妊娠・出産・育児の情報サイト


産後・育児中の夫婦

察してもらうでもなく、 我慢するでもなく…夫の育児協力が見込めない時の “仮”対抗処置 by ゆむい

夫の育児参加が話題になっている昨今ですが、実際のところ、どうでしょうか。我が家の場合、産まれた直後は1時間に何回オムツ替えるんだよ!?というくらいにお世話に励んでいた夫ですが、離乳食が始まったあたりからオムツ替えを避けるようになりました。 …

[劔樹人さん&犬山紙子さん夫婦対談 第2回目]保活なんて焼け石に水!認可保育園全落ちで知ったリアル…。

2014年に結婚、2017年1月に女の子を出産した犬山紙子さんと劔樹人さん。今年6月には、「私、子ども欲しいかもしれない。妊娠・出産・育児の〝どうしよう〟をとことん考えてみました」(平凡社)、「今日も妻のくつ下は-片方ない-妻のほうが稼ぐので僕が主…

[劔樹人さん&犬山紙子さん夫婦対談 第1回目]「育児をしてみて、どうですか?」フリーランス夫婦、ツーオペ育児の悲喜交々

2014年に結婚、2017年1月に女の子を出産した犬山紙子さんと劔樹人さん。今年6月には、「私、子ども欲しいかもしれない。妊娠・出産・育児の〝どうしよう〟をとことん考えてみました」(平凡社)、「今日も妻のくつ下は-片方ない-妻のほうが稼ぐので僕が主…

「…ええい、離婚だ離婚!」整理できない不満、気持ちの余裕ゼロ…まさかの離婚危機に!? byユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。 里帰りを終え、0歳育児まっただ中の頃。私と夫は離婚危機に直面していました。言い出したのは私。理由は、夫が私の生活の変化にあまり気付いていなかった(少なくともそう見えた)ことです。 前回エピソード:気分は24時間待機…

忙しいときの子どもたちからの「ママ」コール。呼ばれてなくても、夫に動いてもらう方法 by 園田花ヨウ

前回エピソード:産後うつに気づかなかった私。「妻が変わった」と感じているパパにお願いしたいこと by 園田花ヨウ 夫がいる日(休日か早く帰ってきた日)の夕方ごろの話ですがこの時間帯ってなかなか忙しくて「夕飯の準備しないと、あれしないとこれしない…

二人目育児が始まって早々にキャパオーバーを宣言。すると…文句を言っていた夫が変わった! by あね子

こんにちは。あね子です。 前回エピソード:「お姉ちゃんだから」を理由にしない!──きょうだい育児で上の子に気を付けている3つのこと by あね子 1人目育児のとき、うちはダンナ→仕事私→家事・育児と完全分業制でした。 専業主婦だったため、「子どものお…

褒めておだてて戦力にする予定が…。お義母ちゃん、新米パパを潰して帰るの巻 by まきりえこ

前回エピソード:少食のお義母さんが作る産後ご飯が少なすぎて、ひもじい~!実母に緊急ヘルプ要請 by まきりえこ 新米パパ教育、初動が大事ですよね! パパが育児で使い物になるかどうか、ママのいい相棒になるかどうか、滑り出しにかかってると言っても過…

居眠り中でも娘の攻撃をかわし、余裕がなくても弱音は吐かない。そんな夫の特技とは by カフカヤマモト

こんにちはカフカヤマモトです。 平凡な家族(我が家)の日常を描いた著書『家族ほど笑えるものはない』から、選りすぐりのシーンを紹介しています。 今回は、家事も子育てもそつなくこなす、同い年の夫編です。 関連記事:「何やっとんねん!」雨粒と戦い、…

「わたしはあなたのママじゃない!」我が家ではお互いをあだ名で呼んでます by斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。 前回のエピソード:片付けては引っ張り出され…エンドレスお片付けにうんざり!親の気持ちが楽になる発想の転換 子どもが生まれると、お互いの呼び方が「ママ」「パパ」「お母さん」「お父さん」みたいに、子ども視点のもになり…

私「育児グッズが欲しい」、夫「いらんやろ」と即却下。モヤモヤが溜まった私が夫に送った反撃メール by 園田花ヨウ

前回エピソード:子どもの好き嫌いが多い=ダメなママ?子どもの味覚について思うこと by 園田花ヨウ 私に必要だったのは、思っていることを夫に冷静に伝える事でした。 子供が生まれるという事はどんどん先々でお金が必要になるので節約はもちろん我が家に…

