妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠中の生活

【助産師監修】対策を知れば怖くない!出産を乗り切るコツ

出産の進み方は段階的で、陣痛は徐々に強くなっていきます。お産の進み具合に合わせた痛みの乗り切り方を知っていれば、やみくもに恐れることはありません。状況に応じた乗り切り方を知って、スムーズな出産につなげましょう。 目次 出産は乗り切り方で楽に…

33歳でスピード結婚。妊活するなら早い方がいいとはわかっている。でも… by おみき

現在妊娠中のおみきさんの初掲載記事。33歳で結婚したおみきさん。さらに子宮筋腫ももっていたため、妊活するなら早い方がいい。…と、わかってはいるものの、もう少し夫と2人で過ごす時間ももちたい。揺れ動く気持ちを夫に相談します。

苦労したけど測ってよかった!基礎体温の記録はメリットがいっぱい by つぶみ

妊活のため、基礎体温を測り始めたつぶみさん。でもグラフはガタガタに!そこでまずは「正確に測ること」を目標に、さまざまな工夫を重ねます。すると生理不順のつぶみさんでも、なんとなーく妊娠しやすい時期がみえてきたのです!

仕事と妊活の両立で心も体も落ち着かなかったあの頃。今のわたしにできることは… by こしいみほ

こんにちは、こしいみほです。 ドタバタ元気な3歳の娘とホンワカ控えめな11か月の息子がいます。成功は覚えていても失敗はすぐ忘れがちな私ですが、体験談がほんの少しでも誰かの役に立てたら嬉しいです。 >前回エピソード:そばにいない娘のために夜中に一…

夫の優しさで暗いトンネルから抜け出すも、すでに妊活カウントダウン目前! by もづこ

信頼していた編集さんから戦力外通告を受け心を病んでしまった私。 さらに悪いことは重なるもので、その後も仕事が来たと思ったら直前で他の作家さんに決まったり話自体が流れてしまったり、ボツの嵐…。 私はますます自信を無くし殻に閉じこもるように…。 前…

私の子宮は残せるの…?いよいよ迎えた子宮頸がん手術後の検査結果説明日

これまでの私は、いかにして自分に偶然子宮頸がんが判明し、気分のアップダウンを繰り返しながら手術を迎えたかを書きました。 判明編:ある日、突如宣告された「子宮頸がんの疑い」。離婚や死も覚悟した手術までの涙の日々 手術前編:子宮を諦めきれるか…決…

子宮を諦めきれるか…決心がつかないまま「子宮頸がん」の手術日に。同病の方の優しい励ましに涙…

前回私は、いかにして私に子宮頸癌が判明し、どん底の精神状態に陥ったかを書きました。 前回エピソード:ある日、突如宣告された「子宮頸がんの疑い」。離婚や死も覚悟した手術までの涙の日々 そんな中で主人の優しい言葉に救われ、毎日涙を流すうちに少し…

二度寝との戦い、起き抜けの記録、期待を裏切る測定結果…。難易度が高すぎる基礎体温測定 byユーラシア

初めまして、ユーラシアと申します。 2015年4月に男の子を出産した専業主婦です。 早速ですが、私は結婚した当初から「子供が欲しい」と思っていました。 実際に妊娠したのは結婚3年目だったのですが、 新婚当時は早く子供を授かるべく基礎体温を測ったり体…

ある日、突如宣告された「子宮頸がんの疑い」。離婚や死も覚悟した手術までの涙の日々

自慢じゃないですが、お嫁には絶対行き遅れると思っていたワタクシ。 30歳目前で迎えた自身の結婚はまさに奇跡で、主人が若かったこともあり、「赤ちゃんはもう少し先でいいよね」としばらくの二人生活を満喫していたのでした。 ところがそんなある日、突如…

妊活をスタートした二人。ある一本の電話で事態は思わぬ方向に!?~40歳で出産するまで~ by もづこ

いよいよ“妊活”をスタートさせた私達。 ネットで情報を漁りまくり、まずは妊娠しやすいからだと環境づくりから始める事にしました。 前回のエピソード:夫45歳・妻38歳。初めて妊活について真剣に考えた ~40歳で出産するまで~ 生活環境を整える―――――― もう…

つらくてもお散歩強要!?休息が許されなかった2人目妊娠。その予想外の効果とは・・・? by フクミー

前回のエピソード:上の子がママの妊娠を察知してぐずるって本当…!?私の場合 一人目の時の悪阻がそれはそれは酷く、一日寝てばかりいました。 気持ち悪いし眠いし、とにかく布団の中にいたのを覚えています。 悪阻も長引いていたので、妊娠8カ月位になる…

夫45歳・妻38歳。初めて妊活について真剣に考えた ~40歳で出産するまで~ by もづこ

避妊を徹底していたというわけでもなかったのですが、夫とは交際していた期間(約7年)もこどもができなかったのできっと自分は「できにくい体質」なんだろうなと思っていました。 私たち夫婦としては 「そのうちできるかも、できなかったら仕方がない」 と…

大好きなお酒が美味しくない!妊娠判明、本能が「飲むな」と言っていたと腑に落ちた

今って、女性でもワイン、ビール、ウイスキーを気軽に嗜む時代ですよね。 私もお酒を飲むのが大好きです。 我が家は主人も私以上にお酒を飲む人なので、毎晩酒盛り状態。 結婚当初から、夜はビールから始まり、ワイン、最後はウイスキーで締めるという生活を…