妊娠・出産・育児の情報サイト


人付き合い

急に届いた差出人不明のうさぎのぬいぐるみ。大騒動の末の結末は… by ハナウタ

ある日ハナウタさんのもとに、うさぎのぬいぐるみが届きます。差出人は不明。注文した覚えもないので、いろいろな憶測が頭をよぎります。とりあえず配送会社に問い合わせしたところ、「差出人については教えられません」と言われます。でも…。

ママ友づくりの極意は…子ども同士の仲が良いこと+「鉄の掟」を守ること! by まぼ

ママ友という存在に恐怖を抱いていたまぼさん。でも友人の話を聞いて「子ども同士で仲がいいママと友達になってみるのはいいかも」と感じるようになります。さっそく勇気を振り絞って声をかけてみると、楽しい世界が広がっていたのです。

嘘でもいいから先生を褒める!園を好きになってもらうためにやったこと by チーコ

入園した幼稚園があわなくて療育園に転園したチーコさんの息子くん。新しい園でうまくやっていけるように、チーコさんが試したのは「嘘でもいいから先生を褒めること」。園を信頼して、とにかく毎日先生の事を褒めちぎっていたら…。

場所によって雰囲気も集まる人もさまざま。居心地のいい支援センターを探して… by あひる

赤ちゃんがハイハイをはじめて、行動範囲が広がってきたので、市内の支援センターに行ってみることにしたあひるさん。でも最初に訪れたところは、人気のこども園併設だったため、その園に入れたいと思って通っているママばかり。居心地が悪くなり…。

ママ友って怖いもの?人付き合いが苦手な妊婦は「ママ友」がプレッシャーワードに by tomekko

昔から人付き合いが得意ではなかったtomekko(@purpletomeko)さん。初めての妊娠中、母親の行動や性格が子どもに影響すると思い込み、ひたすら焦る日々。さらに「ママ友地獄」なんて言葉を知ってプレッシャーだったけれど…

生後1カ月でのお食事会。泣き止まない娘と私にかけてもらった言葉 by あひる

あひるさんは娘さんが生後1カ月の頃、お祝いを兼ねて実家近くの小料理屋さんで両親・義母とともに食事をすることになります。初めは順番に娘さんを抱っこしながら食事をしていたのですが、だんだん雲行きが怪しくなり泣き止んでくれなくなり…。

「男の子は大変だけど女の子は楽よ」にモヤモヤ。思い切って気持ちを伝えてみたら… by いくたはな

子ども4人を連れて歩くとたくさんの人から声をかけられるいくたはなさん。末っ子が女の子だとわかると「男の子は大変だけど、女の子は楽よ」と言われるのですが、男女の育てやすさの違いにピンとこず…。思い切ってそのことをお話ししてみると…?

あの時の義母のような「先輩ママ」になりたい!義母がヒーローに見えた日 by ぴよととなつき  

ぴよととなつきさん(@naxkiiii)はお義母さんに色々と助けてもらっているそう。子育てで同じ苦労をしてきた「先輩ママ」は時に夫より早く動き、華麗にサポート!ある日の外食先でも真似したい!と思うような動きを見せてくれたそう。

社交的な娘が、母の人見知りを克服させてくれた! by ぴまるママ

昔から人見知りだったというぴまるママさん。娘には社交的になって欲しいから、自分が人見知りを克服してお手本を見せなくては!と思っていたそう。だけど、支援センターなどでも緊張してうまくいかず。結局、人見知りを克服させてくれたのは…。

タメ口になるタイミングって⁉ なとなく先輩ママ友に気後れ byユーラシア

幼稚園入園前、息子くんが楽しく過ごせるかだけでなく、自身のママ友付き合いも不安に思っていたユーラシア(@yuh_rasia)さん。初めての保護者会では、みんな初対面だと思っていたら、自己紹介もしてないのに親しげに話すママ達がいて…