自分都合で動ける夫とそれができない私。育児ストレスの元凶はこれだ! byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 今日は「育児で一番辛いことってなに?」というお話。 前回のエピソード:「大人になってから甘えるための練習だよ」長男の言葉で気づかされたこと by イシゲスズコ 「育児で一番辛いことは?」 私の中での一番辛いことって…

菩薩夫に感謝!辛口カレーに胡椒たっぷりラーメン…自分の好きなものが食べられる幸せ by 木下きこ

たまの外食は自分の好きなものが食べたいですよね〜! が、娘に取り分けしなくてはならない時はそうも言ってられません。 そんな時、夫が自然と娘の取り分け係を担当してくれると本当に嬉しいのです! これで私はスパイスのきいたカレーや、胡椒とニンニクた…

夢から遠ざかっても…。パパがエロ漫画を描きはじめた日  by 丸本チンタ

夫は20代の頃から漫画を描いていました。 ところが、10年ぐらいお世話になった雑誌で作品を使ってもらえなくなってしまいました。 娘を授かったのは、そんなとき。 新たに漫画を使ってくれそうな出版社を探しましたが、そう簡単にはいかず。 私も産休と育…

まぶしい!うるさい!赤ちゃんの生活リズムを乱す、サッカーおたくの夫に苦悩した数ヶ月 by ぐっちぃ

子どもたちの月齢があがってくると、だんだん昼夜の認識が芽生えてきて、夜もまとまった睡眠がとれるようになってきました。生活リズムを作る時期です。 前回のエピソード:「双子の子守り」vs「妻の買い物に付き合う」、出不精な夫に究極の選択を迫った結果…

「双子の子守り」vs「妻の買い物に付き合う」、出不精な夫に究極の選択を迫った結果… by ぐっちぃ

以前「早朝家出」をした話を書きましたが、ほんのわずかな時間でも「ひとりの時間」があると思った以上に心がスッキリすることが分かりました。 関連記事:「私は一体いつ休めばいいのか…」思い立って早朝に家出した時のこと で、子どもたちがそこそこ自分た…

楽だけど、それだけじゃなかった。訳アリの“完全ツーオペ”育児 by 丸本チンタ

出産後はしばらく実家のある富山で過ごし、2ヶ月半が過ぎた頃、夫のいる大阪に戻りました。 前回のエピソード:娘との初対面、そして初抱っこ。感動…と思いきや、数秒で「返す」!? 突然の赤ちゃんとの生活に最初は戸惑った夫でしたが、もともとインドアで…

少し凝った料理を作るといつも失敗。それでもモチベーションを保てる3つの理由 by いそめしちかこ

こんにちは、少し凝った料理を作ろうとするといつも失敗するいそめしちかこです。 離乳食であった失敗を報告してきたこちらの連載ですが、今回で最終回となりました。 1年間という長いようで短い期間ですが、応援いただいた皆さまありがとうございました。 …

[優木まおみさんインタビュー]この冬、第2子を出産予定。家事・育児の役割分担。夫婦でうまく乗り切るコツは?

----第2子のご懐妊おめでとうございます。 まずは、妊娠が分かった時のお気持ちをお聞かせください。 2人目が欲しいと思ってから、しばらくしてからの妊娠でした。妊娠が分かった時はもちろんすごくうれしかったのですが、同時に保育園入園のタイミングに…

役割分担しないと終わらない!働きっぱなし!奥ゆかしい妻が鬼軍曹と化した理由 by あね子

こんにちは!あね子です。 前回のエピソード:一生恨む…!生後6ヶ月で妻子を置いて友達と海外旅行…ひどかったダンナの成長 by あね子 旦那さんが家事を手伝ってくれたら、もっと時間を有効に使えるのに!!って思ったこと、ありません? あるでしょ、絶対!…

夫が自分の思うような行動をとってくれない!根っこにあるのは夫への幻想?私の説明不足? by イシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。 今回は夫婦のすれ違いのお話。 前回のエピソード:「おかあさ~ん!」あれこれ訴えてくる子が一番求めていること 〜あいづちとオウム返しで「聴く」〜 byイシゲスズコ 「私は公園に連れて行って欲しいのに!」 ラジオの育…

