妊娠・出産・育児の情報サイト


体の不調

産後、お腹がパッカ~ン! この縦長の溝は…腹直筋離開!? by 石塚ワカメ

2人目の産後、布団でごろごろしているときに、お腹に縦長の溝を感じた石塚ワカメ(@WakameEnk)さん。そのときに、ふと思い出したのが「腹直筋離開」。調べてみると、もともと腹筋が弱い人などがなりやすいらしく…

赤ちゃんをかわいいと思っただけで子宮がギュゥゥー!3人目の後陣痛がヤバかった by ナコ

長女と次女の産後、後陣痛を経験しなかったナコ(@nfsn66)さん。そんなわけで三女出産前は後陣痛について何も考えていなかったのですが…。いざ出産してみると「後陣痛ヤバイ!」可愛いと思うだけで子宮が握りつぶされてるみたいな痛みが!!

子連れで好きな時に行きたい!その願いを叶えてくれた接骨院が最高だった! by PUKUTY(プクティ)

こんにちはPUKUTY(プクティ)です! 今回は子連れOKの接骨院へ行った時のお話です。 妊娠中から腰痛に悩まされていた私。産後は腰痛がもっと酷くなり、子どもを旦那に預けて整体へ通っていました。 関連記事: 抱っこのしすぎで腰がピンチ…。ぎっくり腰を回避…

【医師監修】出産直後に悪寒、考えられる原因と対処法をお教えします!

【医師解説記事】出産直後、急な悪寒に襲われ震えが止まらなかったというはちこさん。産後、悪寒を感じるのはどんな時か、感じた時にはどうしたらいいのか。考えられる原因や対処法について、産婦人科医の小野先生に解説していただきました。

出産を終えた夜、寒くて寒くて体の震えが止まらない!これ、何? by はちこ

はちこさんが初登場!長丁場だった出産を終えた夜、はちこさんが布団に入ると急に寒気に襲われます。今まで体験したことがないほどの悪寒で体中の震えが止まらず、ガタガタと震えながら結局、そのまま朝を迎えることに。一体これは…

鬼ですか…?「子育てえぐい!」心のなかで叫んだ最初の瞬間 by 白目みさえ

帝王切開後の傷の痛みと後陣痛が続くなか、PCAで痛みをごまかしながらなんとか出産翌日を迎えた白目みさえさん。寝てるだけでも痛くて辛いのに、「じゅ、じゅにゅう(授乳)…?」助産師さんからの鬼の提案に思わず叫んだ言葉は…!

【医師監修】帝王切開の傷痕がかゆくてみみずばれに!キレイに治すためのポイントとは

【医師解説記事】帝王切開後の傷痕に長い間苦しめられたつぶみさん。なぜ傷痕が痛んだり、かゆみがあったりしたのでしょうか?要因や同じようになりやすい人、キレイに治すための対策について産婦人科医の竹内先生に解説していただきました。

産後1ヶ月でも手放せなかった円座クッション…お尻の痛みは、出産時の尾骨骨折だった! byかめかあさん

産後の必需品と言われる円座クッションに、長い間お世話になったかめかあさん。産後1ヶ月の健診で、「まだ痛がっているのは自分だけ」ということを知り、整形外科へ。姿勢を変えるたびに激痛が走っていた理由は「尾骨骨折」だった!

産院一の爆泣き赤ちゃんでも、完徹でも無問題!産後ハイって怖い… by まきこんぶ

「この時期生まれた赤ちゃんのなかで一番」と助産師さんに太鼓判を押されるほどの爆泣きベビーだった赤ちゃん。でもまきこんぶさんは産後ハイMAXの状態だったので、常に抱っこでも、完徹でも無問題(モウマンタイ)!まったく苦にならなかったそう。

【助産師監修】【母親学級・両親学級特集】パパも知っておきたいマタニティブルーズ、産後うつのこと

~全4回の連載特集でお届けします~ 【プレパパ レッスン4】 最終回、第4回目のレッスンは産後の妻の心の変化についてです。産後の女性はホルモンの影響で感情が不安定になることもあります。ここではマタニティブルーズ、産後うつと言われる症状について説…

帝王切開後、痛みで震えていた翌日から、スタスタ歩いて退院できるまでの道のりとは・・・! by ぴまるママ

産後直後、人生でいちばんの幸せを噛み締めていたぴまるママさん。でも同時に襲ってきたのは帝王切開後の様々な痛み…。痛くて震え、トイレに怯え、痛すぎて無理!となりながらも、スタスタ歩いて退院できるようになるまでの道のりをご紹介!