年上の先輩ママがグイグイ近づいてきてビックリ。でも今ならわかる、あの時のママの気持ち by もちほ。

1人目の子が1歳の頃、保育園で年上とおぼしき先輩ママがぐいぐいと話しかけてきて戸惑ったことがある「もちほ。」さん。その時はわからなかったのですが、3人目を育てている今、あの先輩ママの気持ちがなんとなくわかるのです…。

ママ友を作るのが怖かったのに…!初ママ友ができたきっかけ by mito

ハブられたり、カーストがあったりするのでは…。ドラマの影響からママ友のイメージが怖くて、産前はママ友づくりにポジティブになれなかったmitoさん。でもそんな不安はよそに、出産翌々日にはさっそくママ友ができたのです。きっかけは?

第二子出産直後、三児のママから言われた身の毛もよだつクソバイス by 野原のん

第二子の出産を終え、産院で体を休めていた野原のんさん(@non4nohara)。そこへご主人が職場の先輩の奥さんから聞いたというアドバイスを伝えます。もはや「クソバイス」ということしか理解できなかったというアドバイスとは?

「二児のママに見えないですね~」…って!! その営業トークは逆に辛いんです!涙 by imo-nak

美容院や服屋さんで言われる「ママにみえないですね~」といった、いわゆる鉄板営業トーク。でもそれ、気遣いオーラが溢れていて逆に申し訳なさしか感じない! そんなimo-nakさんが今、言われてうれしい言葉を考えてみました。

意識が高いママたちにドキドキ! by 笹吉

産後すぐ、市が主催するママ向けのイベントに参加した笹吉(@sasakichidiary)さん。会自体とてもよく、連絡を取り合うママ友もできたのですが、情報交換になった時にみんなの意識の高さにびっくりして、圧倒されてしまったそう。

人見知り&コミュ障母の“ママ友づきあい”歴代記 by imo-nak

極度の人見知りでコミュ力に自信がないというimo-nakさんが、0歳代~幼稚園の頃までのママ友づきあい歴代記を語ってくれました。「何歳ですか~?」のやりとりからの沈黙や幼稚園期の乗り切り方など、“あるある”が満載⁉

幼稚園のクラス連絡網としてLINEグループを活用。トラブル防止のために決めたルールは… by ぴよととなつき

幼稚園からの連絡をまわしたり、親睦会の企画などをするクラス幹事を引き受けたぴよととなつきさん(@naxkiiii)。効率化をはかるためにクラスでLINEグループを作ったのですが、トラブル防止のために事前に決めておいたルールとは?

ママ友って素晴らしい!引っ越し前と後で変わった私の考え方 byゆむい

長男くんの幼稚園時代は特に親しいママ友がいなかったゆむい(@yumuihpa)さん。ご主人の転勤に合わせて引っ越しをし、弟くんが幼稚園にバス通園をすることになり、そこで転機が訪れました。同じバス停のお母さん方と親しくなり…

懇談会に茶話会、お母さん同士の集まりに緊張がやわらいだ、末っ子の話 by とけいまわり

子どものクラスの懇談会などが憂鬱だったとけいまわり(@ajitukenorikiti)さん。会話に入れず「何で私は毎回浮いてしまうんだろう…」と自己反省モード。それが今年の茶話会は末っ子直伝のコツのおかげでしんどくなかったそう!

我が子が褒められたら、事実を話して返す。これで“ザマス心”と“ス○ちゃま心”も納得! by うだひろえ

我が子が褒められたとき、嬉しくてつい出そうになる、「当然ざま~す」の“ザマス”心。その気持ちを抑えるためにうだひろえさん(@hiroeuda)が心がけているのは、事実のみを話す返し方。これで子どもたちの“ス○ちゃま”化も抑えられる!?

入学前説明会で孤立! ママ友がいない私を救ってくれたのは… byイシゲスズコ

長男の小学校入学前説明会。周りのお母さんたちは知り合い同士でまとまって座ったり、内容について小声で話したり…。情報共有するママ友がおらず、不安でいっぱいだったイシゲスズコ(@suminotiger)さんでしたが…。

爽やか高スペックなママ達が初めて家に遊びに来る!コミュ障の私はそわそわが止まらない… by imo-nak

初めて子どもの友達とママ達が自宅に遊びにくることになったimo-nakさん。おしゃれできれいな家に住む高スペックママ達に対し、自分はコミュ障でずぼらで家はごちゃついてて…。そわそわと緊張しながら迎えた当日、どうだった?

