妊娠・出産・育児の情報サイト


初産

ぎゃあぁっ!洗濯機の中が吸水ポリマーまみれ!紙オムツを洗濯しちゃった by まる美

洗濯機の中から限界まで水を含んだ紙オムツが!オムツからボロボロとこぼれ出た吸水ポリマーが洗濯機にびっしりこびりついていてまる美(@babymoni_marumi)さんショック!パパが掃除をしてくれたのですがそれはもう大変そうで…!

「もう結構痛いです…」と言ったのに「まだ大丈夫そうだね」とな!? 長い陣痛の始まり by 園内せな

陣痛間隔が狭まり、ついに始まったお産入院。助産師さんに様子を聞かれ、園内せなさんが「もう結構痛いです…」と伝えると、「結構痛いです、なんて言えるなら、大丈夫そうだね」と返されてしまいます。長い夜のはじまりです。

【医師監修】出産直後に悪寒、考えられる原因と対処法をお教えします!

【医師解説記事】出産直後、急な悪寒に襲われ震えが止まらなかったというはちこさん。産後、悪寒を感じるのはどんな時か、感じた時にはどうしたらいいのか。考えられる原因や対処法について、産婦人科医の小野先生に解説していただきました。

「自転車はバランス」補助輪を外し、息子にぴったりな練習法を見つけたと思ったら…! byユーラシア

息子くんが興味を示さなかったためにペダルなしバイクは見送っていたユーラシア(@yuh_rasia)さん。年少になってから、補助輪つき自転車を購入したところ大喜び。そろそろ補助輪を外して練習しようということになり…

つわりでもないのに嘔吐する毎日。転院先の先生の一言で変わったマタニティライフ by Taro

Taro(たろ)さんが初登場!高齢出産でリスクが高かったこともあり、妊娠中の体重管理を徹底されていたTaroさん。プレッシャーでつわりでもないのに毎日吐いていたのですが、里帰り先での先生の一言でマタニティライフが一変します。

【小児歯科医監修】「おしゃぶりすると歯並びが悪くなる」というウワサの真相を聞いてみました!

【医師解説記事】「おしゃぶりをし続けると、歯並びに影響する」よく聞く噂ですが、真相はどうなのでしょう?本当に影響が出るのか、歯並びが悪くなると見かけ以外にどんな影響が出るのか、おしゃぶりを卒業させる工夫などを専門家に聞いてみました。

「え!入らない!?」幼稚園の制服試着、小柄な息子の帽子がまさか驚きのサイズ! by ユキミ

今の時期にユキミ(@yukita_1110)さんが思い出すのは、園服の試着でのこと。初めてのブレザーを嫌がり、袖を通すこともできずに普段着の1サイズ上を注文。制服用の帽子は、小柄なため一番小さい帽子を進められたのですが…

時短のため湯船で髪も洗ったれ!! その場の思いつきが招いた産後4カ月の恐怖シーン by 北山イルカ

生後4か月の赤ちゃんを子育て中の北山イルカさんが初登場!普段、ご主人と二人体制で赤ちゃんをお風呂にいれている北山家。ある日、ご主人が仕事にでかける直前にお風呂がまだだったことに気づき、いつもの倍速でお風呂に入れることにしたのですが…。

幼稚園の入園準備で感じた息子の成長に、嬉しさと寂しさが入り混じる… by ゆゆ

4月からゆゆさんの息子くんは幼稚園に通います。入園準備を始めようと、まずは園服を買いに行くことに。試着室で着替えた息子くんを見たゆゆさん夫婦は、嬉しさと寂しさがこみ上げてきたそうです。そして始まる大撮影会…!