全身が痛いなんて人生初。 後陣痛、筋肉痛、悪露…etc、産後の体はボロボロ! by はな@まるママ

本陣痛開始から約13時間で出産したはな@まるママさん。出産直後は赤ちゃんとの対面で幸福感に包まれました。しかし、数時間後、はじめてベッドから降りると…痛い!全身が痛い!人生ではじめての経験。さらには、産後の生活に困ったことが…

「うっぷ…」これは身に覚えのある不快感!? 産後につわりがぶり返した!と思ったら… by 育田花

産後3ヶ月が経ち、初めての女の子の育児をハイテンションで楽しんでいた育田花さん。そんなある日、船酔いのような吐き気を感じます。この身に覚えがある感じはつわりによく似てるけど、まさか産後につわりがぶり返すなんて、そんなことある!?

放っておくと家が抜け毛だらけに!産後2ヶ月頃、ピークに達した私の抜け毛… by 石塚ワカメ

ブラシをかけると「ギャッ」。お風呂に入れば排水溝が真っ黒。放っておくと家中が…。産後2ヶ月頃、石塚ワカメ(@WakameEnk)さんを悩ませていたのは抜け毛。娘さんを出産した直後からじわじわと始まっていたのですが…

保育園最後の運動会を見届けたくて…微熱がまさかの高熱に! by 石塚ワカメ

ある朝起きると、身体の節々と喉が痛いと感じた石塚ワカメ(@WakameEnk)さん。熱を測ると微熱があったのですが、息子くんの保育園最後の運動会ということもあり、家族みんなで出発。しかし体調はさらに悪化しひとりで歩けないほどに…

退院当日「我が家は落ち着くな~」と思ったのもつかの間… おっぱいがゴリッゴリ!!! by 石塚ワカメ

第二子を出産し、自宅に戻った石塚ワカメ(@WakameEnk)さん。やはり我が家が落ち着くな~とほっとしたのもつかの間、入院中から張り気味だったおっぱいがカンカンに熱をもってゴリッゴリに⁉すると手伝いに来ていたお姑さんが…

抱っこのしすぎで両手が腱鞘炎に!指の痺れに悩まされた by まる美

生後1か月を過ぎて少しずつ育児に慣れてきたある日、指先の違和感に気が付いたまる美(@babymoni_marumi)さん。なんと、抱っこのしすぎで腱鞘炎になってしまいました。日に日に症状は悪化してついには指が痺れるように…

助産師さんからの心に沁みるアドバイス。産後に無理をすると更年期に響いてくる!? by tomekko

助産師さんからのありがたいアドバイス。「今自分を大事にしないと後々いろんな弊害が出てきちゃうから…なるべく自分を休ませてあげてね」産後の無理は更年期に響くと知ったtomekko(@purpletomeko)さんが行ったのは…

ナゾの倦怠感、冷え、痒み、関節痛…。その正体はまさかのあの病気でした by マルサイ

体の冷えと倦怠感、高熱、さらに関節痛、むくみ、かゆみと次々にナゾの症状がマルサイさん( @marusai_info)を襲います。原因がわからないまま4週間ほど経ったとき、次男がかかった、現在流行中のあの病気にたどり着きます。

頻繁なオムツ替えと手洗いで産後の手荒れがひどくなった件 by トキヒロ

こんにちは、トキヒロです。 今日は手荒れについての苦い思い出を一つ…。 以前、肌荒れの話でも書きましたが元々乾燥肌だった私。 トキヒロさんの人気記事:誰か私の顔にタイムふろしきかけました!? 産後の肌荒れがひどすぎる件 by トキヒロ 娘が生まれて初…

31歳でまさかの四十肩!? 育児って本当に肉体労働だ… by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 息子が2歳になった頃のことです。ある日、なんだか右肩に違和感が。ビリビリ、ジンジンして、肩の関節がバネになったかのようで、腕を自由に動かすことが出来なくなりました。痛みはその日のうちにどんどん強くなり、食器は洗…

