におともだちがお兄ちゃん達からお菓子をたくさんもらってたでしょ。あれ、いいなーってずっと思ってて……」。

お兄ちゃんからお菓子を……?
それってもしかして、

f:id:xybaby_ope_02:20211028113832p:plain

あの手土産……!
なんと息子は「お兄ちゃん」が羨ましかったのではなく、「お兄ちゃんの友達が持ってくるお菓子」が羨ましかったというのです……。

あれはお家にお邪魔するときに持っていく手土産というもので、別にお兄ちゃんがいる子への捧げ物とかじゃないから!
うちだってお友達の家に行くときは持参してるし、お友達が持ってきてくれたこともあるし!

しかし小学生がお菓子を片手にぞろぞろ入ってくる様子に相当インパクトがあったらしく……。

そういうことなら……と、後日複数のお友達とお菓子持参の公園遊びを約束し、にぎやかなお菓子交換会を楽しんでもらいました。
「手土産持参の小学生たち」は召喚できませんでしたが、お友達とのお菓子持ち寄りでかなり満足したっぽいです。こんなことでよかったのか……。
「お兄ちゃんを産めなくてごめんね」と不毛に悩んだ私の時間は一体……。

と、子供の言葉に振り回されることのバカバカしさを痛感しました。
いや子供の声に耳を傾けることは大事ではありますが、真に受けなくていい場合もあるという……。

最近は時勢柄お友達とお菓子持ち寄りも気軽にできなくなってしまい可哀想にも思いますが、
たまに夫が仕事先で買ってくるちょっと珍しいお菓子を嬉しそうに頬張っているこの頃です。
結局お菓子があれば大抵のことはOKらしい。なんてチョロい息子……(と思いつつ、そんな息子をかわいいと思ってしまう私もチョロい)。