息子を変なあだ名で呼んでいたら自ら名乗り始めちゃった! by まる美

まる美(@babymoni_marumi)さんちの息子くんが1歳になった頃のこと。パパが勝手につけたあだ名で息子を呼び始め、毎回ではないしいいかと、そのまま好きに呼ばせていたら、いつのまにか息子自身もそのあだ名を名乗りはじめて…

1位獲得間違いない!「ハイハイレース」に意気込んで参加したけどスタート地点で・・・ by もつ

娘さんのハイハイが上達してきた頃、もつさん(@mameko_h)は憧れの「ハイハイレース」に娘さんと参加!この頃、超高速でハイハイしていたので「1位を獲れる!」と確信していました。ところが、いざ始まってみると、スタートラインで…

場所によって雰囲気も集まる人もさまざま。居心地のいい支援センターを探して… by あひる

赤ちゃんがハイハイをはじめて、行動範囲が広がってきたので、市内の支援センターに行ってみることにしたあひるさん。でも最初に訪れたところは、人気のこども園併設だったため、その園に入れたいと思って通っているママばかり。居心地が悪くなり…。

「絶対無理!」ママの心配をよそにぷかぷか浮いて満足気な顔を見せてくれた、はじめての沐浴体験 by ぺぷり

出産後、ママになったばかりのぺぷりさんは不安でいっぱい。その一つは「沐浴」。ふにゃふにゃの赤ちゃんをどうやって?「絶対無理―!」と恐るおそるお風呂に入れると、娘さんは気持ちよさそうに満足そうな顔を見せてくれました!

夜泣き残業、早朝対応もしていた1歳の頃…今、朝活を続けられているのは息子のおかげ!? by ユキミ

3時に起床し、朝活しているユキミ(@yukita_1110)さん。夜と比べて自由度も少なく、まわりと生活時間は合わないけれど、そんな朝活を続けて1年に。早起きをする前までは、息子くんが寝てから仕事をしたり自由時間を過ごしていましたが…

「響きがかわいい」と決めた名づけに母親は全否定!でも反対する理由は…愛を感じるものでした! by わさび

わさびさんは妊娠が分かってから、お腹の子に「はるちゃん」と胎児ネームをつけて呼んでいました。妊娠後期に入り実家に里帰り、お母さんに名前を決めたことを報告すると、予想だにしない全否定…お母さんの名づけに対する思いとは…

「自由な夜がほしい」そんな私に訪れたチャンス。静まり返った部屋の中で思ったことは… byユーラシア

夜更かししてごろごろテレビ見たり、夕食をお菓子で済ませたり。年に一度でいいから、独身時代のような自堕落で楽しい夜が過ごせたらなあと思っていたユーラシア(@yuh_rasia)さん。そんな夢の自由な夜を過ごすチャンスがやってきたのですが…

おもちゃはあるのに「変な遊び?」にハマり中。でも、使いかけはやめてー! by ゆゆ

2歳になるゆゆさんの息子くん、最近「変な遊び?」を思いついたようでママはちょっと困っています。ある時はごみ袋の中をゴソゴソ、別の日はキッチンでゴソゴソ…。おもちゃはあるのに謎の遊びが始まるそう。でも、これだけはやめてほしいものが…

コロナで面会も立ち会い出産も中止に…。夫の代わりに私を支えてくれた「お守り」  by おみき

マタニティライフを楽しもう!と思っていたおみきさんを待ち受けていた、新型コロナウィルスの猛威。様々な制限があるなか一番堪えたのは、希望していた立ち会い出産が禁止になったこと。何か支えになるものを…と、ご主人にあることをお願いします。

お昼寝しようと静かにすると…リモート会議中のお父さんの声が気になる問題 byかめかあさん

もともとこじんまりした家が好きで心地よく暮らしていたかめかあさん家族。ご主人が在宅勤務となり、平日の日中に家族3人が家にいる生活に。遊び声が入ると困るリモート会議のときは外に出かけることもあるのですが、お昼寝のときは…

特撮大好きな息子とファミリー向けドラマ鑑賞。過剰な暴力や困ったシーンがなく、学びも多い! by ユキミ

ステイホームが続く中、特撮鑑賞の日々を過ごす息子くんとユキミ(@yukita_1110)さん。非日常過ぎるものだけでなく、何か他の現実味を帯びた、テレビ番組はないかと模索していると、ふと思いだしたのは…親子で楽しめるファミリー向けドラマ!