「新生児は3時間毎に母乳を欲しがる…」は理想!我が子はもっと頻繁に泣いて、私の体力は限界に…

​_ 赤ちゃんのお世話で睡眠不足に陥っていた頃は、おかしくなってしまいそうなほどの辛さでした。私にとって本当に抜け出せない暗黒の日々だったのです。まず、産後は家族の応援もあり、1ヶ月は安静にして過ごさせてもらいました。しかし、安静に過ごすこと…

誰か私の顔にタイムふろしきかけました!? 産後の肌荒れがひどすぎる件 by トキヒロ

どうもこんにちは、超乾燥肌のトキヒロです。冬の間は全身が粉拭いて悲惨な状態になります。 という訳で今回の体調不良は…「肌荒れ」体調不良でもなんでもないんですがある日鏡をみて衝撃を受けました…。 前回のエピソード:“産後は生理が軽くなる説”に多大…

2人目出産時にもなかった後陣痛。3人目の出産でついに体験!

出産を終えてひと安心と思いきや、人によっては後陣痛の方が辛かったなんて声を聞きます。後陣痛は誰にでもあるわけではなく、またその痛みの感じ方も人それぞれといわれているそうです。ただ初産婦よりも経産婦の方が後陣痛の痛みが強くなりやすいとのこと…

出産祝いの言葉が「腱鞘炎に気をつけてね」!? その真意がわかったのは数ヶ月後のこと by トキヒロ

こんにちは、トキヒロです。 小さい頃、おばあちゃんが「ここが痛い」「あそこが痛い」というのを聞いて 「怪我じゃないのに体痛いって不思議だなぁ」と思ったことがありましたが、今ならよく分かる... 毎日どっかしら不調。それが大人。 と言うわけで産後体…

抱っこのしすぎで腰がピンチ…。ぎっくり腰を回避すべく、腰にやさしい生活を! by トキヒロ

こんにちはトキヒロです。 産後体調不良第2弾、今回は腰痛です。 育児中のトラブルで一番メジャーな気がします。 私も例に漏れず3ヶ月を過ぎ、抱っこの時間が長くなってきた辺りから、にわかに奴がやってくる気配を感じていました。 そもそも奴との出会いは…

【医師監修】「腹直筋離開」ってどんな病気?どんな人がなる?産婦人科医の井上裕子先生に聞いてみました

「赤ちゃんを出産後、出べそになってその後痛みが出てなかなか治らなかった」というゆきさんの体験談。 ゆきさん自身が後から調べたところによると「腹直筋離開」というこの耳慣れない病気について、どんな病気なのかを立川市の井上レディースクリニック院長…

ぐじゅ?液体のような音が。産後2ヶ月たっても引っ込まない出ベソを押してみたら‥ by ゆき

妊娠中、出べそになりました。 三人産みましたが、三回とも出べそになり、上の子達の時は産後勝手に引っ込んでいます。 第三子妊娠中も、周りが驚くほど出べそでしたが、産後はまた引っ込むと信じて、全く気にしていませんでした。 前回エピソード:自分が自…

産後の貧血で生まれた娘とも会えないまま…またもや寝たきりだった私 by トキヒロ

これまで切迫流早産での入院に焦点を当てて書かせていただきましたが 今回から産後の体調変化について書かせて頂こうと思います。 前回のエピソード:長期入院のお金はいくらかかる? 保険に入っておけばと後悔した話 by トキヒロ 何でこのテーマかって言う…

経産婦は後陣痛がつらいのは本当だった。私が実践した痛みを和らげる方法

無事に2人目の出産を終え、やれやれと思っていたころ。下腹部あたりが不規則に痛み始めました。1人目の出産後は感じなかった痛みです。先輩ママが「経産婦は後陣痛がつらいからね」と言っていたことをふと思い出しました。これがうわさの後陣痛なのか! お医…

「やれば出来る」キネ指導のハードなトレーニングを乗り越えて、三女の産後は腰痛が軽減 byさとえみ

…トレーニングはかなりつらいものだった。毎回行くたびに痛めつけられて帰ってくるを繰り返した。私は腹筋うんぬん言う前にカラダ全体の筋力がないということを丁寧に思い知らされながら、後悔と苦痛で悲鳴をあげていた。 前回エピソード:おなかに指がズブ…