同じ月齢の子がいるママ友がほしい!一歩踏み出せずにいたらナンパされた話 by まる美

初めての妊娠でわからないことだらけだったまる美(@babymoni_marumi)さん。気軽に情報交換ができるような同じ月齢の子がいるママ友が欲しいと思っていました。でも母親教室でも産院でも声をかけるタイミングが見つからなくて…

「年賀状に子どもの写真って配慮が足りない?」友人に聞いてみたら… byイシゲスズコ

「年賀状に子どもの写真ってどう思う?配慮が足りない?」子どもが生まれた最初の年末、年賀状のデザインに悩んでいたイシゲスズコ (@suminotiger)さん。思い切って子どもがいない友人に聞いてみたところ、かえってきたのは…。

赤ちゃんの泣き声で迷惑をかけてしまう…不安を抱えたままご近所へ挨拶に行くと… by まる美

こんにちは、1児のママのまる美です。 超心配性な私は「赤ちゃんの泣き声がご近所迷惑になってしまうかも」と思い、自分の安心材料として防音室をレンタルしようとしていました。 前回の記事:ベビールームとして防音室をレンタル!? 楽器屋さんに見学に行っ…

『微妙な距離のママさんと挨拶すべきか否か』問題をクリアして、送迎も気持ち良く♪ by グラハム子

こんにちは! 毎日の自転車送迎で順調にガングロ化しているグラハム子です。 さて突然ですが、皆さんは『微妙な距離のママさん』っていますか? 私にはいます。例えば、以前何かの機会で1度だけ話した事があるけど同じクラスではないママさんとか、去年役員…

会話の輪にうまく入れないとき。組み合わせの問題、と考えてみる by とけいまわり

小学校から次女が帰って来ると、浮かない顔をしていました。 「どうしたん」と聞くと、「お友達と3人で帰ってきたんだけど、そのうちの2人で盛り上がったりして、そこに入れなくて一緒に歩いてるのつまんなかった」と。 ああ、それは私も経験がある…3人でい…

ひとりで穴を掘る娘と、ママ友がいない私の“ちょうどよさ” by とけいまわり

長女が小さい頃、保育園のお迎えに行くと、一人で地面に穴を掘っているのをよく見ました。 周りの子ども達が手をつないで走り回っていたり、一緒に滑り台で遊んだりしている声が聞こえると、長女が今どんな気持ちで穴を掘っているのかと思い、胸がキューっと…

テレビで見た「ママ友カースト」に怯えていたあの頃。公園デビューの結果は…!? by トキヒロ

公園デビューって言葉が流行ったのはいつ頃でしょうか? お昼のワイドショーで語られる公園を仕切るボスママやママ友カーストのエピソードに恐怖したのを覚えています。 ただ当時は子供を産むなんてまだ先の事だと考えてたのでどこか他人事でした。 前回のエ…

コミュ力ゼロだけど、とうとう一歩踏み…出した? 初ママ友の顛末 by トキヒロ

前回のエピソード:夫いわく「センスが死んでる」…。子育て支援センターで話しかけたくなるママの服装って?by トキヒロ 知り合って間もなく、初めてのママ友さんからこんな一言が… 「今度うちに遊びに来ない?」 すごく嬉しかったんですが同時に滅茶苦茶驚…

些細な一言がモヤっとの原因に! 『余計なことは言わない』がママ友関係を円満にする秘訣 by グラハム子

こんにちは! 最近鼻くその量が増えた気がするグラハム子です。そんな私の可愛い娘、この春から幼稚園の2歳児クラスに入園することになりました。 (うちの幼稚園には年少の下に2歳児クラスがあります。最近このような園が増えているみたいですね。) >関連…