退院日、ぐちゃぐちゃの実家の部屋をみて涙がだっぱぁー!父と兄はオロオロ…! by まきこんぶ

お産入院からの退院日、父と兄に迎えに来てもらったまきこんぶさんと赤ちゃん。実家に着くと、なんと部屋がぐっちゃぐちゃ!模様替えの途中だったそうなのですが、それを見た途端、涙がだっぱー!と流れ落ちてきます。父と兄は大慌て!

医師に冷笑され、助産師に叱られ…。ダメージとともに始まった再入院 by 園内せな

お産が進まず退院となった園内せなさん。その日の夕方遅く、また陣痛らしき痛みが5分間隔になったので再入院することになります。「またすぐ退院とか嫌なんですけど」と冗談まじりに伝えると、医師から冷笑されてしまいます…。

オムツのお知らせラインを見なくてもわかる!? 服を着せたままおしっこの有無を確認する裏技 by リコロコ

赤ちゃんが紙オムツにおしっこをしたら色が変わる「お知らせライン」。わざわざ服を脱がせるのは面倒でしたが、オムツかぶれを防ぐために、頻繁にラインを確認していたリコロコさん。でもある日、義姉から裏技を教えてもらって、目からウロコ!

帝王切開だから陣痛とは無縁だと思っていたのですが…?後陣痛ってタチ悪っ! by 白目みさえ

帝王切開後の痛みに耐えていた白目みさえさん。恐ろしい感想ばかり耳にする陣痛に比べたら、この痛みは、自分の知っている「傷」の痛みの「めっちゃ酷い版」。そう思えば耐えられる…と思っていたのですが、なんか傷の痛みじゃない痛みもあるような…?

ステイホームが続く中で難しかったイライラの切り替え。親子共通の解決方法はアイスクリーム⁉ byユーラシア

休園や外出自粛などから、息子くんと家で過ごす時間が増えたユーラシア(@yuh_rasia)さん。困ったのが、ちょっとしたことで怒ってしまったとき、気持ちを切り替えるきっかけがないこと。気持ちをうまく切り替えるために考えたアイデアとは…

いきなり自己PR?ママ友づくりの場? 母親学級で一番参考になったのは… by わさび

はじめての妊娠でわからないことばかり…わさびさんは母親教室に参加してみることに。ところが、「一人ずつ自己PRを」と助産師さん。さらには「ママ友の斡旋」をしてくるような…でも、これには助産師の方の大切な志しあってのことだったのです…

子宮口全開になる前にいきんだ結果…。産後に待ち受けていた地獄の1時間 by はなわめぐみ

人工破膜により子宮口が一気に8cmまで開いたはなわめぐみさん。頭も見えてきたので、いきんでいいよ!となり、無事、出産したのですが…。子宮口全開になる前にいきんでしまったため、おまたは中の方までズタズタに裂けてしまっていたのでした…!!

この動き何?この上唇の白いやつ何?育児の世界は不安と未知なことだらけ。でも… by おみき

このピクっとする動き何?この白い出来物みたいなの何…?初めての育児には知らない事や不安な事ばかり。少しでも気になることがあったら検索魔と化してしまうおみきさんですが、調べたことで不安が増すことも。そんなときに心がけていることは…。

子どものいたずら防止に!クローゼットの中に快適な書斎を作ってみた by まる美

自分の仕事部屋が欲しいと思っていたまる美(@babymoni_marumi)さん。仕事机を用意しても息子に引き出しを漁られたり、机によじ登られる可能性大…何かいい方法はないかな~と考えた結果、クローゼットを書斎にすることに!