産後にびっくり!子宮がうっかり「コンニチワ!」安産体質&産後ハイで動きすぎちゃった…!?  by グラハム子 

こんにちは!足の爪の垢の匂いをつい嗅いでしまうグラハム子です。そんな私は自他共に認めるスーパー安産体質です。 前回エピソード:ぐずる娘は異常あり…?説明もスルーされ要再検査とされた健診。どうすれば良かったの? by グラハム子 もともと体力だけは…

おなかに指がズブッ! 運動不足の我が人生──産後、割れた腹筋が元に戻らず腰痛の原因に! by さとえみ

さらに驚きは続く。私は前回の話の流れから、股関節が広がったのが原因で腰も痛いのだと思っていた。 前回エピソード:足の付け根の痛み、つま先の痺れ…妊娠で伸びた靭帯が原因だった!? 運命のキネの指摘に驚愕 by さとえみ というか、妊娠中あれだけ大きな…

腰痛が回復せぬまま、2歳差姉妹育児に突入!…心も身体も余裕のない日々に帰国も検討  by さとえみ

理想通りのマッサージが受けられないまま月日は流れ、次女が誕生した。 前回エピソード:なかなか癒えぬ産後の腰痛、なかなか出会えぬ運命の“キネ”。次に現れたキネジストは…KI(気)!? by さとえみ めでたいのはめでたいのだが、2歳差育児の大変さにパニッ…

なかなか癒えぬ産後の腰痛、なかなか出会えぬ運命の“キネ”。次に現れたキネジストは…KI(気)!? by さとえみ

2番目に出会ったのが、当時夫婦で経営していたお店の向かいにあるキネジセラピストのお店。お店といっても若いキネジスト達がグループで場所を借りている感じであった。近くて通いやすそうという理由で行ってみたお店だが、そこでさとうは「一言でキネジセラ…

産後の辛い腰痛を癒すべく訪れた“キネ”。しかし、そこにいたのは…筋トレマン!by さとえみ

日本でもあるマッサージや整体のような補助医療はベルギーおよびヨーロッパでも盛んに活用されています。いろいろ専門分野はあるものの、総じて「キネジセラピスト」「キネジスト」と呼ばれ、略して「キネ」と言ったりします。 前回エピソード:臨月に感じた…

臨月に感じた左足付け根の違和感が出産しても消えない…耐えられないこの痛み、どうしたらいい!?  by さとえみ

私の股関節痛との付き合いは、約8年前にさかのぼります。 長女を妊娠中から生まれてしばらくするまで、私はベルギーの「古い小さな市役所を改装したアパート」の3階に住んでいました。 前回エピソード:譲り、譲られ、素敵な日本!私の行ってきた小さな小さ…

命の危険を感じるほど痛い!! 産褥期の私を襲った激痛の原因は、まさかの〇〇〇ガマンだった by マルサイ

前回エピソード:「冬眠ごっこ」で5分間爆睡!? 工夫満載!産後母&3歳児との濃密な家遊び、あれこれ by マルサイ 菌に強く無駄に丈夫な身体を持つ私ですが、一度だけ生命の危機を感じた出来事があります。 それは産後12日目のこと。 朝から下腹部の鈍痛が…

ママが乳がんになってしまった!発達障害を持つ小学生の子どもたちに、なんて話そう? by なないお

前回のエピソード:多目的トイレの悲惨な思い出。イヤイヤは「言い換え」で乗り切ろう! by なないお ちょうど一年前、乳がんであると告げられました。 以前から小さなしこりがあり経過をみていたのですが、問題はないということで数年間検診もせず、ある日…

出産後2週間で体重が元よりマイナスに。生真面目になりすぎた産後

初産で両家にとって初孫だったこともあり、長男が生まれてすぐから「しっかり育てなきゃ」とかなりのプレッシャーを感じていた私。 息子が4歳になった今もそのプレッシャーはありますが、だいぶ肩の力の抜けた生活を送れている今では、産後の私にアドバイス…

