妊娠・出産・育児の情報サイト


つわり時期、とても辛かった電車通勤。3カ月の間にどれくらい仕事を休んだのか by ならおかみい

こんにちは。
2児(3歳、0歳)の母、ならおかみいです。


今回は「つわり時期にどれくらい仕事を休んだのか」お話できたらと思います。



 

長男くんを妊娠中、私は片道2時間かけて、電車に乗り職場へ通っていました。

妊娠がわかってから、日に日につらくなるつわり。私のつわりの症状は、船酔いのような気持ち悪さ、吐き気、眠気、食べつわり、鼻が敏感になり臭いがダメになる、頭痛、腰痛でした。

駅までは徒歩15分、ここまではなんとか良いのですが、電車に乗り座ってからは気持ち悪さとの戦いです。船酔いのような気持ち悪さ+電車の揺れで吐きそうになったり、隣の人の香水やタバコの匂いでさらに気持ち悪くなりました。

行きの電車は混むので人に押しつぶされそうになりながら、気持ち悪さとも戦わなければいけなかったため、通勤はとてもつらいものでした。

なんとか仕事へ行こうとしたけど、あまりに気持ち悪くて途中で引き返したこともあります。せっかく頑張って家を出て電車に乗っても、会社に着くことすらできません。顔も出さずただサボっているような気持ちにもなり、私は申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

つわりピーク月に私が会社に行ったのは7日。
ほぼ " 1ヶ月 "お休みました。
その次の月も" 半月 "お休みしました。

私のつわりは16週間(3カ月ほど)で終わりました。その3カ月の間で " 1カ月半 "お休みしていたんです。

夫からは、「そんなに休んで大丈夫なの?」と言われるほどでした。自分でも休みすぎている、どうしよう、迷惑をかけてしまってととても思っていました。

ですが、上司がとても理解のある人で仕事量を調整してくれたり、周りの人達も協力的だったため、仕事については問題ありませんでした。

仕事にでるたびに、申し訳なくて「すみません、すみません」と謝る私に上司は「助け合えば問題ない!また体調が戻ったら、頑張ればいいんだよ。今は無理する時じゃないよ!休んで正解だよ」と言ってくれたことを今でもよく覚えています。

本当に理解のある上司がいてくれたこと今でも感謝しています涙

 

つわり時期は、毎日が体調不良で、自分ではどうにもできないもどかしさもありますよね。仕事は責任があるものだからこそ、体調が悪く仕事が厳しい時は助けを求めることがとても大事なんだなとこの時とても感じました。

自分でどうにかしようとしてしまいがちだけど、それができないこともあるだからこそだと...

今、仕事をしつつ、なんとかつわりを乗り越えようと努力している方にこの経験が少しでもみなさんの役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ゼクシィBaby WEB MAGAZINEの記事

【2700人にアンケート】つわりで仕事を休んだことはある?休んだ期間はどれくらい?【2700人にアンケート】つわりで仕事を休んだことはある?休んだ期間はどれくらい?つらいつわりの症状で仕事をお休みしたいと思ったことはありませんか?だけど、つわりで休んでもよいのかな?と不安になってしまったり、なんと言ってお休みをもらったらよいのかわからなかったりと、休むことへの心理的なハードルは高め…
【医師監修】妊娠中の仕事、今までと同じ働き方で大丈夫?【医師監修】妊娠中の仕事、今までと同じ働き方で大丈夫?妊娠中も仕事を辞めずに続ける妊婦さんが増えています。そんななか、妊娠中も妊娠前と同じように働き続けられるか、体調がつらいときの仕事はどうしたらいいのか悩む人も多いでしょう。妊娠と仕事の両立について考えるとき、知っておきた…
【医師監修】働く妊婦さん、仕事中のつらいつわり、どう乗り切る? 産婦人科医がアドバイス!【医師監修】働く妊婦さん、仕事中のつらいつわり、どう乗り切る? 産婦人科医がアドバイス!吐き気、眠気、だるさなど、とにかくつらい「つわり」。おなかが目立たない時期だから職場のみんなにもわかってもらえないし、何より通勤電車で立っているのがつらい‥‥。働く妊婦さんがこの時期をどう乗り切ったらよいのか、産婦人科医…

妊娠時期別記事

【医師監修】妊娠初期(妊娠2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月)【医師監修】妊娠初期(妊娠2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月)妊娠検査薬で陽性の反応が出て、妊娠が判明します。つわりの症状も出てきてママにはつらい時期ですが、赤ちゃんはおなかの中で胎芽から胎児へと大きく変化・成長しています。…

 

 

 

 

著者:ならおかみい 
年齢:30歳
子どもの年齢:3歳、0歳6カ月

ズボラ主婦みいと丁寧夫くんと元気モンスターよーたん、ゆんゆんの4人家族。育児の悩みや何気ない日常をInstagramに投稿しています。体力いっぱいの息子たちの育児に奮闘している母の日々を赤裸々に書いていきます!

Instagram:@memememeen_mama

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。