赤ちゃんが我が家にやってきた!心配しすぎて寝ても覚めてもそわそわしっぱなし! by あい

出産した病院を退院して、いよいよ我が家に赤ちゃんがやってきた!パパもママも赤ちゃんのことが心配すぎて1日中そわそわしっぱなし。とにかく何かしてあげたくて、「寒くないかな…」とベビー布団を多めにかけてみたあいさんでしたが…

「うまれたら、一緒におさんぽしよう」臨月のとき毎朝ウォーキングした道を息子と一緒に byかめかあさん  

コンビニやスーパーまで歩いたり、ベンチに座ってのんびりしたり。生後1ヶ月を過ぎた頃から、抱っこひもでおさんぽするのが日課になったかめかあさん。臨月のとき、「うまれたら、一緒におさんぽしよう」とおなかに話しかけながらウォーキングした道も…

“令和どんぐり大戦”勃発!? 幼稚園児たちの飽くなきどんぐりへの熱い想い by ユキミ

とある冬の朝、幼稚園バスを待っているとき、ふと、どんぐりを見つけたユキミ(@yukita_1110)さん。そこからはじまったのは、1つのどんぐりをめぐる幼稚園児3人の大争い!?たかがどんぐり、されどどんぐり…さてその結末は?

切ないけどこれが成長?大好きな先生のことを忘れてしまった息子 by まる美

息子と一緒に1年前の写真を見ていたまる美(@babymoni_marumi)さん。そこに写っていた保育園の先生のことをすっかり忘れているようでショック!0才と1才の時のクラス担任の先生で、一番懐いていて大好きな先生だったのに…。

【医師監修】「帝王切開後にPCAをするといい!」ってホント? 正しい知識を解説します

白目みさえさんは、1人目を帝王切開で出産しました。しばらくは帝王切開の麻酔が効いていたので痛みは感じなかったものの、本来なら麻酔が切れはじめてくると少しずつ手術の痛みが強くなってくるそう ただ、白目みさえさんが出産した病院では、PCAという装置…

痛かったら自分で薬を注入して、と言われた帝王切開後の痛み緩和装置。でもなんか怖い! by 白目みさえ

帝王切開で出産した白目みさえさん。術後は、痛みを緩和させるためのPCAという装置をつけてもらっていたそう。痛みを感じたら自分でボタンを押して薬を注入。すると痛みが和らいでいくのですが、何度も押す状況にだんだん不安を感じ始めます。

ゆっくり休んだらいいのに、なんで?1日早く退院した先輩ママの母心が理解できた日 by ツマ子

ツマ子さんが第一子を出産後、産院で「上の子に早く会いたいから1日早く退院する」という先輩ママに出会います。「入院中くらいゆっくりしたらいいのに…」と感じていたツマ子さんでしたが、いざ自分が2度目の出産をしてみると…。

なんかもう…いっぱいいっぱい…。退院日に溢れ出てきた涙 by まきこんぶ

お産入院期間が終わり退院の日を迎えたまきこんぶさん。自宅育児がはじまる漠然とした不安を抱えながら、お迎えを待っていると赤ちゃんが泣き始めてしまいます。それに伴ってまきこんぶさんのメンタル面の雲行きがだんだん怪しくなってきて…。

色々な事で妊娠中の私を支えてくれた夫。でも、ダントツで心の支えになったのは… by jajako

妊娠中はいろんな面で夫から支えてもらっていたと感じているjajakoさん。家事を変わってくれたり、買い出しに付き添ってくれたり、不安定な気持ちに寄り添ってくれたり。なかでも一緒にがんばってくれて一番嬉しかったことは…。

【医師監修】「胎便吸引症候群」ってどんなトラブル?赤ちゃんへの影響や予防法の有無について

【医師監修記事】りんりんままさんの赤ちゃんが大病院に運ばれた理由は、赤ちゃんが「胎便吸引症候群」を引き起こしていたからでした。どんなトラブルなのか、危険性や判断の仕方、処置法などを、小児科医の岡崎先生に解説していただきました。

産後、抱っこする間もなく大病院へ運ばれた赤ちゃん。なんでこんなことに… by りんりんまま

産後、赤ちゃんの産声が聞こえず処置が続けられていたのですが、か細い声がようやく聞こえます。不安が少し和らいだりんりんままさんでしたが、赤ちゃんはそのままNICUへ。さらに翌日には大病院へ転院となってしまいます。なんでこんなことに…。