一生恨む…!生後6ヶ月で妻子を置いて友達と海外旅行…ひどかったダンナの成長 by あね子

こんにちは!あね子です。 前回のエピソード:産み分けどうする?我が家の“できる範囲”の産み分け対策、そして母が語った衝撃の事実 by あね子 皆様の旦那様は育児に協力的でしょうか? 私の夫、ダンナは今はけっこう家事も育児も手伝ってくれています。 が…

その手があったか!家事に集中したい夕飯前、絶賛ママっ子の息子がパパに提案したこと by 園田花ヨウ

夫の残業が多い期間が続いた後、夫と遊べない事が多かったせいか長男(当時2歳)が「ママっ子」になりました。 園田花ヨウさんの人気記事:ママはもう”すりきりいっぱい”…!パパに知って欲しい、家がちっとも片付かない理由 by 園田花ヨウ 長男は、私が次男…

なぜ眠ってるの?!なぜやってくれないの? 理想の夫と現実の夫、苛立つ私が見ていたのは… byイシゲスズコ

こんにちは、イシゲスズコです。今日は夫婦関係のこと。 前回のエピソード:「母乳?」って聞かれるあの会話の奥にある、おばちゃんたちの過去の記憶 by イシゲスズコ 20代での結婚妊娠出産、戦場だった我が家と抱え込んだ私 夫と結婚してから12年、結婚して…

「子どもが成長しても、ずっと夫婦で楽しくいられるように」パパに知っておいてほしいこと by 須藤暁子

ご主人にも、どうか伝わってほしいなと思うことがあります。 奥様が出産されて、きっといろんな事が変わりましたよね。 ごはんのメニューや「いってきます」が変わる。 夜帰ると寝ていたり(しかもとんでもなくはだけていたり)、 泥棒でも入ったかというお…

「子どもが生まれて、パパを大切に思えなくなった」そんな時に思い出したいこと by 須藤暁子

結婚した後の私。 強い?恐い?太った?疲れている? 白髪も、顔のシミも、シワも、 たくさん増えてしまった私だけど、 いま、あなたの子どもを守っています。 この子に出会わせてくれたこと、 心から、ありがとう。 私を選んでくれたこと、 心から、ありが…

娘が5歳の今、夫婦で妊娠・出産を振り返る。"思い出摘み"のスタートは… by 丸本チンタ

>>>次回のエピソード:出血、そして流産。神様なんていないと思ったクリスマス 丸本チンタさんの関連記事:罪をなすりつけ、賄賂まで!?5歳児の悪知恵がパパの想像の一歩上を行った瞬間「おっぱいさわらないで!」4歳女児の羞恥心の芽生えにパパはタジタ…

思春期真っ只中でも父が大好き!そうなるための秘訣、立役者である母の凄さ by チカ母

寝る前の絵本の読み聞かせや、休みの日は必ず遊んでくれた記憶ばかりの、いつも優しい父。 子煩悩エピソードは数知れず。 そんな父なので、幼少期はもちろん、 思春期になっても、「お父さん、嫌い。うざーい。」なんて思うこともなく むしろ、自慢の父でし…

2人目どうする? 気になるセックス事情、家事分担やお金のこと。パパたちの本音座談会

「2人目について、パパはどう考えている?」「何にモヤモヤして、どこに気を遣っている?」 ママが気づかないパパたちの本音を、赤裸々に語ってもらいました。 他のパパ座談会:妻から浴びせられる罵声。戸惑うパパ達のセキララ体験「産後クライシス」座談会…

「なんでこの人と結婚したんだっけ?」夫婦関係に自信が持てなくなったときのこと by はなこ

たまにではあるが、夫と二人きりで出かけるようにしている。いわゆるデートってやつだ。 結婚記念日や互いの誕生日などに娘を実家にあずけ、普段は行けないような場所(子連れでは入れないレストランや映画館)へ行く。 子どもの世話から開放されて気分転換…

ポイントは、納得・やる気・簡単・習慣化!夫婦の家事育児の分担ルールの作り方、我が家の場合

こんにちは、斗比主閲子です。 赤すぐの編集さんからこんなお願いがありました。 斗比主さんは夫婦で、育児のオペレーションモデルを作るにあたって、何か話し合いは持たれるのでしょうか? なかなか、夫婦でルールをしっかり決めて回していくというのが難し…