遊び場で一緒になったママさんと何を話せばいいかわからない…そんな時の会話の取っ掛かり by こたき

こんにちは、こたきです。 先日こちらのママ友に関するコラムを読んで「超共感!!!」と首を縦に振りまくりました。 ママ友の一人も作れないなんて。空回り、焦り、妄想…そしてやっと気付いた、“適度な関係” by ユーラシア 私も支援センターで空回ったり、…

ママ同士、何を話すのが『正解』なの? 乳児期のママ付き合いが苦手だったけど… by うだひろえ

「ママづきあい」っていうと、ちょっと身構えてしまう私。 いいイメージも悪いイメージもあるけど……正直、ちょっと怖いな、と思っていました。 それでも、第一子妊娠中は、「ママ友を作ろう!」と張り切ったりしました。 産院のプレママ会で交流したママさん…

自分の育児で役立ったもの、欲しかったものをプレゼントに♪ 私の<出産祝い>4選 by モチコ

友達や親戚に赤ちゃんが生まれ、とっても嬉しい反面、未だに悩むのが出産祝い。まず本人にリクエストを聞いてそれを贈るようにはするのですが、「何でもいいよ〜」だったり、数人で渡すのに少ない値段のものをリクエストされたりすると、自分で選ぶことに…!…

引越し1年目で町内会役員に! 妊娠中で大変だったけど、それ以上に得られた大切なもの by ゆむい

我が家は転勤族で、長男が生後1ヶ月の時に引っ越しをしました。縁もゆかりもない土地で、最初の一年は完全なるワンオペ育児。とにかく孤独な日々でした。暗い気持ちで1年が経とうとした頃、ある転機が訪れます。 前回エピソード:最寄り駅まで徒歩40分!?……

ママ友の一人も作れないなんて。空回り、焦り、妄想…そしてやっと気付いた、“適度な関係” by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 今や「ママ友」という言葉、聞かない日はないと言っても過言ではないくらい メディアに溢れています。私は元々人付き合いが苦手で、友達もそれほど多くないことから、 「ママ友が作れるかどうか問題」は出産前から不安の種でし…

人を自宅に呼んで、家の風通しをよくする。孤育て経験から学んだ「ドアを開ける」ことの大切さ by ムーチョ

「孤育て」を避ける うちの娘がまだ小さかった頃、僕は典型的は「孤育て」、“孤独な子育て”をしていました。 世話をするので精一杯でしたし、特に誰かを呼ぶ必要も感じなかったので毎日毎日娘と二人きり。はじめはなんとかなっていたのですが、それが長期間…

同じ“子をもつ親”でも考え方は人それぞれ。投げ癖で気づかされた児童館でのある出来事 by ナナハル

私は人見知りですが、あまりの(育児の)孤独感と情報欲しさに生後2か月から児童館に通い始めました。 関連エピソード:あれ、みんなキラキラしてる…!? 予想外の雰囲気で一歩も動けなかった、児童館デビュー by ナナハル 話上手でもないし、ほとんどのママ…

子どもたちからもらったギフト。“箱入り”だった私が子育てを通して出会った素敵な人々♪ by tomekko

こんにちは。tomekkoです。 ワタシは普段Instagramで子育て絵日記を投稿しているんですが、始めて早一年。やってて良かったな~と思うことが山ほどあります。 前回エピソード:オムイチでバンボに座らせチョキチョキ。パパママ協力プレイで仕上げる我が家の…

ワーママと専業ママの垣根は必要? 私の身近にいる、尊敬できるとてもステキな専業ママ by ハラユキ

育児をしていて出会ういろんな人々、面白い人やむかついた人などを紹介してきましたが、今回は私がとてもお世話になったご近所の先輩ママについてです。 前回エピソード:なんでもかんでも 、愛情不足が原因!? “愛”のないアドバイスに耳を貸す必要なし! b…