「これはちょっと苦手だよね、ゆっくりでいいよ~」フォローしたはずがあまり良くない影響を… byユーラシア

迷路や間違い探し、図形合わせなどの自宅学習を、息子くんが未就園児の頃に始めたユーラシア(@yuh_rasia)さん。幼児向けの易しい問題の中にも、得意不得意が見えてきて興味深く見守っていました。しかしよかれと思って言ったことが…

産後1ヶ月でも手放せなかった円座クッション…お尻の痛みは、出産時の尾骨骨折だった! byかめかあさん

産後の必需品と言われる円座クッションに、長い間お世話になったかめかあさん。産後1ヶ月の健診で、「まだ痛がっているのは自分だけ」ということを知り、整形外科へ。姿勢を変えるたびに激痛が走っていた理由は「尾骨骨折」だった!

ママとお風呂に入らない⁉「パパと一緒にいたい」と思いきや… by ゆゆ

2歳になるゆゆさんの息子くん、最近パパイヤイヤ期のようでパパへの扱いが酷いそうです。ある日、ゆゆさんは息子くんをお風呂に誘いました。一緒に入ると思いきや返答がなく、パパから離れません。「パパがいいのかな」と思いきや…

ママ友って怖いもの?人付き合いが苦手な妊婦は「ママ友」がプレッシャーワードに by tomekko

昔から人付き合いが得意ではなかったtomekko(@purpletomeko)さん。初めての妊娠中、母親の行動や性格が子どもに影響すると思い込み、ひたすら焦る日々。さらに「ママ友地獄」なんて言葉を知ってプレッシャーだったけれど…

さっき退院して1日分の入院費払ったのに!陣痛間隔が狭まり、本日2回目の入院へ… by 園内せな 

陣痛らしき痛みがあったので入院したものの、状況が進まず4時間で帰宅することになった園内せなさん。1日分の入院費を払って自宅に戻ったのですが、痛みが5~10分間隔に狭まってきます。念のため産院に連絡してみると…。

髪の毛を切りたがらない息子…愛おしいその理由とは? by ユキミ

生まれた時からフサフサな髪の毛を持つユキミ(@yukita_1110)さんの息子くん。それは妊婦健診のエコーでしっかり髪が見えていたほど。最近、髪の毛が伸びてきたので、「ちょっと切ろうか?」と声をかけてみると、拒否され…

「赤ちゃんってどうやって育てるの?」息子の疑問に育児記録が活躍! byユーラシア

「おかーさん、赤ちゃんの育て方を教えて!」。突然、5歳になる息子くんに聞かれたユーラシア(@yuh_rasia)さん。赤ちゃんと接する機会があまり多くない一人っ子。育て方ならいくらでも教えてあげるよと部屋の奥から出してきたのは育児日記!

母が出産の痛みを忘れていた理由は…。産後に初めてわかった母の気持ち by おみき

出産はそんなに痛くなかったよ…。産前に聞いた実母の言葉に対して、絶対痛みを忘れているだけ!と感じたおみきさん。でも、そのことを伝えると実母から思いがけない言葉が返ってきます。さらにこの言葉の奥にある実母の気持ちが伝わってきたのです。

絵本の世界に飛び込めそう!1才の息子より大きな大型絵本にびっくり! by まる美

まる美(@babymoni_marumi)さんが実家に泊まりに行った時のこと。絵本好きの孫の為に図書館から絵本を沢山借りて来たとのことで、楽しみだね~とリビングに入ると…めちゃくちゃ大きな絵本が何冊も壁に立てかけてあってびっくり!

私たちらしくてオールOK!地味〜な退院セレモニー by あい

あいさんの出産レポート<入院編>の第四弾!出産したのがセレブ病院だったためか、退院していく人々の華やかさにびっくり!せめてベビードレスでも買っておけばよかった?と思ったりもしたけれど、これはこれで自分たちらしくてオールOK!