買い物NG?夕方にのんびり昼寝?オレも疲れてる?「休日の夫」に物申す(怒)! byぐっちぃ

私の夫(くまさん)は仕事が朝早く帰りも遅いので 平日はほとんど「夫は家にいないもの」として育児をしていました。 前回エピソード:困った、双子の後追いが始まった!NGエリアへの侵入を防ぐスノコ使いとは? byぐっちぃ いないものは仕方ないので、わた…

「自分だけ大変」を防ぐ!パパママの精神的疲労を軽くする、ポジティブな"ワンオペ"のススメ by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。 前回のエピソードはこちら:まだまだ根深い男親と女親の固定概念。「おかあさん、いつもお弁当ありがとう!」の手紙に思うこと みなさんはワンオペという言葉をご存知でしょうか。レストランの営業を一人で回すというワンオペ…

子守唄はギター片手に即興のオリジナルソング♪ 性格正反対な夫に完敗した日 by 横峰沙弥香

こんにちは。横峰沙弥香です。 19歳の年齢差があるというと大抵驚かれますが、 実はそこまでギャップを感じたことはありません。 子育てしていく上で大変だったのは 性格の違いでした。 前回エピソード:きっちり派の私と性格真逆な夫。そんなに言うなら…と…

妻から浴びせられる罵声。戸惑うパパ達のセキララ体験「産後クライシス」座談会

「産後クライシス」とは、出産後に夫婦の関係が急速に冷え切ってしまうことをいいます。男性たちは、産後の妻の変化をどのように感じているのでしょう。パパたちのリアルな体験談から、産後の夫婦関係を見直すヒントを探りました。 ママ座談会はこちら前編:…

きっちり派の私と性格真逆な夫。そんなに言うなら…とお手並み拝見のつもりが…完敗!? by横峰沙弥香

こんにちは。横峰沙弥香です。 私たち夫婦は歳の差が19ある上に性格も真反対。 今でこそうまく回っているものの、息子が産まれたばかりの頃は本当に大変でした。 前回エピソード:19歳上の天然夫vs極端なマニュアル人間のわたし。タイプが違うふたりの円満育…

マイペースな夫に、ふとよぎる”離婚”の二文字。それでもうまくやっていくためには?産後クライシス”座談会<後編>

「産後2年以内に夫婦の愛情が急速に冷え込む現象」を指す“産後クライシス”。出産前は仲が良かった夫婦でも、産後、喧嘩が絶えなくなったりセックスレスに陥るケースも多く、離婚の原因になることも。今回は、そんな“産後クライシス”を体験した4人の女性に集…

まだまだ根深い男親と女親の固定概念。「おかあさん、いつもお弁当ありがとう!」の手紙に思うこと

こんにちは、斗比主閲子です。 保育園や幼稚園では、先生が児童に親への手紙を書かせることがありますよね。文字はプリントアウトしているものもあれば、子どもが書くこともある。大体、似顔絵がセットになっています。あれはもらうと嬉しいんですよね。似顔…

「夫はATMだと思ったほうが傷つかない」急速に冷え込む夫婦仲。“産後クライシス”座談会<前編>

「産後2年以内に夫婦の愛情が急速に冷え込む現象」を指す“産後クライシス”。出産前は仲が良かった夫婦でも、産後、喧嘩が絶えなくなったりセックスレスに陥るケースも多く、離婚の原因になることも。今回は、そんな“産後クライシス”を体験した4人の女性に集…

19歳上の天然夫vs極端なマニュアル人間のわたし。タイプが違うふたりの円満育児 by横峰沙弥香

初めまして。横峰沙弥香と申します。 この度縁あって、こちらで体験記を書かせていただくこととなりました。 妊娠中からずっと楽しませていただいていた、みんなの体験記。そこに我が家のエピソードも加わるというのですからなんだか感慨深いです。 さて。 …

皿にカビが生えてもノータッチ!妻の徹底した役割分担意識で芽生えた責任感 byムーチョ

僕が主夫になってしばらくして、こんなやり取りがありました。 前回のエピソード:専業主夫の妻は、「エライ?」そこに見え隠れする性役割の固定観念 byムーチョ 喧嘩、というほどのことではないのですが、二人の育児に対する姿勢や考え方にズレが生じていた…