進行してからの発見は、口惜しい。乳がんは早期発見がカギだからこそ検診が大切! by シェリーカトウ

乳がんを年イチの健康診断で見つけてもらって、手術退院後は3ヶ月〜に1回のペースで乳腺外科を検診診察。 ただそれは乳がんの予後を見るのがメインなので、他の健康チェックのため、変わらず年イチ健康診断は行ってます。 前回のエピソード:手術してがんを…

手術してがんを摘出しても終わりじゃない!5年、10年生存率に揺れる心 by シェリーカトウ

前回のエピソード:いざ、乳がん手術&乳房再建!感動の再会は嘔吐、そして陣痛並みの激痛の長い夜 乳がんの手術で入院して知ったことはいくつもあるけど、手術してがんを取っても、摘出したがんを分析した病理結果が出ないとどれくらい進んでるかが判明しな…

いざ、乳がん手術&乳房再建!感動の再会は嘔吐、そして陣痛並みの激痛の長い夜 by シェリーカトウ

乳がんと分かり、しかも検査の結果、乳房部分摘出じゃなくて全摘出です、となった時のこと。 かかっていた先生が「形成外科と連動して乳がんの全摘手術の後そのまま再建手術もできますよ」と提案してくれてくれました。 前回のエピソード:私、乳がんでした…

私、乳がんでした。きっつい組織検査から告知までの、心中ジェットコースターの日々 by シェリーカトウ

前回のエピソード:それって乳がん?乳腺症で再検査、初めてのマンモグラフィーの痛さは… 健康診断で乳腺症の疑いあり、 要再検査E判定をもらい再検査のため病院へ。 乳がん検査といえばマンモグラフィがよく取り上げられるけど、疑わしい組織を直接採って調…

それって乳がん?乳腺症で再検査、初めてのマンモグラフィーの痛さは… by シェリーカトウ

年に一回の健康診断はずっと受けていたけど、正直「はい!これから1年、次の検診まで大丈夫!」のパスをもらうためで、病気が見つかるとか、体質改善命令とか、何かNGなことが来るなんて、ぜ〜んぜん思ってなかった。 ずっとオールAだったし、 検診結果にお…

【医師監修】授乳中に薬を服用するのはNG?風邪を引いたらどうすれば・・・?産婦人科医、きゅー先生に伺いました

授乳中に薬を服用するのはNGというイメージを持たれている方が多いと思います。 実際に、内科を受診して薬を処方してもらえなかったケースもあるようですが、そもそも、薬を飲んだママの母乳は、赤ちゃんへどう影響するのでしょうか。 授乳期間中も薬はたい…

行く科によって指示が違うから悩ましい!授乳中の服薬について助産師さんに言われたこと by 眉屋まゆこ

出産後、授乳中の薬の服用について助産師さんから説明を受けました。 前回のエピソード:新生児期は家事ができなくて当然!人類の歴史に見る、納得の理由とは? 感染症の場合は、産婦人科に直接行くのはまずいので、電話で薬の名称を伝えて相談するよう指示…

一日中抱っこ、抱っこ、抱っこで母倒れる。地獄から抜け出すために決意したこと byきのかんち

◆オマケ◆ >>>次回のエピソード:私以外の抱っこは完全拒絶。でも、育児は2人でするものだし!パパ抱っこをスパルタ特訓 第1話:2人目って楽なんじゃないの…? 泣かずに叫ぶ赤ちゃんに疲労困憊!byきのかんち 著者:きのかんち年齢:34歳子どもの年齢:…

出産直後、母性が大暴走して母マシーンと化したわたし。ぶっ倒れて気づいた産褥期の意味…byうだひろえ

今回は、いつもお送りしている「第二子の妊娠出産エピソード」ではなく、第一子の出産後、母性が大暴走してぶっ倒れたお話です。 前回エピソード:第二子の産後、冷静すぎる頭をよぎった不安…。「私、この子をかわいいと思える?」 byうだひろえ 初めての妊…

ママは慢性疲労!その原因は、乳幼児に合わせた「おしゃべり」と「とっさの動き」だった!? by チカ母

声を出すというのは自分で思っている以上に体力を使うようです。 前回のエピソード:急がば回れ!子どもの要求をいったん受け止めることの大切さ 自分ではそこまで話している気はしていなかったのですが、意識してみると… さらには、聞き取りやすいようにと…