「ママ友作りに焦る必要なんてなかった」と気づいた矢先の転勤! でも…きっと大丈夫。by志乃

この春から、主人の転勤が決まり、年長の娘を連れて、仙台から東京へ引っ越して来ました。 前回のエピソード:流産のつらさを救ってくれたのは、同じ経験者の「共感」でした by志乃 子連れでの引っ越しは、これで二度目。前回は、イヤイヤ期真っ最中でした。…

勝負服に身を包み、心のシャッターを開けて、いざゆかん!空回りした児童館デビューのリベンジ戦 by ナナハル

前回児童館デビュー!といき込んで行ったものの、喋れず動けないまま終わってしまった続きです。 前回エピソード:あれ、みんなキラキラしてる…!? 予想外の雰囲気で一歩も動けなかった、児童館デビュー by ナナハル 私、実は幼い頃に「デビュー」に失敗した…

ママ友たちと合同で1歳の誕生日会!それぞれの得意分野発揮でチームワークの良さに感服! by ぐっちぃ

こまめのまめが1歳になろうとしている頃、2つのグループから「誕生会をやりましょう」とお誘いがきたんです。 前回のエピソード:すさまじい量の荷物、真夜中の嘔吐…!てんやわんやの双子連れ大所帯旅行 by ぐっちぃ 最初は同じ病院で生まれた12月生まれのお…

「◯人目つくらないの?」「産みなよ!」という言葉に無神経だな~と思うとき by カワハラユキコ

育児をめぐるいろんな人々。これまで他人にされたり言われたことでいやなこと、嬉しかったこと、興味深かったことなどを描いてきましたが、今回は同じ子育て中のママに言われてイラッとしたエピソードについてです。 前回のエピソード:幸せな記憶をありがと…

「旦那さんお盛んなのね☆」って言われても…!3兄弟母の悩み by 育田花

はじめまして、育田花と申します。2016年に待望の3人目を出産いたしました、3人の男の子を育てております。優しくおっとりな長男、イヤイヤ期真っ只中の次男、どっしりとした三男。三者三様で日々があっという間です。 ところで三兄弟を連れて買い物に行くの…

ママ友付き合いなんて…と思っていたけれど。コミュ障な母の反省と気づき by そめた

お友達の輪に入りたいのに、もじもじして入れない、そまの姿を目撃してしまいました。 そまは全然物怖じするタイプでもなければ、人見知りもないと思っていただけにびっくり! そんな話をばあば(私の実母)にしたところ… 私が「ママ友付き合いが苦手」。 そ…

捨て変態はどうしてる?なんとなく捨てがたい、もらった年賀状との付き合い方 by ゆるりまい

前回のエピソード:子ども服は1シーズン3セットあればOK!私がその境地に至った理由 皆さんはもらった年賀状ってどうしてますか? この前友人とそんな話になって聞いてみたところ、もらった年賀状はその年ごとに束にして輪ゴムでくくってなんとなく保管する…

親バカ万歳!育児疲れで疲弊した私を奮い立たせる「親バカ」ホルモン by 横峰沙弥香

こんにちは、横峰沙弥香です。 突然ですがわたくし「親バカ万歳」を信条としています。 正直に申しますと、どれだけ言葉で取り繕おうが育児は大変なことの方が多いです。 可愛い顔して私の体力と睡眠時間をダイナミックに削ってくる我が子との日々は色々とぎ…

テーブルの上のものを触りまくる大勢の双子たち…。まさにカオス!壮絶な双子ママランチ会 by ぐっちぃ

こまめとのまめが絶賛「テーブルの上のものを片っ端からいじる」期間のとき、同じ双子のママさんから「一緒にランチしよう」と誘われました。 前回エピソード:大人はベビーサークルのなかで食事!? モンスター期の双子との食事事情 by ぐっちぃ 声をかける双…

「リアル」は伝えたい!でも…。妊娠・出産・育児経験者が、ママ予備軍に伝えられること by カワハラユキコ

前回のつづきです。将来ママになるかもしれない女性との会話が、その女性になんらかの影響を与えることもあるのかもしれないな~と思ったという話、また別の女性の話であります。 前回のエピソード:「なに?子ども嫌いなの?」ガン見してきた未婚女子と話し…