起きて!立って!揺れて!…まだ寝てる!!ダンナの夜泣き対応を諦めた夜 by ゆずぽん

前回のエピソード:上の階の奥様に内診されちゃった!恥ずかしくて仕方がないお産の始まり 旦那は料理・家事・育児と一通りなんでもやっちゃう系お父さんです。 いわゆる「イクメン」なんですが、本人曰く「イクメンって言葉好きじゃない。ただやれることや…

専業主夫の妻は、「エライ」?そこに見え隠れする性役割の固定観念 by ムーチョ

うちの妻が「主夫の妻のあるある話」として教えてくれたのがこの 「”エライ”と言われる」 ということ。 前回のエピソード:「頼むよ!30分でいいから一緒にメシ食おうよ!」 どうしても大人と話したい時の裏ワザ 一見褒め言葉なのですが、言われてもあまりピ…

夫に「察してほしい」は通用しないから。イライラせずに夫に家事参加してもらうために大切なこととは

たとえ専業主婦であっても、妊娠中や産後は夫のフォローがなくては家事が回らないこともあるもの。ですが、そのフォローがうまくかみ合わないと、かえってイライラしてしまう原因になることも。「察してほしい」が通用しない夫に、家事を分担してもらうまで…

「頼むよ!30分でいいから一緒にメシ食おうよ!」 どうしても大人と話したい時の裏ワザ by ムーチョ

僕はそんなに人見知りな性格でもないと自分では思っているのですが、 それでもやはり地元でママ友を作るのは結構大変でした。 パパならではのエピソード:いつまで言われる?「お母さんに伝えて」という言葉の背景にあるもの 初めの頃は本当に誰と会う機会も…

うるさくて臭くて戦力外で!夫の飲み会が妻にもたらす6つのデメリット by 園田花ヨウ

前回のエピソード:ママはもう”すりきりいっぱい”…!パパに知って欲しい、家がちっとも片付かない理由 この漫画は、ほぼ作者の家庭のお話です。 長男が赤ちゃんの時はこの漫画のほぼすべてが当てはまっていて、「夫の飲み会」がいやでいやでたまらなかった覚…

「育ってきた環境が違うのだから家事の考え方も違って当たり前」 夫婦の家事分担をスムーズにした考え方

「もうやらなくていいから。あとは私がやるから」。 同じようなセリフを妻の口から何回聞いたか分からない。 例えば、食器洗いのとき。僕はシンクにある程度食器がたまってから一気に洗うタイプ。そのほうが効率いいし、時短になると思うから。 でも妻は、シ…

”イクメンホルモン”!?オキシトシンのすごい効果!NHK「ママたちが非常事態!?2」を見て by kikka303

3月27日放送のNHKスペシャル「ママたちが非常事態!?2」を見た。 1月31日に放送した第一弾では、育児のつらさを科学でひも解き、「ママが悪いわけではない。科学的な理由があってつらいのだ」というところで番組が終わっていたため、視聴者からは「原因はわ…

起こされるのはいつも私と赤ちゃん。夫の目覚まし時計に我慢の限界!

昼夜問わずの授乳で寝不足になりがちなママ。できることなら、赤ちゃんが眠っている間に一緒に眠って、少しは体を休めたいですよね。そんな時、夫婦の寝室を別にすべきかで悩んでいるママの体験記をご紹介します。

わたし、想像以上に、しんどい。 これで伝わる!妻から夫への『大変さ』の伝え方 by うだひろえ

近頃、webで「共働き夫婦の家事育児役割分担」についての話題をよく目にします。 かくいう私も、うちの場合のアレコレを、どなたかの参考になればと、ツイッターや著書の中でちょこちょこ晒したりしてます。 なので、今回は特別編!といたしまして、緊急寄稿…

[大渕愛子さんインタビュー第3回]苦しいだろう赤ちゃんを思って決断した帝王切開。産後、ぶつかり合った末にできた夫婦のルールとは

昨年3月26日に第一子を出産した弁護士の大渕愛子さん。今回は、緊急帝王切開での出産体験や、産後の夫婦関係をうまくいかせるコツについてお話ししていただきました。 予定日の2週間前に突然の破水。赤ちゃんの心拍が低下し緊急帝王切開へ 私の出産は破水か…